HP内の目次へ・検索もできます!  『住宅建築 2010年 4月』 -特集:和の視座-

6996号      7001号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7000号 2010年3月24日


『住宅建築 2010年 4月』
-特集:和の視座-

編集:建築思潮研究所
発行:建築資料研究社
定価:2,450円(本体2,300円+税5%)
A4・120p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
窓は、内と外とをつなぐもの。風景や姿勢によって、さまざまなカタチがあってしかるべきである。日本は、障子や襖、板戸など開口意匠の宝庫である。日本が培ってきた開口意匠を根底に据えながら、日々眺める窓を、もっと自由に美しくつくる。木原千利設計工房の近作4件を中心にしなが、窓の作法をディテールとともに紹介する。
[目次]
特集・和の視座
木原千利設計工房 日々の窓

窓と陰影……木原千利

中庭を隔てた和室と住まい
柊木の家 設計=木原千利設計工房

野点のような感覚を伴う開口部の設え
擢の家 設計=木原千利設計工房

眉山の風が吹き抜ける
風游の家 設計=木原千利設計工房

12mの梁が架け渡された眺望を導く大屋根
方流れの家 設計=木原千利設計工房

京都・伝統技をとらえる現代の眼
安井清・さわの道玄(文化財修理復元)・丸二(京からかみ)・和田卯(照明)…三浦清史

特別記事
甦る空間の脈動
石井修 目神山の家7
交差する石井修の二つの世界……木下光

大谷・石切り場としての歴史
その原風景と作為なき空間創生
文……中山繁信  写真……栗原宏光

上野桜木の交差点に建ち、時を越えて生き続ける喫茶店
カヤパ伽排
「カヤバ棚排」とまちを次世代へつなぐ……たいとう歴史都市研究会/椎原晶子
カヤバ琳排店主の言葉
文化の発信地としての「生きた保存」……永山祐子

連載
極北住宅物語 第9回
極限の地アラスカに暮らす動物たちに学ぶ住まいの極意
ナキウサギ
写真・文……園原 徹

欧羅巴建築見聞記 第11回
トゥーゲントハット邸
設計=ミース・ファン・デル・ローエ 1930年 チェコ・ブルノ
文……栗田 仁  写真……宮本和義

住宅の見えない部分をデザインするためにエネファームに期待すること……伊礼 智
プロダクトニュース
書評=内藤 廣
『同じ時のなかで』 (スーザン・ソンタグ著 木幡和枝訳/NTT出版)
追悼‥伊藤ていじ  吉島忠男・中谷礼仁
イベント/プロフィール
次号予告
インフォメーション



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533