HP内の目次へ・検索もできます! 『住民主体の都市計画』 -まちづくりへの役立て方-

6126号      6128号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻6127号 2009年3月24日

シンポジウム
『住民主体の都市計画の進展』 講師:米野史健、横山あおい、山本一馬、泉英明


『住民主体の都市計画』
-まちづくりへの役立て方-


編著:住民主体のまちづくり研究ネットワーク
発行:学芸出版社
定価:3,990円(本体3,800円+税5%)
A5・368p
978-4-7615-3172-0
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
地方分権と住民参加の流れにおいて、都市計画は益々住民に身近な存在となりつつある。真に住民主体の都市計画が行われる時代に向けて、住民が中心となった最新の取り組み事例を検証。都市計画を住民が使いこなすには何が必要か、住民と行政の役割分担、狭域と広域の論理の整合性を、第一線の若手実務者・研究者が問い直した。
[目次]
  序 都市計画を住民が主体的に“使う”時代へ  米野史健
1章 良い住環境を保全する
    解題:保全をめぐるルールと住民活動との関係  米野史健
1-1 借地組合の契約にはじまる環境維持活動
    大正末期に開発された練馬区城南住宅組合の取り組み  杉崎和久
1-2 美しい住環境の保全をめざす
    住民が制定し運用するまちづくり協定・横浜市荏田北2丁目  室田昌子
 ★コラム 地区レベルでの法的な規制の手法
2章 まちの景観を創り出す
    解題:身近な“生活景”を住民主体で育てる  米野史健
2-1 生活景と地域コミュニティを育む日常的活動
    東京郊外・世田谷区「地域風景資産」による風景づくり  岡田雅代
2-2 多様な主体による身近な景観づくり
    秦野市景観まちづくり条例に基づく庭先協定  秋田典子
 ★コラム まちづくり条例
3章 まちの変化に応える
    解題:街の変化を契機としてまちが変わる  真鍋陸太郎
3-1 シンボル的な都市景観の保全から地域の住環境づくりへの進展
    二度のマンション紛争を契機とした佐賀市城内地区での取り組み  秋月裕子
3-2 町並み保存活動とマンション紛争の相克
    名古屋市白壁・主税・橦木地区におけるまちづくり活動  吉村輝彦
3-3 モノづくりのまちを次世代へ継承する
    操業環境を保全し住工共生する、東大阪市高井田地域  泉 英明
 ★コラム 都市計画提案制度
4章 歴史的景観を保全・創造する
    解題:地域の文脈に応じたまちづくり組織のあり方  桑田 仁
4-1 まちづくり組織による提案と実践
    「神楽坂らしさ」の保全・東京都新宿区神楽坂地区  矢原有理・窪田亜矢
4-2 自律的なまちづくりをめざす
    大分県湯布院町「湯の坪街道地区」における景観計画の策定  姫野由香
4-3 まちづくり協定による設計案審査と街並み誘導
    輪島市馬場崎商店街がめざす「輪風」のまちづくり  遠藤 新
 ★コラム 地域を管理運営する組織
5章 まちの商業地をマネジメントする
    解題:多様な境遇・利害関係者のなかで進める工夫  川原 晋
5-1 協定から市民事業までの住民主体の計画づくり
    地域の“要【かなめ】”をめざす鶴岡市山王商店街のまちづくり  川原 晋
5-2 既存住民や職人と共存する商業環境の整備
    街並み誘導型地区計画を活用した横浜市元町仲通り  石田 武
5-3 低俗化からの脱出
    歓楽街のまちづくり“大阪ミナミ 宗右衛門町”  横山あおい
5-4 既成中心市街地の官民共働エリアマネジメント
    福岡市、We Love天神協議会の取り組み  福田忠昭
 ★コラム 社会実験の可能性
6章 身近な公共空間を改善する
    解題:身近な既存空間の再整備のために  野澤千絵
6-1 農業用水路に沿った地域環境づくり
    尼崎市むこっ子ロードにおける校舎裏すきま空間改善活動  内平隆之
6-2 小さな生活環境整備事業の積み重ねによる密集市街地の改善
    横浜市「いえ・みち まち改善事業」  金 冑錫
6-3 市民提案・市民主体による既存空間の再整備
    地域のコミュニケーション基地「うさきちハウス」づくり  野澤千絵
 ★コラム 市民事業
7章 集落を守り育てる
    解題:都市と農山漁村は相互に何を学ぶか  饗庭 伸
7-1 総合的村づくりにおける手法の1つとしての都市計画
    兵庫県・岩崎地区の地区整備計画  松原永季
7-2 震災復興における中山間地集落再生の試み
    新潟県中越地震における小千谷市東山地区での取り組み  澤田雅浩
7-3 地域を維持・継承させてきた住まい方
    人口増加してきた坊勢島の地域内転居  山崎義人
 ★コラム まちづくりとは
8章 住民主体の活動を支える仕組み
    解題:住民の活動と政府の論理の隙間  内海麻利
8-1 きっかけとしての公募型助成金事業
    東京都練馬区におけるまちづくりセンターの活動助成  杉崎和久
8-2 住民の必要性から公共サービスを創る方法
    神奈川県大和市の市民と行政の「協働事業」制度  後藤 純
8-3 地域に予算を配分する取り組み
    三重県名張市「ゆめづくり地域予算制度」  松浦健治郎
 ★コラム まちづくりファンドのこれから
9章 まちの組織化
    解題:住民主体の都市計画への準備として  真鍋陸太郎
9-1 マンション居住者との交流からはじまった地域自治のルールづくり
    京都市有隣まちづくり委員会の活動  山本一馬
9-2 都市縁辺部における農空間を次世代に継承する
    農業/都市的土地利用の整序化に向けた堺市北区金岡地区のまちづくり
    加我宏之
9-3 インターネットによる地縁型コミュニティ支援の可能性
    世田谷区若林地区でのSNS活用の実験  千葉晋也
 ★コラム 都市計画と情報・情報技術
10章 住民主体の都市計画を考える論点
10-1 住民はいかに「主体」となり得るか  米野史健
10-2 「計画」の位置づけとあり方  内海麻利
10-3 確かな「規制・誘導」の実現のために  真鍋陸太郎
10-4 地域の運営につなげる「事業」の進め方  川原 晋
10-5 「時間」の流れと知恵  饗庭 伸
10-6 住民主体の「都市計画」の可能性
    桑田仁・饗庭伸・内海麻利・川原晋・野澤千絵・真鍋陸太郎・米野史健



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533