HP内の目次へ・検索もできます!  『再生名住宅』 -時を超えるデザインII-

6501号      6503号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻6502号 2009年9月12日

『再生名建築』 -時を超えるデザインI-

『再生名住宅』
-時を超えるデザインII-


著:足立裕司+内田青藏+大川三雄+
初田亨+藤谷陽悦
編著:石田潤一郎+角幸博+千代章一郎+
中川理+中森勉+西澤泰彦+
藤岡洋保+山形政昭

発行:鹿島出版会
定価:4,725円(本体4,500円+税5%)154p27cm
978-4-306-04536-1
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
蘇った名作。蘇って名作となった住宅。そのリノベーションプロセスを建築学する。茅葺き屋根から近代和風、洋館まで、機能転用、移築、復元からPFIまで─時間と風景を受け継ぐデザイン手法を図解。
[主要目次]
現代工法で表現された茅葺き屋根―宝塚・玉瀬の家
建築の履歴、あるいは人生の履歴―考忠邸/恒見邸
時間を大地の風景にする方法―丈六の家/日和佐の家/石井重松の家
沖縄民家を現代風にアレンジする―かんから・カン
PFIによる保存再生の可能性―小笠原伯爵邸
レストランに再生したJ.コンドル縁の建物―銀河館
来歴を読み解き伝えること―米原市醒井宿資料館
ヴォーリズ住宅を楽しむ店舗空間―旧忠田邸
蘇ったもてなし空間―伝統的座敷空間の再生―山中温泉・芭蕉の館
移築保存の力は再生支援を表明した市民活動の存在―旧小熊邸
震災で被災した洋館の移築再生―武田薬品工業京都薬用植物園迎賓資料館
復元による再び蘇った大正洋館―文化のみち二葉館
移築された近代和風建築の典型―龍興寺客殿



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533