HP内の目次へ・検索もできます! 『2008年版 冷間成形角形鋼管設計・施工マニュアル』

6403号      6405号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻6404号 2017年8月5日

『2008年版
冷間成形角形鋼管設計・施工マニュアル』

監修:独立行政法人建築研究所
編集:2008年版冷間成形角形鋼管設計
施工マニュアル編集委員会
発行:日本建築センター
定価:5,775円(本体5,500円+税5%)
A4・354p
978-4-915392-29-0
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
平成19年6月施行改正建築基準法に対応した改訂版!
冷間成形角形鋼管の設計から施工までを網羅したマニュアルです。
[目次]
序章1
1.マニュアル作成の経緯1
2.冷間成形角形鋼管とは2
3.建築基準法令改正への対応5
《設計編》
第1章 総則9
1.1 適用範囲9
1.2 材料9
1.3 許容応力度及び材料強度12
1.3.1 許容応力度12
1.3.2 材料強度13
1.3.3 特殊な許容応力度及び材料強度15
1.4 骨組の構造設計15
1.4.1 構造計算の方法15
1.4.2 保有水平耐力計算等の構造計算16
1.4.3 その他の構造計算方法17
1.5 接合部の設計17
1.6 構造計画上の注意事項17
第2章 骨組の耐震設計21
2.1 耐震設計の考え方21
2.1.1 建築物の地震エネルギー吸収21
2.1.2 溶接部の性能24
2.2 保有水平耐力計算等の構造計算28
2.2.1 ルート1(令第82条各号及び令第82条の4の計算)による計算31
2.2.2 ルート2(許容応力度等計算)による計算38
2.2.3 ルート3(保有水平耐力計算)による計算49
2.2.4 設計における留意点67
2.3 限界耐力計算77
2.4 コンクリート充填鋼管の耐震計算84
第3章 接合部の設計87
3.1 柱はり接合部87
3.1.1 通しダイアフラム形式88
3.1.2 内ダイアフラム形式92
3.1.3 外ダイアフラム形式93
3.1.4 その他の接合形式94
3.2 はり端接合部94
3.3 柱脚98
3.3.1 露出形式柱脚100
3.3.2 根巻き形式柱脚102
3.3.3 埋込み形式柱脚103
3.4 柱継手104
3.5 亜鉛めっき上の留意点106
第4章 既存建築物の増改築時における対応109
4.1 各種冷間成形角形鋼管の使用状況と留意点109
4.1.1 冷間成形角形鋼管の種類,規格制定の経緯と使用状況109
4.1.2 増改築等における留意点111
4.2 既存建築物の増改築における設計112
4.2.1 増改築規模に応じた設計フロー112
4.2.2 全体計画認定を活用した既存不適格建築物の増改築等について116
4.3 柱材の材質確認117
4.3.1 調査の方法117
4.3.2 柱材の断面性能と鋼材の化学成分,強度の調査118
《施工編》
第5章 冷間成形角形鋼管の加工・施工法123
5.1 総則123
5.2 適用範囲125
5.3 柱はり接合部の種類と特徴125
5.3.1 柱はり接合部の種類125
5.3.2 各ダイアフラム形式の構造的特徴127
5.4 材料130
5.4.1 冷間成形角形鋼管130
5.4.2 鋼材一般130
5.4.3 溶接材料131
5.5 工作134
5.5.1 角部の曲率半径134
5.5.2 ダイアフラム134
5.5.3 開先加工137
5.5.4 裏当て金の組立溶接137
5.5.5 コア部分鋼管平坦度と柱シャフトの溶接継手部食い違い・ずれ防止139
5.5.6 歪取り矯正140
5.6 溶接141
5.6.1 溶接方法の選択141
5.6.2 溶接技能者の資格142
5.6.3 溶接材料の選択143
5.6.4 溶接施工条件146
5.6.5 溶接姿勢166
5.7 その他の溶接施工方法173
5.7.1 コラム柱シャフトのロボット溶接法173
5.7.2 柱はり溶接接合部の溶接施工179
5.8 溶接部の検査186
5.8.1 溶接部の外観寸法検査186
5.8.2 溶接部の非破壊検査(超音波探傷検査)187
5.8.3 NBFW法で溶接施工した溶接部の検査189
5.9 溶接部の補修・補強溶接190
5.9.1 溶接部内部欠陥の補修190
5.9.2 溶接部ビード外観・寸法欠陥の補修191
5.9.3 NBFW施工法を行った溶接部の補修溶接193
5.10 その他194
5.10.1 亜鉛めっき処理194
5.10.2 角部へのピース取付け196
5.10.3 柱継手の食い違い196
5.10.4 製作チェックシート198
付録
1.冷間成形角形鋼管を使用した鉄骨造の設計例209
2.柱継手の存在応力に基づく許容食い違い量の計算例237
3.各部接合ディテール例245
4.(社)日本鉄鋼連盟製品規定「建築構造用冷間ロール成形角形鋼管(BCR295)」253
5.(社)日本鉄鋼連盟製品規定「建築構造用冷問プレス成形角形鋼管
 (BCP235、BCP325)」267
6.(社)日本鉄鋼連盟製品規定「建築構…造用高性能冷間プレス成形角形鋼管」
 (BCP325T)」285
7.(社)日本鉄鋼連盟製品規定BCR295、BCP235、BCP325、BCP325T解説299
8.建築基準法第37条による大臣認定を取得している建築構造用冷間成形角形鋼管の
 製造業者リスト309
9.冷間成形角形鋼管柱パネル部のせん断耐力影響評価報告書311
10.(財)日本建築センター「冷間成形角形鋼管評価規準」343



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533