HP内の目次へ・検索もできます! 『建築技術2010年4月号』 -特集:初歩から学ぶ「保有水平耐力計算」
          
『建築技術 2010年03月号』 -特集:防水・雨仕舞の不具合対策

7018号      7022号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7019号 2010年3月30日


『建築技術2010年4月号』
-特集:初歩から学ぶ「保有水平耐力計算」

監修:壁谷澤寿海
編集・発行:建築技術
定価:1,850円(本体1,761円+税5%)
B5・226p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
1981年に「新耐震設計法」としてそれまでの許容応力度設計法(1次設計)に加えて,終局強度と靭性に基づく保有水平耐力の確認(2次設計)が導入されて以来,約30年が経過した。その間に,電算機の発達と一貫計算プログラムの普及,RC超高層や免震構造の普及,1995年兵庫県南部地震,2001年基準法改正(性能規定化と限界耐力計算の導入),地震以上の衝撃をもたらした耐震偽装問題とそれに続く2007年基準法改正など,技術の進化,被害経験と法改正があった。必要保有水平耐力の確認は,追加の修正を経ながらも,実務上の主要な設計規定として基本的な枠組みを維持してこれらの変化を生き抜いた。ただし,規定としては「結果OK」であったかもしれず,その妥当性や合理性が「検証」されているわけではない。電算プログラムによる保有水平耐力算定が一般化し,法令によって位置づけられようとするいまこそ,改めてその背景や規定の詳細に理解を深めてみよう。規定に内在する問題点があればその認識を共有し,設計者の側からみた合理的な規定のあり方や運用も考えてみよう。
[目次]
【architectural design】
津山洋学資料館 象設計集団
「ここの場所らしさ」のかたち 富田玲子
素材と色 小山賢哉
来館者をもてなす室内装飾を施した展示室 春井裕
共栄鍛工所 新鍛造工場 北園空間設計
熱・音・振動 三重苦の解法 北園空間設計
日本の産業を支える鍛造 齊藤沢一
防音・防振のための建築構造 金田勝徳
消音計画 千野勝利
設備計画 知久昭夫
【特集:初歩から学ぶ「保有水平耐力計算」】監修:壁谷澤寿海
1.概論/いまなぜ保有水平耐力の算定法か 壁谷澤寿海
2.耐震設計の基本 田島和樹
3.保有水平耐力計算の基本的な考え方
架構の保有水平体力計算法 北嶋圭二
構造部材の終局耐力と部材ランク
RC部材(梁・柱) 田才晃
RC部材(耐震壁・開口壁・袖壁付き柱・腰壁付き梁・垂れ壁付き梁) 加藤大介
鋼構造部材 半貫敏夫
保証設計(余耐力法) 楠浩一
必要保有水平耐力 勅使河原正臣
4.保有水平耐力計算を取り巻く現状と課題 和泉信之
【特別記事】
大きな節目の年、耐震基準の引上げへ 北村二郎
【連載】
<石造民家再生の試み最前線 第4回>
建物における存在の持続あるいは保存の意義について 小松幸夫
<新時代を拓く最新施工技術 第6回>
DOC工法の展開と進化 戸倉健太郎
<建築検査学 第6回>
既存建物検査・検証について 大場喜和
<高速道路の建築技術 第7回>
建築物の保全 川口健逸 信定稔久
<わたしの技術伝承ノート 第9回>
技術者とは何者か 小藤捷吾
<うさぎのつぶやき 第14回>
クールばかりが何故流行る?ものづくりが変わった! 赤坂うさぎ
<一言居士>
急激な環境変化と、それへの備え 小野正
<OVERSEAS TOPICS>
鉄骨と鋼繊維補強コンクリートの合成梁にの変形に関するバウジンガー効果の影響
<ザ・ブックス>
建築家の講義 ミース・ファン・デル・ローエ 小林克弘 岡河貢
<Column>
イタリアと日本それぞれから学ぶ交流 イタリア―日本「建築&デザイン2010」 陣内秀信
ひとりの建築家の生涯から見えてくる近代という時代[建築家・本野精吾展 モダンデザインの先駆者」 門脇哲也
「LivingForm―生きている形―チャック・ホバーマン」展 安田幸一
<BRI news&topics>
平成22年度国土技術政策総合研究所新規研究課題の概要について


『建築技術 2010年03月号』
特集:防水・雨仕舞の不具合対策


監修:田中享二
発行:建築技術
定価:1,850円(本体1,762円+税5%)
B5・226p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
特集:防水・雨仕舞の不具合対策
住宅瑕疵担保履行法が動き始めた。供託,保険といった制度が整備され,漏水に対する瑕疵補修が確実に実行されるようになった。このことにより,ユーザーは安心して住宅を買うことができる。しかし,これを供給者側から見ると,防水・雨仕舞の技術が厳しく評価される時代になったことを意味する。今まで以上に確実な雨水浸入防止技術が求められる。設計から施工に至るまでの全工程を,あらためて検証しておく必要がある。
[目次]
【architectural design】
高知駅|内藤廣建築設計事務所 20
 また会いたい駅|篠原修 28
 百年の計|内藤廣+神林哲也 30
 木と鋼によるヴォールト状の大架構|川口衞+阿蘇有士 34
 大断面木造アーチ梁の建方|松原豊 37
 耐火性能の検証|長谷見雄二 40
 風洞実験による検証|石原猛 41
虎屋京都店・とらや一条店改装|内藤廣建築設計事務所 42
 時間とともに在ること|内藤廣+蘆田暢人 51
 庭園と建築をつなぐ繊細な構造|岡村仁+杉本将基 56
【特集:防水・雨仕舞の不具合対策】監修:田中享二 97
1.住宅の防水・雨仕舞に求められる性能|田中享二 98
2.瑕疵担保履行法と保険のしくみ
 住宅瑕疵担保履行法とは|西山祐幸 101
 保険のしくみと現場検査項目|西山祐幸 103
3.保険に対応する設計施工方法
 木造住宅の屋根・外壁の防水|芝謙一 106
 RC造住宅の屋根・外壁の防水|芝謙一 112
4.防水・雨仕舞の基本
 雨の挙動と雨がかり|石川廣三 116
[木造・屋根]
 瓦屋根|鈴木健市 118
 金属屋根|宮腰昌平 120
 不具合が生じやすい屋根部分の納まり|中井敦司 125
[RC造・屋根]
 陸屋根|輿石直幸 132
 パラペット・塔屋など|土田恭義 138
 屋上緑化|橘大介 142
[木造・壁]
 乾式外壁|難波三男 144
 湿式外壁|宮村雅史 148
[RC造・壁]
 外壁|久下高豊 152
 バルコニー|市川裕一 156
 開口部・出入口まわり|松原道彦 158
[室内]
 室内防水〜浴室〜|宅間真 160
[地下]
 地下外防水 先やり防水・後やり防水|岡本肇 162
 二重壁|尾形真隆 165
[設備]
 設備配管の取合い|大湯満晴 166
5.不具合への対策
 木造戸建住宅|橋直行 168
 RC造集合住宅|金田剛+添田智美 172
 室内防水|宅間真 178
【特別記事】
高雄ワールドゲームズ メインスタジアムの技術−2|
 渡邊秀幸+大嶋 隆+兵頭郁夫+杉内章浩 58
建具工事における新しい生産体制の一提案|
 野平修+藤岡邦博,執筆協力:田中サッシュ工業+カドワキカラーワークス+
 タイガードライラックジャパン 66
伊豆半島群発地震における防煙垂れ壁被害報告|三好清隆 74
【連載】
<<石造民家再生の試み最前線 第3回>>
材料・工法から考察するマジアの修復と再生|輿石直幸 70
<<新時代を拓く最新施工技術 第5回>>
超高層タワー解体工法 グリップダウン工法|
 櫻井豊樹+枡井哲也+内藤陽+嘉本敬樹 188
<<建築検査学 第6回>>
既存建物検査・検証について@|大場喜和 184
<<高速道路の建築技術 第6回>>
構造設計における荷重・外力|山崎好則+信定稔久 212
<<わたしの技術伝承ノート 第8回>>
LC設計と研究施設でLC設計を実践したプロジェクトの紹介|大武通伯 198
<<うさぎのつぶやき 第13回>>
環境社会への飛翔|赤坂うさぎ 210
<<一言居士>>
施工管理と感性|永冨英夫 195
<<OVERSEAS TOPICS>>
スペイン・グァダラハラの高速道路横断歩道橋 196
<<ザ・ブックス>>
ハニカムチューブ・アーキテクチャーテクノロジーブック|
 HTA研究会・新建築社 編,山梨知彦 評 201
<<Column>>
幾何学が生み出す新たな領域/
 「『エレメント』構造デザイナー セシル・バルモンドの世界」展|柴田育秀 203
建築も人間もともに健康に/「内井昭蔵の思想と建築」展|柴田いづみ 205
作品に見る「空間」と「断面」/「束芋―断面の世代」展|高橋晶子 207



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533