HP内の目次へ・検索もできます! 京都建築専門学校 学校案内2009 『京都建築専門学校宣言』

5598号      5603号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻5599号

『京都建築専門学校オープンスクール』-建 築 科 / 建築科二部 / 伝統建築研究科-










京都建築専門学校 学校案内2009
『京都建築専門学校宣言』が出来ました。

ご希望される方は無料でお送りいたします。
ご氏名、ご住所、連絡先をお知らせください。

京都建築専門学校 事務局
TEL:075-441-1141
FAX:075-441-7330

メール 
理事長・学校長からのメッセージ
■ 理事長メッセージ 学校法人京都建築学園理事長 安井孜

「京都には巧みな技と誇り高い心を活かした伝統的建造物が数多く保存されています。本校でも創立50周年の期に、伝統の住まいの生きた教材とすべく、よしやまち町家校舎を整備しました。本校で学ばれる皆さんには、現代の建築技法はもとより、21世紀の世界を見据えて、歴史と自然を護り、伝統の豊かな文化を受け入れる都市や住まいのあるべき姿を模索し、実現して行かれることを望みます。」


■ 学校長メッセージ
学校法人京都建築学園学校長 三上皓造
京都府文化財保護課出身、文化財建造物修理技術者

平安時代から都があった京都には長い歴史と文化があり、常に新しい文化も取り入れられて来て、数多くの内外の人々がその魅力に惹かれて訪れています。京都には平安時代から明治時代まで数多くの美しく優れた文化財建造物が名勝庭園や美術品とともにあり、本校は市内中央部にあるので、どこへ出かけて行っても実物の教材に接することが出来ます。優れた伝統的技法と精神によって入念に良材を組んで建てられた社寺建築や、その技法と精神を以て建てられた数多くの町家には、戦後以来の経済下で建った家屋とは比べものにならない匠の技と知恵と良心が込められており、これらを学ぶことにより得られるものは大変大きいと思います。本校には建築の各分野に亘って経験豊富な講師たちが活動しており、学生数の割に教員が多いので、親密に二級建築士受験の基礎から木造から鉄筋コンクリート造、鉄骨造、そして伝統建築まで全てが学べます。

詳細は京都建築専門学校のホームページで


DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533