HP内の目次へ・検索もできます!  中公新書 2049 『パリのグランド・デザイン』 -ルイ十四世が創った世界都市-

7038号      7040号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7039号 2010年4月4日


中公新書 2049
『パリのグランド・デザイン』
-ルイ十四世が創った世界都市-


著:三宅理一
発行:中央公論新社
定価:882円(本体840円+税5%)
276p18cm
978-4-12-102049-9
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
フランスが世界に誇る「花の都」パリ、そしてヴェルサイユ宮殿。これらを形作ったのは、ルイ十四世の治世に花開いた「グランド・デザイン」の思想だった。当時のフランスは、世界を席巻していたバロックに背を向け、徹底した計画志向の下でニュータウンを建設し、パリの街並みを整備し、ついにはヴェルサイユ宮殿を造営した。駆け引きに満ちた宮廷政治と、個性豊かな建築家たちの物語を通して、近代都市の源流に迫る。
[目次]
1 リシュリューのニュータウン;
2 森の城館;
3 フランソワ・マンサールとフランス古典主義;
4 王の寝室;
5 アカデミーと新旧論争;
6 ルイ十四世の都市計画;
7 ルイ十五世広場の設計競技;
8 穀物取引場とフリーメーソン



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533