HP内の目次へ・検索もできます!  『Aqua-scape』- The Nature-oriented Architecture of Ryumei Fujiki
          《アクア・スケープ》展:藤木隆明の自然指向型建築-

7058号      7063号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7059号 2012年10月28日

イベント 『建築家と家づくりを楽しもう!-納得できる住まいのつくり方-』


『Aqua-scape』
- The Nature-oriented
Architecture of Ryumei Fujiki
  《 アクア・スケープ》展:
藤木隆明の自然指向型建築-


著:藤木隆明、佐藤由紀子、ロバート・パウエル
発行:Beam
発売:Cornerhouse Publications
定価:1,995円(本体1,900円+税5%)
180×180・114p
978-0-9540748-2-1

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
内容・概要(テキスト:英語・日本語)
イギリスのBeam Galleryにて開催された「《アクア・スケープ》展:藤木隆明の自然指向型建築」の展覧会カタログに日本語を加えて再編集したものです。2006年の越後妻有アートトリエンナーレで発表した《アクア・スケープ》が、若手建築家に与えられるイギリスの建築賞である「The AR Award for Emerging Architecture 2006」に入選したことをきっかけに、今回イギリスの美術館から要請を受け、《アクア・スケープ》の新しいバージョンを披露しました。
《アクア・スケープ》とは、水のように柔らかく不定形で、クラゲのように骨の無い新しい建築を目指して、全てをプラスチック素材のみを用いてセルフビルドした実験建築です。折り紙のように、一枚のシートを折り曲げたときにできる形で構成されています。イギリスでは、透明なポリカーボネートと中空ファイバー状のポリエチレンクッション材のダブルスキンで構成したものを芝生の上に浮かべて展示しました。イギリスの歴史遺産でもある美術館と、新しい建築を目指してつくられた《Aqua-scape The Orangery version》が、美しいコントラストをつくりだしています。
また展覧会では、工学院大学藤木研究室とF.A.D.Sでこれまで取り組んできた環境建築に関する実験的なプロジェクトを、Solar,Air,Water,Ground,Auroraなど、着想を得た自然に由来するキーワードでカテゴライズし、模型やパネルビデオ等で多角的に展示を行いました。
本書は、《Aqua-scape The Orangery version》を制作する際に用いた型紙を表紙カバーとしてデザインするなど、展覧会の要素を凝縮したコンセプト・ブックとなっています。
自然指向型建築と名付けられた、新しい環境建築の考え方や可能性が詰まった1冊です。
キーワード:
建築、インスタレーション、自然、エコロジー、環境、アート、日本文化、思想、フォールディング






DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533