HP内の目次へ・検索もできます! 『上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー』

16793号    16804号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻16801号 2021年8月10日
『上野リチ:
ウィーンからきたデザイン・ファンタジー』
PDF『上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー』
  日時:2021年11月16日(火)~ 2022年1月16日(日)9:30~17:00[金・土曜日は20:00]
入館は閉館の30分前
休館日:月曜日及び12月28日(火)~1月3日(月)※1月10日(月・祝)は開館
場所:京都国立近代美術館
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町26−1
主催:京都国立近代美術館,朝日新聞社,関西テレビ放送
後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
協賛:ダイキン工業,竹中工務店 
  ウィーンと京都で活躍したデザイナー,上野リチ・リックス(Felice [Lizzi] Rix-Ueno, 1893-1967)*の世界初の包括的回顧展を開催します。芸術爛熟期のウィーンに生まれたリチは,ウィーン工芸学校卒業後,ウィーン工房の一員として活躍し,日本人建築家・上野伊三郎との結婚を機に京都に移り住みます。
戦前はウィーンと京都を行き来しながら,壁紙やテキスタイルなどの日用品や室内装飾など多彩なデザインを手がけました。戦後は夫婦ともに現在の京都市立芸術大学で教べんをとり,後にはインターナショナルデザイン研究所を設立して,後進の育成にも尽力しました。
本展は,京都国立近代美術館所蔵の多くのリチ作品に加え,オーストリア応用芸術博物館/現代美術館(ウィーン)など国内外の機関からリチそして関連作家の作品を招来し,約370件によって色彩豊かな魅力あふれるリチのデザイン世界の全貌を明らかにします。 
  [関連イベント]
講演会:「上野リチの仕事:ウィーンからきたデザイン・ファンタジーと京都」
日時:2021年12月4日(土)14:00~15:30
講師:池田祐子(当館学芸課長)
場所:京都国立近代美術館 1階講堂
定員:先着50名・事前申込制
参加費:無料
※お申し込みの詳細につきましては後日ホームページでご案内いたします。  
詳しくは:
https://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2021/444.html



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533