HP内の目次へ・検索もできます!  『日光東照宮の成立』 -近世日光山の「荘厳」と祭祀・組織-

6342号      6344号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻6343号 2009年7月10日


『日光東照宮の成立』
-近世日光山の「荘厳」と祭祀・組織-


著:山澤学
発行:思文閣出版
定価:5,985円(本体5,700円+税5%)
A5・418p
978-4-7842-1452-5
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
近世日光山は、徳川家康が東照大権現として勧請された東照宮が鎮座し、徳川将軍家および幕府の崇敬の地となった。本書はその成立過程を、東照宮を支えた将軍ないし天皇を頂点とした力学、神格を再生産すべく構築された祭祀組織と祭礼の特質、権現造建築に示される建築・空間を規定した同時代社会、さらにその裾野に広がる町の形成、これら全体を構造的に把握することにより明らかにする。
[目次]
序 章
第一章 日光東照宮祭祀の存立原理
  第一節 東照大権現の鎮座と祭礼の形成
  第二節 寛永大造替による将軍座居の成立
  第三節 将軍家光期における東照大権現祭祀の位相
  第四節 「宗廟」日光東照宮の確立
第二章 近世日光山惣山組織と法会の編成
  第一節 中世末期の衆徒・一坊
  第二節 中世末期日光山の真言僧
  第三節 天海による法会と惣山組織の編成
  第四節 日光山法会と惣山組織の確立
第三章 日光東照宮建築の系譜
  第一節 徳川家霊廟建築の空間構成
  第二節 権現造建築の展開
  第三節 職と技術の拡散
  第四節 徳川将軍家による権現造建築の独占
第四章 日光惣町における御役の編成
  第一節 職人・商人の日光山来住
  第二節 日光山惣山組織下の職人組織と町
  第三節 東照社造営後における町の拡大
  第四節 日光惣町の御役編成
終 章
参考文献一覧
あとがき
索引



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533