HP内の目次へ・検索もできます!  『平成19年11月改訂 不動産の評価・権利調整と税務』

5145号      5147号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻5146号

『平成19年11月改訂
不動産の評価・権利調整と税務』


著:税理士・不動産鑑定士
鵜野和夫
発行:清文社
定価:3,990円(本体:3,800円+税5%)
A5・1,068p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
平成18年度不動産協会優秀著作奨励賞受賞!!
だれもが知りたい土地・建物の評価方法、権利調整・土地有効利用の手法や複雑難解な税務のしくみを、豊富な実務経験をもとに、わかりやすく、そして丁寧に解説。
各種資産税取扱いの適用期限見直しや減価償却制度の改正、住宅ローン税制等、最新情報にもしっかり対応!
<主要目次>
第1編 一般の土地売買のときの評価と税務のコンサルティング
第1章 妥当な土地価格をコンサルティングするために、どのように土地を評価し、
     当事者に納得させるか
第1節 土地評価に公示価格を利用できるか。そして公示価格とは
第2節 公示価格等を利用して、土地評価をする簡便法を会得する
第3節 相続税路線価および評価通達付表を利用して、土地評価をする簡便法を会得する
第2章 土地・建物を買う人や贈与・相続を受ける人への税金のコンサルティング
第1節 土地・建物の取得に関する贈与税・相続税対策のさまざま
第2節 土地取得に関する印紙税・登録免許税・不動産取得税・固定資産税・都市計画税・消費税
第3節 住宅を新築したり、住宅を購入した場合には、「住宅ローン控除」の適用で、税額が安くなる
第4節 非居住者や外国法人からの土地・建物の購入には源泉徴収
第3章 土地・建物を売る人への税金のコンサルティング-個人が売った場合
第1節 所得税の構造を明らかにし、そのなかで、土地・建物の譲渡は、どのように取り扱われているかを把握する
第2節 土地・建物の譲渡所得と税金の計算の仕方
第3節 特別の場合で土地・建物の譲渡に関する所得税が軽減される場合
第4節 土地・建物の譲渡が事業所得・雑所得になる場合
第4章 土地を売る会社への税金のコンサルティング―法人の場合
第2編 借地に関する種々の権利とその評価と税務
第5章 借地権とはどういうものか。借地に関して、どういう権利関係があり、それらの価格はどうなっているか
第1節 借地権とこれをめぐる権利調整
第2節 借地権以外の土地使用権
第6章 借地に関連して、どのような税金が課せられているか。そして、その節税方法は
第1節 借地等をめぐる税務は
第2節 親族・同族会社等の特殊関係者間の借地の税務
第3編 建物を建築して土地を利用するときのコンサルティング-そのときの貸家と借家権の法律と税務-
第7章 貸アパート、貸マンション、貸ビルのコンサルティング
第1節 貸アパート、貸ビル等の事業計画と税務
第2節 貸家と借家権の法律と評価
第3節 マンション・ビル等を建設して賃貸したときの相続税
第8章 共同ビルの基本形態、運営、権利調整、評価、税務のコンサルティング
第9章 等価交換方式による賃貸マンション、ビルの権利調整、評価と税務のコンサルティング



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533