HP内の目次へ・検索もできます!  『ART FAIR TOKYO 2023』-倉俣史朗/葉栗剛/瑛九-

18239号   18248号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

  京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻18244号 2023年2月18日 
   『ART FAIR TOKYO 2023』
-倉俣史朗/葉栗剛/瑛九-
『ART FAIR TOKYO 2023』-倉俣史朗/葉栗剛/瑛九-
会期:2023年3月9日[木]~3月12日[日]※3月9日は招待者のみ
プライベートビュー:
2023年3月9日[木]11:00~19:00
一般公開:
2023年3月10日[金]11:00~19:00
2023年3月11日[土]11:00~19:00
2023年3月12日[日]11:00~16:00

会場:東京国際フォーラム ホールE/ロビーギャラリー
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1
※JR・地下鉄有楽町駅 徒歩約1分,JR東京駅(京葉線)徒歩約5分
入場料:前売券 4,000円(税込)/予約当日券 5,000円(税込)
主催:東京国際フォーラム
1960年代半ばから商業空間や家具,プロダクトなどデザインの分野で先駆的な作品を発表したデザイナー倉俣史朗(1934-1991)。倉俣が遺した貴重なスケッチをもとに版画にしたシルクスクリーン作品集「倉俣史朗 Shiro Kuramata Cahier」1集2集3集を中心に,1989年に本格的に着色アクリルに挑んだデザインのキャビネット《Cabinet de Curiosite》やフラワーベースなどをご覧いただきます。そして,この度,限定本『倉俣史朗 カイエ Shiro Kuramata Cahier 1-2』(限定365部,2023年,ときの忘れもの)を刊行します。限定本には,カイエ1集と2集の図版各10点,堀江敏幸のエッセイ,倉俣史朗が1980年代に「NOTE BOOK」と「Sketch」の2冊に書いた「ことば」を全て書き起こし,収録しています。
また,彫刻家・葉栗剛(b. 1957)は過去最大サイズとなる2m25cmの新作木彫《男気-魂》の制作に挑みました。迫力のある本作は楠木を使って伝統的な寄せ木造りで制作され,弟子の長崎美希による細やかな手彩が施されています。そして,昨年アート・バーゼル・マイアミ・ビーチにて個展を開催した日本の前衛美術のパイオニア・瑛九(1911-1960)の最晩年の輝くばかりの点描画と,生涯を通して2,000点以上を制作したといわれるフォト・デッサンに手彩色された珍しい作品を展示します。
詳しくは:
https://artfairtokyo.com/



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533