HP内の目次へ・検索もできます! 『なぜ風は吹くのか -気候変動の歴史と地球温暖化-』

5634号      5637号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻5635号 2008年8月13日


『なぜ風は吹くのか
-気候変動の歴史と地球温暖化-』


著:マッシス・レヴィ
共訳:望月重、浜本卓司
発行:鹿島出版会
定価:2,520円(本体2,400円+税5%)
218p19cm
978-4-306-09392-8
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
気候変動に関する理解が時代とともに深まってきた様子を、人々の歴史的冒険に結びつけながら解説していく物語。氷河期サイクルなどのマクロ現象から、今日の地球温暖化まで、変わりゆく気候についての興味深い読物。
[主要目次]
1.シベリアからやってきた――気象学と天候の起源
2.パタゴニアの海流――マジェランの38日間の冒険
3.風力10――海賊たちの沈んだ宝石
4.ハリケーンの強さ――安心できる土地はない
5.ドロシーの竜巻――大平源のトルネードとサイクロン
6.最後の大冒険――気球飛行による世界横断
7.三態変化――雲が流す涙
8.世界の頂上の征服――雪、吹雪、そして雪崩
9.不沈艦タイタニック――氷山に引き裂かれた口
10.モンスーンと強風――死と再生
11.文明の発祥地――洪水がナイルの谷を肥沃にする
12.現代の洪水――ミズリー川とミシシッピ川
13.エル・ニーニョ――不思議な海流
14.変わりゆく気候――地球温暖化と変えられた未来
付録A 風のエネルギー
付録B 水のエネルギー



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533