HP内の目次へ・検索もできます! 『Design peak 03(EASTERN design office)』

6995号      7000号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻6996号 2010年3月21日


『Design peak 03(EASTERN design office)』

著:イースタン建築設計事務所
建築家:中村安奈+神野太陽
発行:Equal-Books
定価:5,985円(本体5,700円+税5%)
240×350mm・185p
言語:英語・韓国語 一部日本語
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
EASTERN design office(イースタン建築設計事務所)の中村安奈、神野太陽の初の作品集。2003年の開設時から2009年までの6年間の集大成。実作、国際設計競技案、アンビルドとエッセイ。14センチの60本のスリットだけでつくられた驚くべき「スリットの家」、奇想天外なぐにゃぐにゃの光に満ちた「北京オリンピック・レスリング場」、ミシン目のように開けられた丸窓が劇的な光を入れる「紋所の家」、樹のような造形の窓が建築を覆う「西八條邸彩丹」など、他に類を見ない建築のすべてが、この作品集におさめられている。彼らは、海外メディアからは取材のオファーが相次ぐ。ドイツ、イギリス、ポルトガル、インド、アメリカなどの本や雑誌が作品を収録している。
[目次 (日本語)]
01 2005 スリットの家
02 2006 西八條邸彩丹
03 2007 水平の家
04 2007 紋所の家
05 2007 ストライプス
06 2009 カッティング
07 2009 スリットの庭
08 2006 ダイニングバー素晴人
09 2008 モスティップ U
10 2004 光の通路
 (北京オリンピック・レスリング場)
11 2005 T 邸
12 2006 テラスハウス
13 2006 祇園町屋
14 2008 彦根
15 2008 岩盤浴
[contents (ENGLISH)
01 2005 Slit house
02 2006 Villa SAITAN
03 2007 Horizontal house
04 2007 MON factory/House
05 2007 Strips
06 2009 Cutting
07 2009 Slit Court
08 2006 Dining Bar - Subajin
09 2008 Mostip U
10 2004
 Light thread ”2008 Beijing Olympic Wrestling Arena”
11 2005 T house
12 2006 Terrace house
13 2006 Gion-Machiya
14 2008 Hikone
15 2008 Ganbanyoku
[構造家・川口衛:紹介文]
イースタンの建築家たちは、すぐれたスケール感覚の持ち主である。
建築のスケールを大きくしていくと、構造の重要度が幾何級数的に増大することは、17世紀にガリレオによって指摘された構造原理であるが、この自然原理を逆にスケールを小さくする方向にたどっていくと、小さな建築(住宅程度のスケール)では、構造のシガラミを離れた自由なデザインの可能性が極めて大きいことが示唆される。 しかし、この原理を十分に理解した上で、デザインの自由度を高度に活かした設計は、現実には決して多くない。
イースタンの建築家たちは、住宅建築のスケールの構造が持つ造形の自由度を、節度を保ちながら巧みにエンジョイしている。彼らは不必要な構造は捨ててしまえ、というのではなく、日本の都市に多く見られる、あまり恵まれない敷地の中で、建築の存在をまずRC外壁で主張し、これを構造の基本と考える。彼らは、この壁面上に自由でランダムとも思える曲線を描く。これらの曲線群のうち、近接する一対の曲線の内側の空間をネガティブと考えると開口部が得られ、ポジティブと考えれば部材が得られる。 この「陰」と「陽」の存在を巧みに操って、彼らは建築の外郭をデザインする。この「陰」と「陽」のデザインは、壁面のみに留まらず、屋根面に及ぶこともある。こうして外郭につくられた開口は、常識的なプロポーションの「窓」とは全く異なる表情を示すが、外壁の重要なデザイン要素であると同時に、十分な外光を室内に取り入れながら、プライバシーを確保するという、開口本来の機能を果たしている。
現在、平面に限定して行なっているデザイン手法を、将来のイースタンが曲面にも拡張するのか否かは分からないが、いずれにせよ、イースタンの二人の建築家が、日本の伝統に裏打ちされた優れた造形的感性と、確かなスケール感覚を活かして、独自の卓抜した建築の世界を作り上げることは、疑いないであろう。[川口衛]
The architects of Eastern are the possessors of an extraordinary sense of scale. When the scale of architecture is made large, the importance of the structure increases in a geometric progression. This is a structural principle that Galileo pointed out in the 17th century, however by reversing this natural principle and pursuing a course that reduces scale, small architecture (at the scale of private houses) suggests the extremely great possibility of design free from the bonds of structure. However, on top of thoroughly understanding this principle, plans that retain a high level of freedom in design are, in reality, by no means numerous.
While maintaining a level of moderation, the architects at Eastern artfully enjoy the plastic freedom that comes with the scale of residential architecture construction. It is not that they simply discard unnecessary structure, but rather, on the many disadvantageous sites often seen in Japanese cities, the existence of architecture is first asserted with the external reinforced concrete wall, which can be thought of as the fundamental basis of construction. They draw what may be considered as random free curves on top of this wall surface. If you think of the interior space between a pair of curves in close proximity as negative, you conceive of an aperture, however, if you consider it as positive, it becomes a component member. They design the architecture of the outer wall by manipulating the existence of shadow and sunlight. This design of shadow and sunlight is not limited to the surface of the wall as it extends to the surface of the roof as well. In this manner the apertures made in the outer wall denote a completely different facial expression than the ordinary proportioned window, but are the most important design components of the external wall. They perform the essential functions of an opening by simultaneously gathering sufficient external light to interior of a room while ensuring privacy.
[Mamoru Kawaguchi]



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533