HP内の目次へ・検索もできます!  『基礎火災現象原論』

6220号      6222号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻6221号 2009年4月29日

『基礎火災現象原論』

著:James G.Quintiere
訳:大宮喜文、若月薫
発行:共立出版
定価:3,675円(本体3,500円+税5%)
204p26cm
978-4-320-07703-4
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
米国のThe Bureau of Alcohol, Tobacco, and Firearms (BATF)の火災調査員に行われる教育課程で使用された講義資料から生まれた書。また,この講義資料の一部は米国政府Federal Law EnhancementTraining Center (FLETC)の後援のもと,州や地方自治体の火災調査員への教育プログラムでも使用されている。初めに火災の概念として,拡散火炎,予混合火炎,燻焼,自然着火を論じ,伝熱工学,着火,火炎伝播,燃焼速度なども述べられている。
[目次]
火災科学のあゆみ・火の性質と燃焼・伝熱・着火・火炎伝播・燃焼速度・火災プルーム・燃焼生成物・区画火災・火災科学の応用



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533