HP内の目次へ・検索もできます!  『微生物・花粉による室内空気汚染とその対策』 -健康影響・測定法から建築と設備の設計・維持管理まで-

6453号      6455号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻6454号 2009年8月22日


『微生物・花粉による室内空気汚染とその対策』
-健康影響・測定法から建築と設備の設計・維持管理まで-


編:日本建築学会
発行:技報堂出版
定価:2,940円(本体2,800円+税5%)
100p26cm
978-4-7655-2532-9
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
昨今建築業は,設計・建設から維持・管理,居住・住まい方にまで広がっており,それぞれの場面での課題が出てきている。微生物についても,医学的側面のみならず生活そのもの,あるいは建築的な面で関連が出てきており,その内容も急速に変化・改善がなされつつある。本書は,微生物粒子として室内で浮遊・落下・付着を辿る真菌と細菌を中心に、関連する規準濃度、測定法などをまとめ,そこから室内空気汚染防止設計や維持管理技術を,現場で推し進めるための基本を指し示す。
[目次]
1 はじめに
 1.1 「室内微生物汚染とその対策」刊行にあたり
 1.2 本書の位置づけ
 1.3 微生物
 1.4 花 粉
2 健康影響
 2.1 人への影響
 2.2 物への影響
 2.3 被曝の機構
3 本書と「微生物による室内空気汚染に関する設計・維持管理規準・同解説
  (日本建築学会環境基準AIJES-A002-2005)」の関係
 3.1 日本建築学会環境基準(AIJES-A002-2005)
 3.2 本マニュアルの基本理念
4 環境条件と微生物
 4.1 生物界における微生物の位置
 4.2 成長に関する物理的条件
 4.3 成長に関する化学的条件
 4.4 室内環境の管理
 4.5 微生物制御
5 室内微生物濃度制御の方法
 5.1 基本的方法
 5.2 微生物汚染への対策基準について
 5.3 建築設計の観点から
 5.4 建築計画的・環境工学・建築設備的条件から
 5.5 維持管理・運転の観点から
 5.6 居住者・職員の利用法の観点から
 5.7 建築および設備設計・施工上の対策
 5.8 居住(建物使用)時での維持管理上の対策
6 室内花粉濃度制御の方法
 6.1 空中花粉の概要
 6.2 基本的方法
 6.3 建築および設備設計・施工上の対策
 6.4 居住(建物使用)時の対策手法
 6.5 対策用設備機器使用上の問題点と注意
7 健康上とくに考慮を必要とする場合の対策
 7.1 シックハウス症候群と化学物質過敏症
 7.2 建築および設備設計・施工上の注意点
 7.3 居住(建物使用)時の注意点
8 微生物とその測定法
 8.1 基本事項
 8.2 発生源と影響要因
 8.3 発生量の求め方
 8.4 測定上の問題点
 8.5 落下と浮遊の関連
 8.6 微生物測定法
9 花粉測定法
 9.1 空中花粉の捕集方法
 9.2 捕集花粉の定量方法
 9.3 空中花粉自動測定器
 9.4 室内測定の注意点
10 結 語



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533