HP内の目次へ・検索もできます! 『建築家のための建築工事監理の要点集1躯体・設備編第2版』 『建築家のための建築工事監理の要点集2仕上げ編第2版』

6388号      6391号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻6389号 2009年7月30日


『建築家のための建築工事監理の要点集1
躯体・設備編 第2版』


編著:伊沢陽一
発行:彰国社
定価:3,780円(本体3,600円+税5%)
192p29cm
978-4-395-00804-9
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
建築家の職能は設計だけで終わりではなく、建物の完成までの期間を使ってなお責任を果たすものである。工事が設計図書通りかの確認はもとより、具体的な材料やディテールなどの指示のほか、建物を建設する過程で設計の時点までフィードバックし実施設計の補足、変更などもあり得るため、工事のなかでの適切な対処時期や処理の仕方が重要になる。初めて監理に関わる設計者には設計と現場がつながるように、そして経験者には再確認できるように、実際の建設工事に沿った必要な監理の方法や種目を解説した構成としている。
今回の改訂では、建築基準法や士法、JASS、JIS、工事請負契約約款の改訂に伴う見直し、材料・技術・工法の新開発を見直して、昨今、ますます重要になってきている建築工事監理に対応できるものにしている。
Tの[躯体・設備編]では監理についての総論、躯体と設備の監理を中心に解説している。
[目次]
T 監理とはどういうことをすることなのか
U 工事監理をするに当たり、まず確認や調査をしておかなければならないこと
V 工事期間を通して監理者が行わなければならないことの要領
W 工事ごとの処理の仕方
X 建築竣工検査における点検事項
Y 設備工事の監理


『建築家のための建築工事監理の要点集 2
仕上げ編 第2版』

編著:伊沢陽一
発行:彰国社
定価:4,410円(本体4,200円+税5%)
224p29cm
978-4-395-00805-6
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
Uの[仕上げ編]では建築の仕上げ工事における監理を中心に解説している。
[目次]
工事ごとの処理の仕方
1.工事別監理種目および解説等の内容
2.石、テラゾーブロック工事
3.金属工事
4.防水工事
5.屋根工事
6.スチール工事
7.アルミ建具工事
8.木製建具工事
9.間仕切建具工事

10.ガラス工事
11.木工事
12.左官(モルタル)工事
13.タイル工事
14.塗装工事
15.吹付工事
16.内装工事
17.雑工事
18.外構工事
参考 工事監理業務範囲リスト



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533