HP内の目次へ・検索もできます!  『図解火災安全と建築設計 建築家のためのデザインガイド』

6161号      6164号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻6162号 2009年4月6日


『図解火災安全と建築設計
建築家のためのデザインガイド』

編:日本建築学会
発行:朝倉書店
定価:5,250円(本体5,000円+税5%)
134p26cm
978-4-254-26634-4
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
防災設計の基本・考え方から応用まで広範囲に解説。わかりやすいイラストや性能設計事例が多数収載され,火災の仕組みや火災安全のための技術を学ぶ。読者対象:建築を学ぶ学生から建築家・維持管理者・消防関係者・建築行政に携わる人。
[目次]
1. 火災安全の考え方
1.1 火災安全設計とリスクマネジメント
1.2 火災安全設計の方法
1.3 火災安全対策の種類と構成
1.4 火災の基本
1.5 火災の実態と初期火源
1.6 室内の火災
1.7 煙の流れと盛期火災
1.8 耐火建築物の火災性状と噴出火炎
1.9 火災と人間
2. 火災安全のための技術
2.1 出火防止
2.2 早期発見・伝達
2.3 避難安全
2.4 煙制御
2.5 火災拡大防止
2.6 消火・救助
2.7 耐火構造と類焼防止
2.8 維持管理
3. 設計図に見る防災計画
3.1 設計段階と防災計画
3.2 配置計画
3.3 平面計画

3.4 断面計画
3.5 立面計画
3.6 天井の計画
3.7 各部詳細
4. 各種の用途と防災計画
4.1 超高層ビル
4.2 事務所ビル
4.3 超高層集合住宅
4.4 物販店舗
4.5 集会施設
4.6 展示施設
4.7 学 校
4.8 病 院
4.9 大規模スタジアム
5. 性能設計のための評価技術
5.1 避難安全性評価の考え方
5.2 避難所要時間・煙降下時間の予測方法
5.3 避難計算の図式解法
5.4 延焼拡大防止設計にかかわる評価技術
5.5 耐火設計と耐火性能評価
5.6 試験方法
索引



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533