HP内の目次へ・検索もできます! 『建築家が建てた幸福な家 続』

5137号      5140号  


京都発大龍堂:メールマガジン通巻5138号

建築家が建てた幸福な家

『建築家が建てた幸福な家 続』

著:松井晴子
写真:村角創一
発行:エクスナレッジ
定価:2,310円(本体2,200円+税5%)
255p21cm
4-7678-0671-2
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
竣工したばかりの住宅は、建築家の哲学や気負いが強すぎて、建築家の「作品」としてみれば素晴らしいものかもしれないが、歳月をかけて住み込んできた住宅の魅力にはかなわない(まえがきより)。二〇年、三〇年後の名作住宅完結編。
<目次>
硬質な素材を使った家は住み手と年月の力で柔らかい表情に
―桑原の住宅 築二十六年/設計 長谷川逸子;
住人が変わってもインパクトを与え続けている大きな階段のある家
―STUDIO STEPS 築二十七年/設計 山本理顕;
建築家のコンセプトを守り続けてきた遊び心のある家
―積み木の家1 築二十六年/設計 相田武文;
三世代同居のよりどころになった根付き丸太のある家
―塚田邸 築二十五年/設計 六角鬼丈;
素材のテクスチュアが今も感じられるコンクリートブロック造の家
―夫婦屋根の家 築三十八年/設計 山下和正;
外部に対して閉じたシンメトリーの家は天窓のある外部空間を内包
―青山南町の住宅 築三十三年/設計 富永譲;
ガラスの外皮とアルミ格子で自然を制御する立方体の家
―風格子の家 築二十三年/設計 葉祥栄;
外と内が支え合って住環境を育んできた都市型の「終の棲み家」
―代々木の家 築二十一年/設計 平倉直子;
災害にあっても改修を選んだスケルトン&インフィルの家
―調布の家 築二十二年/設計 黒川哲郎;
半円形の窓とペンガラ色の壁が住宅地を特徴づけてきた家
―夙川の家 築三十一年/設計 出江寛〔ほか〕



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533