HP内の目次へ・検索もできます!  ■『建築設計・施工クレーム対応マニュアル』 ●『住宅建築トラブル相談ハンドブック』

6945号      6947号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻6946号 2010年3月2日


■『建築設計・施工クレーム対応マニュアル』

編集:秋野卓生(弁護士)
発行:新日本法規
定価:4,515円(本体4,300円+税5%)
A5・426p
978-4-7882-7266-8
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
★コンプライアンスとトラブル予防のために!
◆建築士・施工業者の立場から解説!
建築設計や施工現場で発生するクレームへの適切な対応方法について、建築士・施工業者の立場から、わかりやすく解説しています。
◆さまざまな事例をピックアップ!
注文主の過剰要求・代金不払からインターネット上の誹謗中傷まで、実例をベースに幅広いテーマを取り上げています。
[目次]
■はじめに
1 建築関係訴訟の現状
2 建築関係訴訟の長期化の原因
3 まとめ
■第1章 建築設計監理者の権利と義務
1 建築設計監理者の権利
 1 建築設計監理者の報酬請求権
 2 著作権侵害を理由とする建築の差止め
2 建築設計監理者の義務
 3 書面で契約を締結していない場合の監理責任
 4 名義貸しを行った建築士の責任
 5 設計者の法令遵守責任
 6 イメージどおりに設計する責任
 7 建築士の専門家責任
■第2章 ハウスメーカー・工務店の契約締結時の諸問題
1 建築請負契約の交渉
 8 建築工事請負約款の意義
 9 建築請負契約の成立と契約締結上の過失
 10 勧誘時の誤った説明
 11 建築規制についての調査・説明義務
 12 交渉段階での一方的破棄
 13 広告等における不当な表示
2 建築請負契約の無効
 14 都市計画法違反の請負工事
 15 建築基準法違反の請負工事
 16 公序良俗違反の請負工事
 17 イメージが違うとの主張(錯誤無効)
■第3章 近隣クレーム、相隣関係
1 近隣からのクレーム
 18 建築建設による日照侵害
 19 建設騒音・振動の規制
 20 建築工事による地盤沈下
 21 リフォーム工事による騒音
2 相隣関係
 22 建築工事に伴う隣地使用
 23 隣地の余掘り
 24 隣地境界線からの距離保持義務
■第4章 建物建築請負契約の途中解除
1 注文主からの解除
 25 注文主による解除と請負人の損害賠償請求権
 26 注文主による解除と請負人の報酬請求権
 27 注文主の履行遅滞に基づく解除
 28 信頼関係破壊を理由とする解除
2 請負人からの解除
 29 請負人からの解除の可否
 30 仕様の未確定を理由とする請負人からの解除
■第5章 危険負担・事情変更
 31 不可抗力により生じた損害の負担
 32 建築請負契約と事情変更
 33 リフォーム工事中の地震発生時の責任
 34 注文主の過剰要求を理由とする工事中止
■第6章 請負代金の支払
 35 些細な瑕疵を理由とする代金支払の拒否
 36 注文主が目的物の受領を拒否した場合の代金支払請求
 37 追加工事・変更工事の代金請求
 38 やり直し費用の注文主への請求
 39 注文主の工事妨害と報酬請求権
■第7章 瑕疵担保責任
1 瑕疵の判断
 40 些細な瑕疵に対する修補工事義務
 41 建築請負における瑕疵担保責任と債務不履行責任
 42 注文主の指示により生じた瑕疵
 43 建売住宅の瑕疵と説明義務
 44 割れた木材
 45 間取りの変更
 46 シックハウス1(健康被害に対する損害賠償)
 47 シックハウス2(売買契約の解除)
 48 構造計算上は問題のない範囲の寸法違い
2 瑕疵担保責任の範囲
 49 修補と建替え
 50 瑕疵担保責任の免除
 51 建築関係者の責任の競合
 52 契約内容が不十分な場合における瑕疵の判断
 53 補修費用と損害賠償請求(損益相殺)
 54 注文主の慰謝料請求
■第8章 不法行為責任
 55 欠陥住宅を建築したことによる不法行為責任
 56 造成業者のミスに対する建築請負業者の責任
 57 「ふかしの契約書」の責任
■第9章 リフォーム工事に関する諸問題
 58 リフォーム工事終了後のクーリングオフ
 59 クーリングオフの適用除外
 60 老朽化したアパートの改装工事
 61 リフォームの結果、違反建築物になった場合
 62 リフォーム工事により漏水した場合の責任
 63 リフォーム工事の最中に泥棒が入った場合の責任
■第10章 誹謗中傷対策
 64 誹謗中傷に対する法的措置
 65 インターネット上の事実摘示による名誉毀損
 66 インターネット上の論評による名誉毀損
 67 対抗ウェッブサイトによる誹謗中傷対策の適法性
 68 インターネット上の誹謗中傷ページの削除請求
■第11章 倒産発生時の対応
1 発注者の倒産
 69 注文主が倒産した場合の建前所有権の帰属
 70 建築請負人の敷地に対する商事留置権
2 工務店の倒産
 71 特別の先取特権と破産手続
 72 物上代位権行使による債権回収
■第12章 元請と下請・孫請
 73 建築工事請負人の不法行為責任
 74 元請負人から孫請負人への代金支払
 75 下請の工事遅延の責任
■第13章 請負と共同企業体
76 共同企業体における保全措置


●『住宅建築トラブル相談ハンドブック』

編集:岡田修一(弁護士)、小笹勝章(弁護士)、
高橋謙治(弁護士)、山内 容(弁護士)、
増沢幸尋(一級建築士)、米田耕司(一級建築士)
執筆:99建築問題研究会
発行:新日本法規
定価: 4,725円(本体4,500円+税5%)
A5・530p
978-4-7882-7050-3
★紛争事例を法律と建築技術の両面から検討、解説!
●紛争事例の問題点と責任の所在を、契約や瑕疵の類型別に整理し、関連する諸問題も取り上げています。
●平成20年4月施行の「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」の内容を盛り込んでいます。
●住宅建築のトラブルについて、弁護士と建築士が協働して具体的な対応・解決策をわかりやすく解説しています。
[目次]
第1 住宅紛争の流れ
第2 「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」の概要
第1章 総 論
第1 住まい作りの流れ
第2 欠 陥
第3 工 法
第4 性 能
第2章 契約類型別のトラブル
第1 請負契約
第2 売買契約
第3 リフォーム契約
第3章 瑕疵類型別のトラブル
第1 雨漏り
第2 ひび割れ
第3 音
第4 揺れ・振動
第5 軋 み
第6 結 露
第7 水漏れ
第8 排 水
第9 換 気
第10 化学物質
第11 地盤沈下・傾斜
第12 接合部
第13 その他
第4章 建築法規の概要
第5章 私道・近隣トラブル
第6章 建築紛争処理



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533