HP内の目次へ・検索もできます!  NA建築家シリーズ 01 『伊藤豊雄』  02 『隈研吾』

7119号      7121号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7120号 2010年6月27日


NA建築家シリーズ 02
『隈研吾


編:日経アーキテクチュア
発行:日経BP社
定価:3,150円(本体3,000円+税5%)
303p26cm
978-4-8222-6679-0
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
現代を代表する建築家の建築物と思考の変遷をたどるシリーズ書籍の第2弾。
建築家・隈研吾の変遷を代表作品とインタビュー、対談、事務所ルポなどで綴りました。問題作「M2」に至る批評活動や方法論、転機となった「広重」など主要プロジェクトを設計のアプローチごとにまとめています。“対談の名手”と言われる一面を披露した特別対談も収録。建築作品だけではわからない隈研吾ワールドを存分にお楽しみいただける一冊です。


NA建築家シリーズ 01
『伊藤豊雄』

編:日経アーキテクチュア
発行:日経BP社
定価:3,150円(本体3,000円+税5%)
303p26cm
978-4-8222-6674-5
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
変化し続ける40年を自ら語る−。
建築家・伊東豊雄の変遷を、代表作品と時代ごとのインタビュー、対談などでつづった1冊。大きな転機となった「せんだいメディアテーク」のコンペ報告も収録、完成時のインタビューでは、「設計をやめたいと思ったことさえあった」と語った伊東氏の本音や葛藤を数多く掲載。そのほか、伊東氏と親交が深い50人が語る「伊東豊雄の核心」も。伊東氏の創作の秘密に迫る内容です。
[目次]
■インタビューでつづる建築家の半生
1985年から2010年までの各時代のインタビュー、対談9本を収録。
・「重い建築への反発があった」(1985年 シルバーハットに関するインタビューから)
・「固定化されてきた建築のタイプが、壊されてきています」(1995年 隈研吾氏との対談から)
・「設計をやめたいと思ったことも」(2001年 せんだいメディアテーク完成時のインタビューから) ほか
■50人が語る「伊東豊雄の核心」
各界の第一線で活躍する50人が語る「伊東豊雄」とは?
・「一目見て、伊東の作品が当選するとわかった」月尾嘉男
・「要するに僕は負けた」藤森照信
・「伊東さんの建築がわかりにくいという人がいるが、冗談じゃない」菊竹清訓
・「大人になって知った父のすごさ」橋田真木
・「国連の美術関係者は伊東豊雄をみんな知っていた」法眼健作
・「伊東さんは今よりもっと怖かった」妹島和世 ほか
■主要23建築をカラー写真約200点で掲載
シルバーハットから、最新作のトーレス・ポルタ・フィラまで主要建築を網羅。
シルバー・ハット/風の卵/八代市立博物館 未来の森ミュージアム/アミューズメントコンプレックスH/大館樹海ドーム/せんだいメディアテーク/TOD'S表参道ビル/福岡アイランドシティ中央公園中核施設ぐりんぐりん/多摩美術大学図書館/座・高円寺  ほか



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533