HP内の目次へ・検索もできます! 『いまさら聞けない 計算力学の常識』

5863号      5865号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻5864号 2008年12月7日


『いまさら聞けない 計算力学の常識』

編:土木学会 応用力学委員会 計算力学小委員会
発行:丸善
定価:3,360円(本体3,200円+税5%)
A5・374p
978-4-621-08022-1
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
CAE、計算力学について、専門家の頭の中にある隠れた常識をなぜそのように考えるのかという理由からていねいに解説した書籍。具体的な事例から理論の要点を押さえてあるので、手元においておくと便利な書籍。CAE、計算力学では実際に何度か経験していく間に身にしみてわかる常識が多い。場合に応じたメッシュの切り方、要素の選択、境界条件の処理のしかた、計算方法の選択等、これらをパターン別に背景も含めて知っておくことが一人前の技術者の前提条件である。本書は、プロなら誰でも身につけている隠れた常識を、惜しげもなく全力を投じて1冊にまとめ上げたものである。
[目次]
1 計算力学と離散化解析手法
2 要素やメッシュで答えが変わる!
3 要素の“からくり”!
4 ロッキングとその逃れ方
5 知ってそうで知らない境界条件処理のいろいろ
6 材料モデルと材料パラメータの正しい決め方の極意
7 固体の非線形解析って何?
8 固体の非線形問題,どう解くの?
9 固体の非線形解析における2つの論点
10 破壊現象の数値解析の罠
11 動的解析における時間発展のとらえ方
12 周波数領域からながめた動的問題
13 FEM流体解析の登竜門
14 FEMによるナビエ-ストークス流れへのいざない
15 流れ解析における要素選択とメッシュ分割の心得
16 なぜ必要?乱流モデル
17 ラグランジュ的かオイラー的か?自由表面流れ問題
18 連成シミュレーションの世界へ
19 比べてみよう 有限差分法と有限体積法
20 知っていますか? 境界要素法
21 連立一次方程式ソルバーに関する豆知識
22 並列計算の“こつ”
23 プリプロセスの勘所



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533