HP内の目次へ・検索もできます! 『風景のとらえ方・つくり方 九州実践編』

5913号      5915号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻5914号 2008年12月25日


『風景のとらえ方・つくり方
九州実践編』

監修:小林一郎
著:風景デザイン研究会
発行:共立出版
定価:3,675円(本体3,500円+税5%)
240p26cm
978-4-320-07699-0
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
景観の基礎事項の解説と土木デザインにかかわる多様な主体・アプローチを実際に九州にある土地にあてはめ体系的にまとめた教科書。九州には多様な風景や地形が多く存在する。阿蘇,高千穂や桜島などに代表される山並み地形,門司港,長崎や福岡に代表される港湾都市,さらには佐賀の低地帯,美しい海岸線を有する宮崎,鹿児島などである。これら特徴的な土地土地を地形の歴史,履歴や土地ごとの風景の読み方,名所の評価などをきめ細かく行った。
基礎編,実践編の2部構成からなり,本書を読み進めば必ず土木デザインの肝を掴み取ることができる。
[目次]
風景のとらえ方(人と活動・人と空間・風景の読み解き)
風景のつくり方(演習のポイント・プロセス解題・事例編)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533