HP内の目次へ・検索もできます!  『東大寺大仏と日本思想史』 -大仏造立・再興の意味を問う-

7222号      7225号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7224号 2010年6月16日


『東大寺大仏と日本思想史』
-大仏造立・再興の意味を問う-

著:磯部隆
発行:大学教育出版
定価: 2,730円(本体2,600円+税5%)
258p22cm
978-4-88730-955-5
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
大仏がどのような想いで再興されたのか。天平時代、聖武天皇を中心に民衆の自発的な参加による東大寺大仏造立の意味。鎌倉時代東大寺再建における日本型ルネッサンスの精神とそれに対立する秀吉の大仏造立の政治的ねらいは何か。本書は日本のこれら政治と宗教を解明する。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533