HP内の目次へ・検索もできます! 『稲垣栄三著作集 7 『歴史的環境保存論』

6417号    6419号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻6418号 2020年1月27日


稲垣栄三著作集 7
『歴史的環境保存論』

著:稲垣栄三
発行:中央公論美術出版社
定価:(本体17,000円+税)
978-4-8055-1489-4
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
読者持込待ち!
経済開発から文化財を守る戦いを経て、社会・文化の成熟を背景に町づくりの重要なテーマとなった歴史的環境の保存再生について、常に時代の先端で思考し、執筆された意義深い論考の数々が集められている。民家から集落・町並み、近代化遺産、モダニズム建築、負の遺産まで、保存の価値・意味を論じる一方、世界における日本の文化遺産のオーセンティシティ等、保存哲学をも鋭く問う。
[目次]
第1部 保存対象の拡大―民家から歴史的環境へ
 (文化財としての民家とその保存;明治建築の歴史的価値とその保存;文化財開発委員会(仮称)のパイロット・プラン;歴史的遺産の評価と再構成;開発と文化財;技術による日本の征服;集落・町並みの価値と保存;歴史的環境の保存をどう実現するか;道路と文化財、そして文化財としての道路;歴史的環境の保全;歴史的環境保全の系譜と展望;日本における伝統的民家・集落の保存;東京駅再生の論理;「東京」の象徴;「近代化遺産」と煉瓦造建築;モダニズム建築の保存);
第2部 保存理念の再検討
 (イタリアにおける文化財保護の制度と思想;ミューズの幽閉;都市住宅の伝統;モニュメント保存の方法はどこまで有効か;修理と復元と活用;文化財保護の理念と方法;文化遺産のオーセンシティをめぐる素描;文化遺産の保存と記憶の残像;文化遺産の保存と観光);
第3部 歴史的環境と住民の暮らし
 (見失われた価値の再評価;歴史的町並みの課題(「第一回町並みゼミ」記念講演); 歴史の痕跡尊重を;歴史的町並みとくらし;壊さない建築家と大内宿/共生の探求);
第4部 その他―多様な保存対象、保存を支える仕組み
 (あすにのこす飛鳥きょうを悩む古京;脱皮したい博物館主義 文化財保護のあり方に提言;歴史的環境保全における市民と専門家;対談・技術史の流れにみる環境観の変遷; 建造物修理用資材の確保;職人の生き方;「帝国ホテルを守る会」のころ; 蘇った田首里城正殿;想像力のゆくえ;アジア・太平洋地域文化財建造物保存修復協力事業について)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533