HP内の目次へ・検索もできます!  『新建築住宅特集 2010年1月号』 特集:住空間のディテール 軒と開口部

6795号      6797号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻6796号 2009年12月27日


『新建築住宅特集 2010年1月号』
特集:住空間のディテール 軒と開口部


編集・発行:新建築社
定価:2,000円(本体1,905円+税5%)
A4・168p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
特集:住空間のディテール 軒と開口部
特集作品:南が丘の山荘=益子義弘 木竈=川口通正 深い軒裏をもつ家=樋口善信MA-HOUSE=窪田勝文 六日町の家=奥野公章+我伊野威之 スケルトン・ウォール濱田修 大野博史 五軒の住宅:多面体の屋根・館山=横河健 シロガネの家=武井誠+鍋島千恵 ひたち野うしくの家=堀部安嗣 武蔵関の家=堀部安嗣 A HOUSE=玄・ベルトー・進来

作品 11 題
多面体の屋根・館山
設計 横河健/横河設計工房
施工 八糸平興産 
所在地 千葉県館山市
館山の海岸沿いに建つ別荘。1階はRCの壁を立ち上げてピロティー状に視線を抜き、その上部に折れ曲がりながら2階スラブまで降りてくる屋根面と垂直の壁がL字状のプランを構成して載っかっている。

シロガネの家
設計 武井誠+鍋島千恵/TNA
施工 深澤工務店
所在地 東京都世田谷区
桜並木沿いに建っており、家の何処にいても桜を見られるように、機能をもつそれぞれのフロアはスキップするように構成される。構造もGLから1,900mmまでをRCとし、その上部は木造の門形ラーメン構造とすることで、筒状の空間に柱等視線を遮る部材が出てこないようになっている。

ひたち野うしくの家
設計 堀部安嗣建築設計事務所
施工 郡司建設
所在地 茨城県牛久市 
大きな屋根によって、四隅に深い軒下とタタキを設けた外観をもつ住宅。正方形の平面
から四隅のスペースを掻き取った構成となっている。1階は小さなスケールで諸室が配置
され、2階は袖壁によって分節されながらも、ひとつながりの空間となる。

武蔵関の家
設計 堀部安嗣建築設計事務所
施工 幹建設
所在地 東京都練馬区
大小4つの家型ヴォリュームを等間隔で離して配置している。設けられた隙間は、アプローチ、バルコニー、自転車置き場などの外部スペースとして使われる。内部は4つの正方形プランの中心に階段室を設け、レベル差を変えて諸室を配置。階段室は四面本棚に囲まれた落ち着いた下部とトップライトからの光が入る明るい上部の

A HOUSE
設計 玄・ベルトー・進来
施工 川村組
所在地 静岡県沼津市 
一面みかん畑が広がる小高い丘の頂部に位置する別荘。2階レベルから近景のみかん畑、中景の湾内の山や小島、遠景の富士山と風景が楽しめる。そこで、主室を2階に集約し、1階をキャンティレバーとして外部スペースをつくり、T字型の断面とした。2階の外周は、360度風景を楽しむために、シャッターや手摺りなど機能をおさめたH鋼の柱と開口部からなる。

南が丘の山荘
設計 益子義弘/益子アトリエ
施工 木内工務店
所在地 長野県北佐久郡軽井沢町 
単純な矩形のプランの北側に入口だけが足され、東側の寝室と中央の水回り、西の広間が廊下でつながる。北を背にして正面の林へと視線が向かう安定した居場所がつくられている。

木竈
設計 川口通正建築研究所
施工 ダイエイ建設
所在地/長野県
クライアント夫妻の終の棲家となる軽井沢の住宅。深く軒を出すことによって景色を切り
取り、日本建築の伝統的な内外一体の空間となっている。開口部の木製建具は機密
性を確保する隠し框のディテールとなっていて、すべての部分で上枠を兼ねて霧除け
庇が設けられている。屋根・天井は垂木現し。

深い軒裏をもつ家
設計 樋口善信
施工 久保田工務店
所在地 神奈川県茅ケ崎市
切妻大屋根の形状に妻入りの住宅。いわゆる「玄関室」を設けずにテラスから自由に出入りできる空間にしているため、出入口となる妻部分は、テラスとリビングが一体化し、開けた空間がつくられている。

MA-HOUSE
設計 窪田勝文/窪田建築アトリエ
施工 野村建設
所在地 愛媛県松山市
街中に母屋に隣接してつくられた住宅。街中にあるため、周囲に開けた景観が望めない中で、建築によって自然や空間の広がりを感じるように工夫されている。天井の高低差によって室内に室外のような空間を生みだしたり、軒をするどい鋭角にすることで、そこから見える空の見え方を一変させている。

六日町の家
設計 奥野公章+我伊野威之
施工 フラワーホーム
所在地 新潟県南魚沼市 
3つの棟とその隙間にあるインナーコートから成り立っている住宅。インナーコートはリビングやダイニングで室内だが、外部のような明るさを演出するため、壁は中空ポリカーボネートと断熱材を組み合わせた「光壁」になっている。

スケルトン・ウォール
設計 濱田修+大野博史
施工 三由建設
所在地 富山県富山市
構造の耐力壁と開口部を兼ねたガラス+通気層+パンチングメタル+断熱ペフ+中空ポリカーボネートの「スケルトン・ウォール」によって覆われた住宅。「スケルトン・ウォール」は光を取り入れながら断熱し、かつ構造上必要な壁にもなっている。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533