HP内の目次へ・検索もできます! 『CASABELLA』 『CASABELLA JAPAN +日本語版リーフレット』-  最新号~754(創刊号)

5122号      5128号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻5126号 2017年8月7日


『Casabella Japan 875・876号』『Casabella Japan 875・876号』『Casabella Japan 875・876号』
-特集:特別寄稿:安藤忠雄 Ⅰ-

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)(2冊 1組)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
特別寄稿:安藤忠雄 Ⅰ
展覧会「挑戦」の開催に向けて Ⅰ|安藤忠雄

集合住宅:戦略、モデル、実験〈1/3〉
集合住宅:戦略、モデル、実験|CASABELLA編集部
イナ・カーサ計画、1949-63年|パオラ・ディ・ビアージ
ピエル・パオロ・パゾリーニとローマの郊外
ロスタ・ヌオーヴァのイナ・カーサ団地[レッジョ・エミリア、1956-1961]|
 フランコ・アルビーニ、フランカ・ヘルク、エネア・マンフレディーニ
スウェーデン式ではなくわがエミリア式の」団地|マルコ・ムラッツァーニ
ロスタ・ヌオーヴァのグイド・グイーディ|グイド・グイーディ、マリアーノ・アンドレアーニ[撮影]

「デ・インウェンティオーネ(発明・構想論)」:文化空間の修辞学
サーラ・ベケット|フロレス&プラーツ・アルキテクトス
残滓。責務と創造:フロレス&プラーツの近作|フアン・ホセ・ラウエルタ
アラウコ文化センター|エルトン+レニス・アーキテクトス
チリ、2010年津波災害以後の復興:ある共同体のための中枢|マルコ・ビアージ
カイシャ・フォーラム/セビリア|ギリェルモ・バスケス・コンセグラ
蟹と蝶|アルベルト・アルティーニ
ピエール・ブーレーズ・ザール/バレンボイム=サイード・アカデミー|
 フランク・ゲーリー+ダニエル・バレンボイム
音楽のおかげで共にある|フランチェスコ・ダルコ

ブックレビュー:『建築家バーナード・ルドフスキー』ウーゴ・ロッシ著[クレアン、2016年]
「新しい建設方法は要らない。われわれに必要なのは新しい生き方だ」バーナード・ルドフスキー|
 マリア・ボナイーティ

CASABELLA JAPAN リポート<『CASABELLA JAPAN』創刊10周年・特別記念講演会〉
私の歩んだ道:グレン・マーカット、安藤忠雄、フランチェスコ・ダルコ|小巻哲

『Casabella Japan 874号』
-特集:ガビネテ・デ・アルキテクトゥーラ:
ソラーノ・ベニテス、グロリア・カブラル-

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)(2冊 1組)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
ガビネテ・デ・アルキテクトゥーラ:ソラーノ・ベニテス、グロリア・カブラル
 ほかと違うふうに建てる|マルコ・ビアージ
 父の墓、ガビネデ・デ・アルキテクトューラ事務所、ユニリーバ社屋、エスメラルディーナ邸、
 アブ&フォント邸/ガビネテ・デ・アルキテクトゥーラ新事務所、L・A邸、
 テレトン児童リハビリテーション・センター、コラル叔母さんのバーベキュー場、
 「包囲を破る」、アスンシオン国立大学建築・デザイン・芸術学部スポーツセンター|
 ガビネテ・デ・アルキテクトゥーラ
修復/既存建物
 コンデスタブレの家|タブエンサ&レアチェ・アルキテクトス
  歴史の捏造に抵抗するヴォイド|フェデリコ・ブッチ
 カンニケゴルテン|ルンゴー&トランベア・アーキテクター
  空間、時間、簡素さ|アルフレード・ザッパ
 コルテ・ベルテジーナ|トラヴェルソ+ヴィギー・アルキテッティ
  既存建築の再生|マルコ・ムラッツァーニ
 カンツハイム:旧司教区神学校とブドウ農園、馬車小屋、オレンジ温室の修復|ックス・ドゥドラー
  細かな砂|アンナリーザ・トレンティン
ゴードン・バンシャフト
 ゴードン・バンシャフト 2/5:ファースト・シティ・ナショナル・バンク・ビルディング
  &パヴィリオン、1960年|ニコラス・アダムス
ブックレビュー I:『エットレ・ソットサス:ガラス作品』
 ルカ・マッシモ・バルベロ編[スキラ、2017年]
  エットレ・ソットサス:ガラス作品|フランチェスコ・ダルコ
ブックレビュー II:『あるコルビュジエ』
 フランソワ・シャラン著[エディシオン・ドゥ・スイユ、2015年]
  ところで……:ル・コルビュジエに関する説得力ある本|マリア・ボナイーティ
CASABELLA JAPAN レクチャー
 〈建築家はどのように世界を見つめたか 第3回〉
  定石を打ち破る|横手義洋

『Casabella Japan 873号』
-特集:火を使って建てる-

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)(2冊 1組)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
火を使って建てる
01. ラ コリーナ:銅屋根、草屋根、栗百本、草回廊|藤森照信+中谷弘志
いのちを見つめる場所─たねやグループと藤森照信氏の建築|山本昌仁
02. 神の造り給うた自然と人のつくる建築の関係をどうするか|藤森照信
04.アトリエ・マルコ・バニョーリ|トティ・セメラーノ
足跡に変わるのを待ちながら|ジャン=マリー・マルタン
外被のバリエーション
05. YKK80ビル|日建設計
今日、クオリティはどこで生みだされるのか|アウグスタ・マン
07.バサ市職業訓練センター|ダロカ+フィエロ
再びアルカサバ城塞に登る|マルコ・ムラッツァーニ
08. トランプ・テクノロジー・センター|バルコウ+ライビンガー
ロー・バジェット、グッド・クオリティ|アルフレード・ザッパ
51N4E
09.C鉱山文化センター|51N4E
かつての石炭採掘場から文化が創造される|マルコ・ビアージ
ケレ・アーキテクチャー
11.ショルジュ高等学校|ケレ・アーキテクチャー
慰撫する風と快適な影|マッテオ・ヴェルチェッローニ
12.ガンドとベルリンを行き来して:ディエベト・フランシス・ケレへのインタビュー|カミッロ・マーニ
[聞き手]
コロッセオ:ひとつのアイコン
14.コロッセオ:ひとつのアイコン|フランチェスコ・チェッリーニ、マリア・マルガリータ・セガッラ・
ラグーネス[展示デザイン]
コロッセオを展示設営する|マルコ・ムラッツァーニ
ブックレビュー:『ウッフィーツィの建設。ギャラリーの誕生』
16.クラウディア・コンフォルティ、フランチェスカ・フニス著[エルメス、2016年]
ウッフィーツィ:権力は不可視のまま他所に住まう|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN リポート
18. 『CASABELLA JAPAN』創刊10周年記念・日本建築ツアー:マルコ・ビアージ氏に聞く|小巻哲
CASABELLA JAPAN レクチャー
22.〈いかに建築空間は思考されるか 第17回〉
ル・コルビュジエという神話[5]|岡田哲史

『Casabella Japan 872号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)(2冊 1組)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
ミラノ
01. フェルトリネッリ財団|ヘルツォーク&ド・ムーロン
建築と歴史|フランチェスコ・ダルコ
05. 再び成長するミラノ:「第3のルネサンス」の力と限界|ロベルト・カマーニ
08.ボッコーニ大学|妹島和世+西沢立衛/SANAA
多様性の約束|カミッロ・マーニ
工房、アトリエ、小ミュージアム:アーティストの空間と場
09. アトリエ・コレア|スミルハン・ラディック
限界の実践|ジョヴァンナ・クレスピ
11.カルガレイロ美術館/工房 | アルヴァロ・シザ
アルヴァロ・シザと引き算の芸術 | フランチェスコ・ダルコ
13. サン村のアトリエ|ノット・ヴィタル
自然な人工へのオマージュ| ジョヴァンナ・クレスピ
14.彫刻と建築の間で生きる:ノット・ヴィタルとの対話|ジョヴァンナ・クレスピ[聞き手]
16.アトリエ・カーン|アルマンド・ルイネッリ
ジャコメッティとセガンティーノ所録の地のアーティスト| フランチェスカ・キオリーノ
17.アキッレ・カスティリオーニのアトリエ|グイド・グイーディー[撮影]
17.カスティリオーニの批判的デザイン:ミラノ、カステッロ広場のアトリエに再現されたヴィッラ・
オルモの展示| ダリオ・スコデラー
19.アルビゾラのアトリエ|アスガー・ヨルン
野生の建築について| ギー・ドゥボール
20.エットレ・グアテッリ美術館|エットレ・グアテッリ
数と貧しさ:記憶に残る撞着語法| マッシモ・フェッラーリ
CASABELLA JAPAN レクチャー
建築家はどのように世界を見つめたか 第2回
22. イデアは永遠に |横手義洋

『Casabella Japan 871号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)(2冊 1組)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
典礼は霊性の舞台ではない
01. 目的と意味:典礼教育|フランチェスコ・ダルコ
典礼適正化
04. サンタ・マリア・アンヌンツィアータ・イン・キエーザ・ロッサ教会の修復|ダン・フラヴァン
05. レッジョ・エミリア大聖堂の典礼適正化|
ヤニス・クーネリス、長澤英俊、クラウディオ・パルミッジャーニ、エット・スパレッティ
05. サン・フェデーレ教会内部の主教美術巡礼路|
ニコラ・デ・マリア、ヤニス・クーネリス、ミンモ・パラディーノ、クラウディオ・パルミッジャーニ、シーン・シャナハン、デヴィッド・シンプソン
06. サンタンドレア大聖堂の典礼適正化|パオロ・ツェルマーニ マントヴァのサンタンドレア大聖堂の建築と典礼の改革|マッシモ・フェッラーリ
08.サンクトガレン大聖堂のための典礼調度|カルーゾ・セントジョン・アーキテクツ 時の流れの中で:ザンクトガレン大聖堂のための聖具|フェデリコ・トランファ木の建築
09. ロムスダール民族博物館|レイウルフ・ラムスタッド アイデンティティを探して|マッシミリアーノ・ サヴォッラ
11. 祇園精舎仏教センター|サメープ・パドラ&アソシエーツ 宗教的選択によって社会的代償への参画を目指す、作家性のある建築|マルコ・ビアージ
12.フォレスト・ビルディング|フア・リー / TAO 人工的に自然な|ミケーレ・ボニーノ
14. アートラボ / スイス連邦工科大学ローザンヌ校 |隈研吾建築都市設計事務所 技術をヒューマンなも
のにする:ひとつ屋根の下の今日的挑戦|フランチェスカ・キオリーノ
16.アブラナ畑からメガストラクチャーへ:スイス連邦工科大学ローザンヌ校の略史|ニコラ・ブラギエーリ
SOM ──── 米国空軍士官学校
17. 米国空軍士官学校ポラリス・ホール|SOM SOMニューヨーク vs. SOMシカゴ vs. SOMサンフランシスコ: SOMニューヨークの勝利|ニコラス・アダムス
CASABELLA JAPAN レクチャー いかに建築空間は思考されるか 第16回
22. ル・コルビュジエという神話[4]|岡田哲史

『Casabella Japan 870号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
METRO+マッシモ・ボットゥーラ
01. レフェットリオ・ガストロモティバ|METRO+マッシモ・ボットゥーラ
簡素さの知的で高尚な使い方は、最高のシェフと最も優秀な建築家も結びつける|フランチェスコ・ダルコ
01.尊厳を取り戻すこと|マッシモ・ボットゥーラ
教会を解釈する2つの方法
03. プラヤ・グラナダの教会|エリサ・バレロ・ラモス
本質に向かって|ジョヴァンナ・クレスピ
04.ペンテコステ教区センター|ボリス・ポドレッカ
色彩、光、記憶の戯れ|ジャン=マリー・マルタン
3つの住宅
06. イブレオ高山の家|モラーナ+ラオ
風景を住まう|マッシモ・フェッラーリ
07. フローリスト・スタジオ|小川晋一
支えるスラブ、それを覆うスラブ:すなわち住宅において排除できないもの|マッシモ・フェッラーリ
09.オエイラスの住宅|ペドロ・ドミンゴス
バラガンの光に照らされて|フェデリコ・トランファ
エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ──再生、修復、再建
11. サン・ロレンソ・ド・バロカル農地の再生|エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
偽装が常に嘘とはかぎらない|マルコ・ムラッツァーニ
ウルコ・サンチェス
13.SOSチルドレンズ・ヴィレッジ|ウルコ・サンチェス
メディナを再解釈する|カミッロ・マーニ
ゴードン・バンシャフト
15.ゴードン・バンシャフト、1909-1990|ニコラス・アダムス
17.ゴードン・バンシャフト 1/5:ニューヨーク万国博覧会ヴェネズエラ館、1939年|ニコラス・アダムス
CASABELLA JAPAN リーディング
20.レオン・バッティスタ・アルベルティ、想像の画家:読書家にして著述家アルベルティの肖像|
アルベルト・ジョルジョ・カッサーニ
CASABELLA JAPAN レクチャー
建築家はどのように世界を見つめたか 第1回
22.誰がために建築はあるか|横手義洋

『Casabella Japan 869号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
編集言
01 28×31:『CASABELLA』2017|CASABELLA編集部
ジャック・ロンドン
02 美しき家|ジャック・ロンドン
06 ジャック・ロンドン[1876-1916]、美しき家ラ・カーザ・ベッラ|CASABELLA編集部
アルヴァロ・シザ+エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
06 ナポリ地下鉄:ムニチピオ駅|アルヴァロ・シザ+エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
06 時の二重性|フランチェスコ・ダルコ 08.? ナポリ:地下鉄の駅|ロベルト・コッロバ
グレン・マーカット
12 パームビーチのニューハウス|グレン・マーカット 自らの運命を握るプロジェクト|フランチェスコ・ダルコ
アンドリュー・バーマン
14 意図的な曖昧さ:アンドリュー・バーマンの仕事|ゲオルク・ヴィンデック
17 アイルズボロの住宅、スカルプチャー・センター、ステイプルトン地域図書館、ウォーターミルの住宅、MOMA PS1、ラーチモントの住宅、執筆スタジオ、建築センター、ホワイト・スペース・スタジオ、ウッド・ハウス|アンドリュー・バーマン
ブックレビュー:『ピラネージの失われた言葉』
20 ヘザー・ハイド・マイナー著[ペンシルベニア州立大学出版局、2015年] ピラネージ:言葉とイメージ|エレオノーラ・ピスティス
CASABELLA JAPAN レクチャー いかに建築空間は思考されるか 第15回
21 ル・コルビュジエという神話[3]|岡田哲史

『CASABELLA JAPAN 868(2016年12月号)』『CASABELLA JAPAN 868(2016年12月号)』『Casabella Japan 868号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
飛行船の最後の巣 ─ Ⅱ ─
01. 飛行船格納庫アトラス:2016年版[第2部]|セルジョ・ポラーノ
カシェフ・マーブーブ・チョウダリ
09. フレンドシップ・センター|カシェフ・マーブーブ・チョウダリ/ウルバナ
風景に浸って|カミッロ・マーニ
「流行の(ア・ラ・モード)」大学建築
11.「流行の」大学建築|CASABELLA編集部
12. コーエン・コート/ケンブリッジ大学チャーチル・カレッジ|6aアーキテクツ
決してモダンにならない|フェデリコ・トランファ
14.戦略的な投資|フェデリコ・トランファ
15.知識の家/ルクセンブルク大学|
バウムシュラーガー・イーベルレ/クリスチャン・バウアー&アソシエ
溶鉱炉の廃墟に囲まれて学ぶ|マルコ・ビアージ
17. ピウラ大学|バークレイ&クルス・アーキテクチャー
空間は気候に従う。熱帯の太陽の下で|フランチェスコ・カッチャトーレ
ピエール=ルイ・ファロシ
19.地域圏市民センター/ウェンデル城|ピエール=ルイ・ファロシ
モダニティの錆に抗する「ビーム=住居」|フェデリコ・ブッチ
CASABELLA JAPAN レビュー
21. 大髙正人の仕事の全貌を伝える|中島直人
CASABELLA JAPAN 2016年度 総目次
24.監修者として思うこと|小巻哲

『Casabella Japan 867号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
飛行船の最後の巣 ─ I ─
・ 飛行船格納庫アトラス:2016年版[第1部]|セルジョ・ポラーノ
スポーツのための建築
・ カヌー競技高能率トレーニング・センター|
スパシアラル=テ/アルヴァロ・フェルナンデス・アンドラーデ
風景の襞の間|マッテオ・ヴェルチェッローニ
・ トゥッソルス=バジル陸上競技場|RCRアルキテクテス
優美なスティール|マッテオ・ヴェルチェッローニ
・ モントリオール・サッカー・スタジアム|
ソシエ+ペロット・アルシテクテ/HCMAアーキテクチャー+デザイン
二重のゲーム|マッテオ・ヴェルチェッローニ
3つのミュージアム
・ スイス国立博物館|クリスト&ガンテンバイン
増築の技と術について:エマヌエル・クリストとの対話|エンリコ・モルテーニ[聞き手]
・ ニジャーナ石柱彫刻博物館|グイド・カナーリ
かくも遠く、かくも近い|キアラ・バリオーネ
・ フリオ・C・テージョ・パラカス遺跡博物館|バークレイ&クルス・アーキテクチャー
砂漠の砂塵の中で建てる|ジョヴァンナ・クレスピ
CASABELLA JAPAN リーディング
・ モダニティの究極:建築家ミース・ファン・デル・ローエ|エドアルド・ペルシコ

『Casabella Japan 866号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
スイスの謎:5
・5/5──グラウビュンデン:健全な生活の州|クリストフ・クブラー
・ベアルス&デプラゼスの5作品|フェデリコ・トランファ
フェラの学校建築、セヴガインのタワーハウス、モンテローザ山小屋、OKK保険社屋、
サンモリッツのプール&スパ|ベアルス&デプラゼス
スペイン的傾向
・スペイン的傾向|CASABELLA編集部
・ルゴのオーディトリアム|パレデス+ペドローサ・アルキテクトス
本質のエコノミー|エミリオ・トゥノン
・トロワの県庁舎増築と新会議場|リナサソーロ&サンチェス・アルキテクトゥーラ
慣習をまねずに隣人と良好な関係を結ぶ|アルフレード・ザッパ
仕事の場、労働のための場
・仕事の場、労働のための場|CASABELLA編集部
・メリンダ工場|ストゥディオ・アッザーリ
メリンダ工場|アルフレード・ザッパ
・スカイ・フレーム本社社屋|ペーター・クンツ
スカイ・フレーム本社社屋|フェデリコ・トランファ
・LISTカスタマーセンター|クリスト&ガンテンベイン
LISTカスタマーセンター|フェデリコ・トランファ
・リックスハイム町立テクニカル・センター|MFAアーキテクツ / ニコラ・マルティノーリ
リックスハイム町立テクニカル・センター|アルフレード・ザッパ
歓待の空間
・ズウィン自然公園ビジターセンター|クーゼー&ホリス・アルキテクテン
公園のビジターセンター|マルク・デュボワ
・フランツェンフェステ城砦の西棟改修|マルクス・シュエラー
ある古城の博物館とレセプション・センター|マルコ・ムラッツァーニ
ブックレビュー:『TWAを設計する:
エーロ・サーリネンによるニューヨークの空港ターミナル』
・コーネル・リンリ著[パーク・ブックス、2015年]
スタイル・フォー・ザ・ジョブ|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN レビュー
・フィレンツェの捨子養育院博物館に思うこと|小巻哲

『Casabella Japan 865号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
編集言
・建築家の名前を省く:これはイタリアの慣習なのか?|フランチェスコ・ダルコ
3つのミュージアム
・インノチェンティ捨子養育院博物館|カルロ・テルポリッリ / イポストゥディオ
類例のない600年の歴史|マルコ・ムラッツァーニ
・6月24日、フィレンツェ守護聖人洗礼者聖ヨハネの祝日:インノチェンティ博物館訪問|
アドルフォ・ナタリーニ
・グラウビュンデン州立美術館|ファブリツィオ・バロッツィ / アルベルト・ベイガ
バロッツィとベイガ、厳格さとアイロニー|マッシモ・フェッラーリ
・クールのジャコメッティ|マッシモ・フェッラーリ
・.アバテ・ペドローサ市立美術館/現代彫刻国際美術館|アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ、エドゥアル
ド・ソウト・デ・モウラ
2つでひとつ / 2つの中のひとつ|マルコ・ムラッツァーニ
・アルヴァロ・シザの「襞」|エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
レンゾ・ピアノ
・スタブロス・ニアルコス財団文化センター|レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップ
アテネで灯りが消えている間に、アッティカの光に包まれる|フェデリコ・ブッチ
リチャード・ロジャース
・レドンホール・ビル|ロジャース・スターク・ハーバー+パートナーズ
ジャン・プルーヴェが言ったとおり、「明瞭で飾りのない工法が装飾要素になる」時|
フランチェスコ・ダルコ
ブックレビュー:『ルネサンス期イタリアで建築家になること。
芸術、科学、バルダッサーレ・ペルッツィのキャリア』
・アン・クレア・ハッパート著[イェール大学出版局、2015年]
画家はいかにして偉大な建築家になるか|マッシモ・ブルガレッリ
CASABELLA JAPAN レクチャー〈いかに建築空間は思考されるか 第14回〉
・ル・コルビュジエという神話[2]|岡田哲史

『Casabella Japan 863-864号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
スイスの謎:4
01.4/5──バーゼル:スタジオ・バーゼル|スタニスラウス・フォン・モース
05.バーゼル市立美術館増築|クリスト&ガンテンベイン
OMA:ヴェネツィア、ドイツ人商館の再建/修築
06. ドイツ人商館|
OMA──レム・コールハース、イッポリート・ペステッリーニ、シルヴィア・サンドル はるかに不思議な
 狂想が踊りはじめるところ。ヴェネツィア、ドイツ人商館、
OMA:パラドクスと再創造|フランチェスコ・ダルコ
隠された記憶
12.隠された記憶|CASABELLA編集部
13.メスナー山岳博物館映像ホール|ヴェルナー・ツコル
宙吊りのカメラ・オブスキュラ|フランチェスカ・キオリーノ
14.オーストリア=ハンガリー軍ポッツァッキオ砦 / ヴェルク・ヴァルモルビア|
フランチェスコ・コッロッティ / ジャコモ・ピラッツォーリ 回復された節度|マッシモ・フェッラーリ
16.チャムジーラ金鉱山ビジターセンター|コッラード・ビネル / EM2アーキテクテン アルプス金鉱の熱|
 フランチェスカ・キオリーノ
美しき家 カーザ・ベッラ
18. ケロル・ハウス|アルベルト・モレル・シクスト 数と物事の威力を知悉した建築家の作品における
 尺度と素材|ヘスース・アパリシオ・ギサド
19.2Y邸|セバスチャン・イララザバル マプーチェ族の地に建つ赤いダイヤグラム|
 ジョヴァンナ・クレスピ CASABELLA JAPAN リポート
21. 第15回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展:最前線からのリポート|西村清佳
CASABELLA JAPAN トーク
25. グリッドの特性[3]|藤井博巳

『Casabella Japan 862号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
コルマールのヘルツォーク&ド・ムーロン
 イーゼンハイム祭壇画|マティアス・グリューネヴァルト[画]
「人類に襲い掛かる一切の恐怖がこの絵の中に先取りされている」|エリアス・カネッティ
 ウンターリンデン美術館|ヘルツォーク&ド・ムーロン
グリューネヴァルトが描く「伝染病患者たちのキリスト」を巡って生まれた完全なる美術館|
フランチェスコ・ダルコ
マックス・ドゥドラー
 ハンバッハ城ビジターセンター、ヨハニスベルク公園情報館、
シュパーレンブルク要塞ビジターセンター|マックス・ドゥドラー
マックス・ドゥドラー:3つのビジターセンター|ジョヴァンナ・クレスピ
安藤忠雄
 森の教会|安藤忠雄
三角形と光の遊戯|ジャン=マリー・マルタン
ヨーロッパの学校建築
 プランジャンの保育園|ピエール=アラン・デュプラ
地形の創造|ニコラ・ブラギエーリ
 ジョアン・ロドリゲス中等・高等学校|アダルベルト・ディアス
ポルトの手法で|マルコ・ムラッツァーニ
 アレクサンダー・ランガー学校|MoDusアーキテクツ
教育のための近代的空間|マッシモ・フェッラーリ
エドゥアルド・トロハ
 エドゥアルド・トロハ研究所|エドゥアルド・トロハ
マドリードのエドゥアルド・トロハ研究所|パパ・カッシネッロ
エドゥアルド・トロハ:構造エンジニアにして哲学者|マッシミリアーノ・サヴォッラ
CASABELLA JAPAN ニュース
 2016年フオーリサローネ報告|上田敦子
CASABELLA JAPAN レクチャー
 いかに建築空間は思考されるか 第13回
ル・コルビュジエという神話[1]|岡田哲史

『Casabella Japan 861号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
ヴェネツィア、サンソヴィーノ、ミゼリコルディア大信徒会
01.ヤコポ・サンソヴィーノによるヴェネツィアのスクオラ・グランデ・ディ・サンタ・マリア・
  デッラ・ミゼリコルディアを巡る未完の物語とその修復|マヌエラ・モッレージ
KWKプロメス|OMA
05. シュチェチン国立博物館/『大発見』対話センター|KWKプロメス
自由解放記念に捧げる静かな声|ジャン=マリー・マルタン
07.「ティメルハウス」|OMA
空に浮かぶ城に凝縮された都市性|マルコ・ビアージ
アイレス・マテウス|アンドレア・ミラーニ|OTO
09.エネルギアス・デ・ポルトガル新社屋|アイレス・マテウス
技術者によるマヌエル&フランシスコ・アイレス・マテウス設計のリスボンEDP新社屋の解説|
ルイ・フルタド、アルマンド・ヴァレ、マルコ・カルヴァーリョ、ラウル・セラフィン
12.ラ・バレーナ保育園|アンドレア・ミラーニ
トスカーナの風景に現れた驚き|マルコ・ムラッツァーニ
14.フォゴ島自然公園管理本部|OTOアルキテクトス
フォゴ島:火山クレーターの中のビジター・センター|マッテオ・ヴェルチェッローニ
スイスの謎:3
16.3/5──チューリヒ:ツー・ライヒ / あまりに豊かな土地|イリナ・ダヴィドヴィチ
18.シティ・ウェスト地区のゾリー・タワー|マルセル・マイリ、マルクス・ペーター・アーキテクテン
ブックレビュー:『偉大なる時代。ポルトガルの近代建築における文化と技術』
19.アナ・トストインス著[ポルト大学建築学部出版局、2015年]
ポルトガル世界|マルコ・ムラッツァーニ、フェデリコ・トランファ
CASABELLA JAPAN リーディング
21.アルド・アンドレアーニの宇宙:調和、混交、不協和音|キアラ・バリオーネ
CASABELLA JAPAN ニュース
24. 2016年ミラノサローネ報告|上田敦子

『Casabella Japan 860号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
ミラノの工事現場
 工事現場──ミラノ|ステファノ・トゥプントリ[撮影]
写真による3組の傑作の歴史|CASABELLA編集部
 カ・ブルッタの保存・補修プロジェクト|
ジョヴァンニ・ムツィオ[設計]、スタジオ・ファイファー&ライモンディ[保存計画]
ジョヴァンニ・ムツィオ、改修されたカ・ブルッタ|フルヴィオ・イラーチェ
ショーン・ゴッドセル
 ニューサウスウェールズ州立美術館・設計競技案|ショーン・ゴッドセル
ショーン・ゴッドセル:非現実的な現代性|フランチェスコ・ダルコ
記念碑、ミュージアム、アーカイヴ
 フェヒテン砦博物館|アンネ・ホルトロップ
「物事は常に建築として捉えられる」|エンリコ・モルテーニ
 リジエラ・ディ・サン・サッバ博物館・新展示室|フォティ/パリアーロ
リジエラ・ディ・サン・サッバ博物館の展示空間|マルコ・ムラッツァーニ
 ビオレータ・パラ美術館|クリスティアン・ウンドゥラーガ
サンティアゴのビオレータ・パラ美術館|マッシモ・フェッラーリ
 フェデリコ・ガルシア・ロルカ文化センター|MX_SI
成功した設計競技|ジョヴァンナ・クレスピ
ブックレビュー:『復興期イタリアの建築。モダニティvs.近代化、1945-1960』
 カルロ・メログラーニ著[クオドリベット、2015年]
建築家よ、お前もか?|フェデリコ・ブッチ
CASABELLA JAPAN トーク
 グリッドの特性[2]|藤井博巳

『Casabella Japan 859号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
マンシーリャ+トゥニョン|ピエール=ルイ・ファロシ
01. 王室コレクション美術館|マンシーリャ+トゥニョン・アルキテクトス
加えるのではなく引く。ルイス・マンシーリャとエミリオ・トゥニョンの代表作における
場の知性と厳密さ|ルイス・ロホ
04.ヴァルミー1792歴史センター|ピエール=ルイ・ファロシ
「新しい歴史」が始まる場所|フェデリコ・ブッチ
セバスチャン・イララザバル
07.コンスティトゥシオン公立図書館|セバスチャン・イララザバル・アルキテクトス
資源─建物─建築:大地震後もサステイナビリティを諦めないチリ|マルコ・ビアージ
ザウアーブルッフ+ハットン
09.ハガー・フォーラム、トゥー・ニュー・ラドゲイト|ザウアーブルッフ+ハットン
場、フォルム、色彩|ピーター・ブランデル=ジョーンズ
オディール・デック|桑原賢典
15. サンタンジュ・レジデンシー:芸術家のための住居とアトリエ|
ストゥディオ・オディール・デック
住む展望台|マッテオ・ヴェルチェッローニ
17. 西原の壁|桑原賢典 / SABAOARCH
強制と恣意|ジョヴァンナ・クレスピ
スイスの謎:2
18.2/5──ジュネーヴ:カルヴァングラード|ニコラ・ブラギエーリ
21. コロニーの別荘|シャルル・ピクテ・アルシテクト
ブックレビュー:『ラ・サマリテーヌ、パリ』
ジャン=フランソワ・カベスタン、ユベール・ランペルール編[ピカール、2015年]
ゾラからSANAAへ。パリ:顔のない「桃源郷」|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN リポート
24. 京都への帰還──岸和郎の展覧会に思うこと|小巻哲

『Casabella Japan 858号』
‐特集:再利用/修復-


編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
特集:再利用/修復
・サンタ・マルタ兵営パン工場のコンバージョン:ヴェローナ大学新キャンパス|
 マッシモ・カルマッシ+IUAVストゥーディ&プロジェッティ
 時の経過を見せる建築|マルコ・ムラッツァーニ
・斎長城美術館|アーキスタジオ
 医薬品工場を芸術の館に変身させる|アルフレード・ザッパ
・ニューポート・ストリート・ギャラリー、ガゴシアン・ギャラリー|
 カルーゾ・セントジョン・アーキテクツ
 ヴィクトリア朝期の倉庫を画廊に変える|フェデリコ・トランファ
・.階段室についての覚え書:ニューポート・ストリート・ギャラリー|カルーゾ・セントジョン
・.産業研究技術センター ──旧オッフィチーネ・メッカニケ・レッジャーネ第19工場の
 コンバージョン|アンドレア・オリーヴァ
 戦闘機から起動ボックスへ|フランチェスカ・キオリーノ
・.iD-タウン|O-オフィス
 アートが絹織物工場の後を継ぐ|ミケーレ・ボニーノ、フランチェスカ・フラッソルダーティ
・.N10スポーツセンター|コモコ・アルキテクトス
 綿紡績工場でサッカーを楽しむ|フランチェスカ・キオリーノ
________________________________________
 対蹠地のミュージアム
・.中国美術学院民芸博物館|隈研吾
 中国美術学院のためのミュージアム|アルフレード・ザッパ
・.フィレンツェ大聖堂造営局付属博物館|
 ナタリーニ・アルキテッティ、グイッチャルディーニ&マーニ・アルキテッティ
 傑作の群島──アドルフォ・ナタリーニの大聖堂造営局付属博物館|クラウディア・コンフォルティ
________________________________________
 CASABELLA JAPANトーク
・ グリッドの特性[1]|藤井博巳

『Casabella Japan 857号』
‐身体はどのように建築に現出するか/
具体化の建築術(後編)-


編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
スミルハン・ラディック
NAVE:美術・舞台芸術センター|スミルハン・ラディック
ユンガイ、未来を再建する|ジョヴァンナ・クレスピ
パナマと日本
『バーミンガム=ロングウォーター邸|パトリック・ディロン / ENSITU
時間の継続性|アウグスタ・マン
cnest|猿田仁視 / キューボデザイン建築計画設計事務所
木々に囲まれた家|アウグスタ・マン
特集:ポルトガル
なぜポルトガルか|CASABELLA編集部
ポルトガル・テレコム・データセンター|ジョアン・ルイス・カリーリョ・ダ・グラサ
地形学的建築|マルコ・ムラッツァーニ
リナース・デル・バレスの文化・演劇センター|アルヴァロ・シザ+ARESTA
音楽が終わる時|アルベルト・フスター
公衆衛生イノベーション / リサーチ研究所|ジョアン・ペドロ・セロディオ+イザベル・フルタド
急進的簡素さの建築|マルコ・ムラッツァーニ
スイスの謎
スイスの謎|フェデリコ・トランファ
1/5──ティチーノ|フェデリコ・トランファ
ルツェルンの学生寮|ドゥリッシュ+ノッリ
ブック・レビュー:『レオニド・パヴロフ』
アンナ・ブロノヴィツカヤ編[エレクタ、2015年]
レオニド・パヴロフ:レオニドフの弟子から「ソヴィエト・モダニズム」の解釈者へ|
アレッサンドロ・デ・マジストリス
CASABELLA JAPAN リーディング
身体はどのように建築に現出するか/具体化の建築術 [後篇]|ダリボル・ヴェセリー
CASABELLA JAPAN リポート
ブリコラージュ・デザイン・方法・組織――吉阪隆正に学ぶ|みぞぶち かずま

『Casabella Japan 856号』
‐総特集:身体とデッサン‐


編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
総特集:身体とデッサン
身体とデッサン:ジュリオ・ロマーノの『愛の体位』(モーディ)と
カルロ・スカルパおよびアルヴァロ・シザの「方法」(モーディ)|フランチェスコ・ダルコ
身体はどのように建築に現出するか/具体化の建築術|ダリボル・ヴェセリー
ジュリオ・ロマーノ
『愛の体位』のスキャンダルと成功の略史|ベッテ・タルヴァッキア
カルロ・スカルパとアルヴァロ・シザ
身体とデッサン:ジュリオ・ロマーノ、カルロ・スカルパ、アルヴァロ・シザ|
フランチェスコ・ダルコ
カルロ・スカルパ|尺度と視覚、身体と尺度、カジュラーホーと自画像
アルヴァロ・シザ|人物像の残響(エコー)、馬、邂逅、自画像
CASABELLA JAPAN トーク
動き始めた時代から II|藤井博巳
CASABELLA JAPAN 2015年度 総目次
監修者として思うこと|小巻哲

『Casabella Japan 855号』
‐特集:磯崎新+アンドレア・マッフェイ‐


編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
磯崎新+アンドレア・マッフェイ
 トッレ・アリアンツ|磯崎新+アンドレア・マッフェイ
 美しいだけではない:磯崎+マッフェイによるミラノのトッレ・アリアンツ|マルコ・ビアージ
 トッレ・アリアンツの外被|フランチェスコ・カタラーノ
2つのミュージアム:文字と戦争
 イタリアの活字|セルジョ・ポラーノ
 ランス14-18/戦争と平和の歴史センター|ピエール=ルイ・ファロシ
 スシェの大戦博物館:北の地獄を記憶するためのカメラ・オブスキュラ|フェデリコ・ブッチ
保育園から大学まで
 ヴィアナ・ド・カステロ工科大学スポーツ科学大学院|ペドロ・レイス
 メルガソのスポーツ科学大学院|マルコ・ムラッツァーニ
 プリモ・レーヴィ文科・理科高等学校|ガランティーノ、デ・ベッティン
 モンテベッルーナの高等学校|マルコ・ムラッツァーニ
 アロの保育園|アトリエ・バシコ
 中空岩 (ロカ・ウエカ)|マルコ・ビアージ
ヨーロッパの住宅建築
 ファレラの住宅|ルフ&パートナー・アーキテクテン
 新たな伝統に向かって|ジョヴァンナ・クレスピ
 フォンティーニャの住宅|マヌエル+フランシスコ・アイレス・マテウス
 フォンティーニャ・ハウス|カルロッタ・トノン
 パルッツァの「アルベルゴ・ディッフーゾ」のための住宅ユニット|
 チェスキア+メンティル・アルキテッティ・アッソチアーティ
 パルッツァの住宅ユニット|マルコ・ムラッツァーニ
デヴィッド・チッパーフィールド
 ヴァレンティノ・ローマ旗艦店|デヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツ
 ローマのヴァレンティノ店舗|クラウディア・コンフォルティ
CASABELLA JAPAN レクチャー
 いかに建築空間は思考されるか
 第12回──特別編:林屋晴三氏に聞く「作為と無作為について[2]|岡田哲史

『Casabella Japan 854号』
‐特集:ワイナリー/蒸留所、
フランス大統領への書簡‐

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
編集言:フランス大統領への書簡
 ジョルジュ・ポンピドゥー・センター、パリ。フランス共和国大統領フランソワ・オランド氏への公開書簡|
 フランチェスコ・ダルコ
アンチフラジャイル
 アウグスティヌス『神の国』|フランチェスコ・ダルコ
 児童センター「子供の国」|ARCO、MCアーキテクツ
 土嚢と波板|マッシモ・フェッラーリ
 ジジヤ・ソー随意運動リハビリ・センター|エミリオ・カラヴァッティ、マッテオ・カラヴァッティ
 日干しコンクリートと鉄管|マッシモ・フェッラーリ
 ルーン村中学校|国境なき建築家集団イタリア
 過酷な土地と竹管|マッシモ・フェッラーリ
 アンチフラジャイルな建築|カミッロ・マーニ
 コノコノ種痘センター|セルガスカーノ
 セルガスカーノのノマド建築:ケニアのトゥルカナ診療所|マッテオ・ヴェルチェッローニ
特集:ワイナリー/蒸留所
 ワイルドターキー・バーボン・ビジターセンター|デ・レオン&プリマー・アーキテクチャー・ワークショップ
 アメリカ生まれのスピリット|マッテオ・ヴェルチェッローニ
 シャトー・ラ・ドミニク・ワイナリー|アトリエ・ジャン・ヌーヴェル
 フランスの「赤」の本場に建つワイナリー|フランチェスカ・キオリーノ
 プラネタ・ワイナリー|ガエタノ・グリーノ、サンティ・アルバネーゼ
 エトナ山麓のワイナリー|フランチェスカ・キオリーノ
854 EXTRA:フランチェスコ・ヴェネツィア
 「神話と自然:ギリシアからポンペイまで」展|フランチェスコ・ヴェネツィア
 建築と古代の現代性。古代世界への窓|アントニオ・モネスティローリ
ブックレビュー
 『モダニズムとランドスケープ・アーキテクチャー、1890-1940』|
 テレーズ・オマリー、ヨアキム・ウォルシュク=ブルマーン編[ナショナル・ギャラリー・オブ・アート、2014年]
 建築(男)によって追放される自然(女)。「モダニズム」の罪のひとつなのか?|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN レクチャー
 いかに建築空間は思考されるか
 第11回──特別編:林屋晴三氏に聞く「作為と無作為について[1]|岡田哲史

『Casabella Japan 853号』
‐特集:余計な飾りのない地下鉄
─バルセロナとブダペスト‐

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップ
  ヴァレッタ・シティゲート|レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップ
  マルタ島の石で編まれた都市の一片|フェデリコ・ブッチ
特集:余計な飾りのない地下鉄──バルセロナとブダペスト
  L9線の3駅──バルセロナ|ガルセス・デ・セタ・ボネ・アルキテクトス
  冥界への下降と帰還|マッシモ・フェッラーリ
  M4線の2駅──ブダペスト|スポラアーキテクツ
  苦しみ抜いた地下の幾何学|ジョヴァンナ・クレスピ
ヘルツォーク&ド・ムーロン
  ボルドー・スタジアム|ヘルツォーク&ド・ムーロン
  ボルドー・フットボール・クラブに捧げた透明な神殿|マルコ・ビアージ
853 EXTRA:イソップ
  イソップ:ブランドの逆説|フランチェスコ・ダルコ
  イソップ:成功の尋常ならざる物語|アンヌマリー・カイリー
  イソップ・オスカー・フレイレ店/サンパウロ|パウロ・メンデス・ダ・ローシャ+メトロ
  サンパウロのイソップ店舗|パウロ・メンデス・ダ・ローシャ
CASABELLA JAPAN リーディング
  ラテンアメリカから学ぶ?|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN トーク
  動き始めた時代から|藤井博巳

『Casabella Japan 851-852号』
‐特集:フランチェスコ・ヴェネツィア、
ポンペイにて展示する‐


編集・発行:アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
特集:フランチェスコ・ヴェネツィア、ポンペイにて展示する
「ポンペイとヨーロッパ:1748-1943」展|フランチェスコ・ヴェネツィア
フランチェスコ・ヴェネツィアと提示の技[1]|フランチェスコ・ダルコ
ナポリ会場──ナポリ国立考古学博物館「日時計の大ホール」
フランチェスコ・ヴェネツィアと提示の技[2]|フランチェスコ・ダルコ
ポンペイ会場──ポンペイ遺跡円形劇場
フランチェスコ・ヴェネツィアと提示の技[3]|フランチェスコ・ダルコ
スミルハン・ラディック
ヴィック・ワイナリー|スミルハン・ラディック&ロレート・リヨン
ミラウエ渓谷のワイナリー|マッシモ・フェッラーリ
パウロ・メンデス・ダ・ローシャ
国立馬車博物館|パウロ・メンデス・ダ・ローシャ&リカルド・バック・ゴルドン
リスボンの国立馬車博物館|CASABELLA編集部
「厳正に守られ、予想外に開かれた公共の場」。馬車博物館はどのように建てられたのか|ルイ・フルタド
リカルド・バック・ゴルドンへのインタビュー|CASABELLA編集部[聞き手]
ゼノンのパラドクス:パウロ・メンデス・ダ・ローシャのリスボン馬車博物館を巡る覚え書き|
エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
CASABELLA JAPAN ニュース
2015年フオーリサローネ報告|上田敦子
CASABELLA JAPAN レクチャー
いかに建築空間は思考されるか
第10回──アドルフ・ロース試論[5]|岡田哲史

『Casabella Japan 850号』
特集:ミュージアム

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
セントルイスのアーチ  エーロ・サーリネン
 エーロ・サーリネン:西部へのゲートウェイ1947-1965|キアラ・バリオーネ
特集:ミュージアム
 ナバラ大学美術館|ラファエル・モネオ・バレス
 パンプローナの美術館:影の楽譜|フランチェスコ・ダルコ
 国立軍事博物館|フェリックス・クラウス+ディルク・ファン・ヴァーヘニンゲン
 陳列装置としての屋根|マルコ・ビアージ
 アレンショオップ美術館|シュターブ・アルヒテクテン
 前提としての環境、目的としての環境順応性|ジャン=マリー・マルタン
コルテン鋼:錆の魅力
 スーラージュ美術館|RCRアルキテクテス
 ロデズのスーラージュ美術館|アルフレード・ザッパ
 メキシコ虐殺犠牲者追悼記念碑|ガエタ/スプリンガル・アルキテクトス
 メキシコにおける暴力犠牲者への追悼碑|マッテオ・ヴェルチェッローニ
 ホフスヘイデ火葬場|クセ&ホリス・アルヒテクテン、RCRアルキテクテス
 ホフスヘイデの火葬場|マルク・デュボワ
CASABELLA JAPAN ニュース
 2015年ミラノサローネ報告|上田敦子
CASABELLA JAPAN リポート
 2015年ミラノ万博:食を包むパヴィリオン|西村清佳


『Casabella Japan 849号』
特集:アルデアティーネ洞窟の虐殺

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
パウロ・メンデス・ダ・ローシャ:1970年代の知られざる作品
ガーバー邸|パウロ・メンデス・ダ・ローシャ
自然的建築の練習|ダニエレ・ピザーニ
特集:集合住宅
太陽の都市|Labics/マリア・クラウディア・クレメンテ、フランチェスコ・イシドリ
ローマの「太陽の都市」:ローマの空隙で建てる|クラウディア・コンフォルティ
ピネイロ・マンソの集合住宅|ジョアン・ペドロ・セロディオ+イザベル・フルタド
庭を住まう|マルコ・ムラッツァーニ
コルテ・ヴェルデ|チーノ・ズッキ・アルキテッティ
ファサードの画家とポスト=コンテンポラリーの建築家の条件|ニコラ・ブラギエーリ
修復:グラナダの大学とヴェネツィアの美術館
グラナダ大学建築大学院|ビクトル・ロペス・コテロ
歴史は建設現場である|アルフレード・ザッパ
グランデ・アカデミア|トビア・スカルパ+レナータ・コデッロ
ヴェネツィア、「グランデ・アカデミア」:イタリアが逃したチャンス|フランチェスコ・ダルコ
1940-1960:カルロ・スカルパとヴェネツィアのアカデミア美術館|フランチェスコ・ダルコ
849 EXTRA:ニューヨーク
バカラ・ホテル|SOM
眺めの良いニューヨーク|マルコ・ムラッツァーニ
ホイットニー・アメリカンアート美術館|レンゾ・ピアノ
ハッピーエンド|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN レクチャー
いかに建築空間は思考されるか
第9回──アドルフ・ロース試論[4]|岡田哲史



『Casabella Japan 846号』
特集:アルデアティーネ洞窟の虐殺

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
特集:アルデアティーネ洞窟の虐殺
アルデアティーネ洞窟:忘れないための建築|クラウディア・コンフォルティ
アルデアティーネ洞窟の虐殺記念墓地|アンドレア・イェモロ[撮影]
3つの大学建築
パドヴァ大学新キャンパス|ストゥディオ・ヴァッレ
パドヴァの大学キャンパス、都市の一片|ピエトロ・ヴァッレ
東京大学大学院情報学環 ダイワユビキタス学術研究館|
東京大学キャンパス計画室(隈研吾)・同施設部、隈研吾建築都市設計事務所
隈研吾:東京大学のための視覚的「触覚主義」論|マルコ・ビアージ
ポツダム大学グリエブニッツゼー・キャンパス|ザウアーブルッフ+ハットン
多彩色のポツダム|CASABELLA編集部
特集:ブラジル建築
ブラジル建築の特徴:ジョアン・ヴィラノヴァ・アルティガス生誕100周年記念|CASABELLA編集部
アルティガス邸[1949]|ジョアン・ヴィラノヴァ・アルティガス
「住宅のような都市。都市のような住宅」:
なぜジョアン・ヴィラノヴァ・アルティガスの作品は写真に収まらないのか?|フランチェスコ・ダルコ
オリーヴォ・ゴメス邸[1949-51]|リノ・レーヴィ、ロベルト・ブーレ=マルクス
建築と自然をともに設計する|ルイス・グスマン
テトリスの家|マルシオ・コーガン
サンパウロの「テトリスの家」|マルコ・ビアージ
タルマン地区の家|ロベルト・モイタ
熱帯の実験室:ロベルト・モイタの自分のための家|ジョヴァンナ・クレスピ
ブックレビュー
『ジョヴァンニ・ピコ・デラ・ミランドラ:神話、魔術、カバラ』|
ジュリオ・ブージ、ラファエル・エブジ著[エイナウディ、2014年]
アルベルティはピコの図像学者か?|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN リーディング
オルブリッヒとは誰だったのか?
ヨーゼフ・マリア・オルブリッヒ:疲れを知らぬ達人|ハリー・フランシス・マルグレイヴ

『Casabella Japan 845号』
特集:ヒューストンの南
ヨーロッパの生活空間-

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
ヒューストンの南:メキシコ、パナマ、チリ、パラグアイ
エクエストリアン・プロジェクト|CCアルキテクトス/マヌエル・セルバンテス・セスペデス
メキシコの森に囲まれた20の厩舎、4つのスイート・ルーム|ルイス・グスマン
SaLoハウス|パトリック・ディロン
パリのモンマルトル通りからパナマのサン・ロレンソ岬へ|ジャン=マリー・マルタン
チリ先コロンブス期美術館|スミルハン・ラディック
チリ以前のチリ|ジョヴァンナ・クレスピ
サン・ミゲル・アルカンヘル礼拝堂|ハビエル・コルバラン
「コンクリートの粗い面」──ハビエル・コルバラン:仕事の卓越さと設計の妙|
フランチェスコ・ダルコ
ヨーロッパの生活空間:スウェーデン、ベルギー、ポルトガル
クリーク・ハウス|タム&ヴィーデゴード・アーキテクトゥール
スウェーデンのクリーク・ハウス|フェデリコ・トランファ
ヴィラ・ロセス|ホーファルト&ファンホーテ
ホーファルト&ファンホーテのヴィラ・ロセス|マッテオ・ヴェルチェッローニ
ヴィラ・アレン|ヴァレリオ・オルジャーティ
普遍的イデアにおける建築の「自己」:
ヴァレリオ・オルジャーティの最新作、ポルトガルのヴィラ・アレンは建築におけるイデアとの
対決を表す|トム・ショパー
ノアの方舟:ヴァレリオ・オルジャーティへの10の質問|エンリコ・モルテーニ[聞き手]
集水域整備計画マスタープラン|エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
アゾレス諸島サン・ミゲル島の2作品:小さな住宅と極小のもの|マルコ・ムラッツァーニ

ブックレビュー
『パウロ・メンデス・ダ・ローシャ全作品』|ダニエレ・ピザーニ著[エレクタ、2013年]
パウロ・メンデス・ダ・ローシャ、ステレオタイプから解放された偉大なる建築家の作品|
ホルヘ・フランシスコ・リエルヌル

CASABELLA JAPAN レクチャー
いかに建築空間は思考されるか
 第6回──アドルフ・ロース試論[1]|岡田哲史 

『Casabella Japan 844号』
-特集:ノートル・ダム・ド・
ロレート国際メモリアル-

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
ノートル・ダム・ド・ロレート国際メモリアル|フィリップ・プロスト
580,000の名前|CASABELLA編集部
「天国でまた会おう」:戦没者墓地から平和のための建築へ|フェデリコ・ブッチ
2つのミュージアム
クラーク美術館増築|安藤忠雄
あるアメリカの美術館の教訓的歴史|フランチェスコ・ダルコ
ハーバード美術館/リノベーションと増築|レンゾ・ピアノ
「ルネサンス」もすべて複製可能:あるアメリカ的異郷概念のための箱|フェデリコ・ブッチ
ルガー・デ・ラ・メモリア(記憶の場)|バークレイ&クルス
ペルー、1980-2000:69,280人の死者|CASABELLA編集部
記憶の場|トンマーゾ・チガリーニ、ミリアム・サーヴェドラ
Mパヴィリオン|ショーン・ゴッドセル
スウィンギング・メルボルン|アルフレード・ザッパ
店舗建築──ニューヨークとパリ
2つのヴァレンティノ旗艦店|デヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツ
チッパーフィールドとヴァレンティノ:態度と存在の自由|カルロッタ・トノン
エディション・ドゥ・パルファン・フレデリック・マル|スティーヴン・ホール
イタリアの芳香:ニューヨークの37㎡|マッシモ・フェッラーリ
CASABELLA JAPAN リーディング
複雑な時代の「さりげなさ」
リナ・ボ・バルジとさりげなさの技|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN 2014年度 総目次
監修者として思うこと|小巻哲

『Casabella Japan 843号』
-特集:ソヴィエト連邦における建築
──Part4-

編集・発行:アーキテクツ・
スタジオ・ジャパン
(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
特集:ソヴィエト連邦における建築──Part4
コンスタンチン・メルニコフ:スターリン時代、煉獄、雪解け|
アレッサンドロ・デ・マジストリス
コンスタンチン・メルニコフ:主要作品リスト、1917-1967
チッパーフィールド自邸/アトリエ|デヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツ
ベルリンのデヴィッド・チッパーフィールド|フルヴィオ・イラーチェ
管区部局行政棟3|
ルイジ・ズノッツィ、サビーナ・ズノッツィ=グロイスマン、グスタボ・グロイスマン
ル・コルビュジエを起点に、ただし方法には従わず|アルフレード・ザッパ
カルカッタのマザー・テレサ教区センター|ジークフリート・デルーク
幾何学的典礼|マッシモ・フェッラーリ
生物多様性博物館|フランク・O・ゲーリー
フランク・ゲーリー式「生物多様性」|フランチェスコ・ダルコ
ブックレビュー
『都市の中の都市:緑の群島としてのベルリン。
オズヴァルト・マティアス・ウンガース、レム・コールハースによるマニフェスト』|
フロリアン・ハートウェック、セバスチャン・マロ編
[ウンガース建築研究アーカイヴ─ラース・ミュラー、2013年]
建築家たちが都市を思考していた頃|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN リーディング
いかに彼らは古代ローマと向き合ったか
ピラネージとその時代、そして現代|ジョヴァンナ・クルチョ

『CASABELLA JAPAN 842』

編集・発行:アーキテクツ・
スタジオ・ジャパン
(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
ジュゼッペ・パガーノとEUR計画
ジュゼッペ・パガーノ(1896-1945):EURの協調組合主義的都市|CASABELLA編集部
ローマE42─XX:博覧会のための計画案|マルコ・ムラッツァーニ
ピアチェンティーニによるアーチと円柱に囲まれたパガーノの近代都市|パオロ・ニコローゾ
カイシャ・フォーラム美術館/オーディトリアム/文化センター|カルメ・ピノス
流体的空間の力学|フランチェスコ・ダルコ
巨人山地の環境教育センター|ペトル・ハイエク
自然の神秘のための(神経が延びた)殻|マルコ・ビアージ
アレーナ・ド・モーロ|ヘルツォーク&ド・ムーロン
マイン・ルイザのファベーラにおける遊び踊る場所|キアラ・バリオーネ
ニューヨーク・フリー・パブリック・ライブラリー/ステープルトン図書館の増改築|
アンドリュー・バーマン
アンドリュー・バーマンが解釈するアメリカのフリー・パブリック・ライブラリーの
民主主義的功利主義|マルコ・ビアージ
ファーベル社新社屋|GEZA/グリ&ズッキ
グリ&ズッキによる建設的精緻さと尺度|マルコ・ムラッツァーニ
ブックレビュー
『 深い根:エットレ・ソットサス・シニアのデッサン、1911-1929』|
ファビオ・カンポロンゴ、パオラ・ペッテネッラ編[スクリプタ、2013年]
『 ソットサス』|共著[ファイドン─エレクタ、2014年]
エディプスか、あるいはテレマコスか?
エットレ・ソットサス・シニアとエットレ・ソットサス・ジュニア|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN レクチャー
いかに建築空間は思考されるか
第5回──起点としてのフランク・ロイド・ライト[4]|岡田哲史

『CASABELLA JAPAN 841』

編集・発行:アーキテクツ・
スタジオ・ジャパン
(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
ホテル・アワジ・パタゴニア|フェリペ・アサディ、フランシスカ・プリド
パタゴニアで難破する:建築が思考の助けになる時|フランチェスコ・ダルコ
カンタレイラの集合住宅、セニョーラ・ダ・オーラの住宅、オリヴェイラ・ド・ドウロの住宅|
エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
ヴァリエーション:ソウト・デ・モウラの3つの住宅|マルコ・ムラッツァーニ
「森の墓地」の新火葬場|ヨハン・セルシング
スウェーデンでモダンであること:
ヨハン・セルシングと晩年のレヴェレンツ|ニコラス・アダムス
特集:ソヴィエト連邦における建築──Part3
コンスタンチン・メルニコフ:1925-1930|アレッサンドロ・デ・マジストリス
メルニコフ自邸博物館のプロジェクト:芸術の現状|イリーナ・コロビナ
CASABELLA JAPAN リポート
助走路から本走路へ──TYINテーネステュエ・アーキテクツの仕事|小巻哲
CASABELLA JAPAN レクチャー
いかに建築空間は思考されるか
第4回──起点としてのフランク・ロイド・ライト[3]|岡田哲史

『CASABELLA JAPAN 839・840』

編集・発行:アーキテクツ・
スタジオ・ジャパン
(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
 [目次]
編集言
フライ・オットー:2015年度プリツカー賞の最優秀候補は何処に?|CASABELLA編集部
ポルトガルの学校建築
「未来に向けて学校を刷新する」:ポルトガルにおける学校建築発展計画はイタリアでも慎重に検討すべきではないか?|
CASABELLA編集部
セヴェル・ド・ヴォウガの拠点的学校施設|ペドロ・ドミンゴス・アルキテクトス
農村地帯のキャンパス|フェデリコ・トランファ
カディスの家|アルベルト・カンポ・バエザ
無限の家|ジョヴァンナ・クレスピ
修復と再生
「モニュメントの修復を学ぶ必要はない」|CASABELLA編集部
ポルトガル銀行本店の修復|ゴンサロ・ビルネ、ジョアン・ペドロ・ファルサン・デ・カンポス
現在完了:都市、記憶、再創造。リスボンのポルトガル銀行|アナ・トストインス
エル・ボルン文化センター|エンリク・ソリア/ラファエル・カセレス
バルセロナにおける過去への扉|マッシモ・フェッラーリ
特集:ソヴィエト連邦における建築──Part2
コンスタンチン・メルニコフ:建築家と時代|アレッサンドロ・デ・マジストリス
CASABELLA JAPAN ニュース
2014年フオーリ・サローネ報告|上田敦子
CASABELLA JAPAN トーク
我々はどこに向かっていくのか|フランチェスコ・ダルコ

『CASABELLA JAPAN 838』
-特集:ソヴィエト連邦における建築

編集・発行:アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
ヒデミ・ニシダ:はかなき即興性
パフォーマンスと建築のあわい:6つのインスタレーション|ジャン=マリー・マルタン
身体とスポーツのための建築
ポール・オースターとJ・M・クッツェーが語るスポーツ|CASABELLA編集部
アランヘのカヌー競技センター|ホセ・マリア・サンチェス・ガルシア
抽象とランドスケープ|マッシモ・フェッラーリ
WMSボートハウス|スタジオ・ギャング・アーキテクツ
シカゴのボート漕ぎのために:オールのリズムに従う建物|マッテオ・ヴェルチェッローニ
DCタワーI|ドミニク・ペロー・アーキテクチャー
ドナウ・シティの新高層ビル:もうひとつのウィーン中枢のための建築|フェデリコ・ブッチ
特集:ソヴィエト連邦における建築──Part1
URSS時代|CASABELLA編集部
ソヴィエト・パレス設計競技を巡る歴史 1931-1934|アレッサンドロ・デ・マジストリス
ボリス・ソロモノヴィチ・イオファン、1891-1976|フェデリカ・パッティ
CASABELLA JAPAN ニュース
2014年ミラノ・サローネ報告|上田敦子
CASABELLA JAPAN レクチャー
いかに建築空間は思考されるか
第3回──起点としてのフランク・ロイド・ライト[2]|岡田哲史

『CASABELLA JAPAN 837
-特集:中国─昨日、今日
特集:スイス─昨日、今日- 

編集・発行:アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
深圳証券取引所|OMA
レム・コールハース/OMA─空中庭園のメタファー|マッテオ・ヴェルチェッローニ
嘉那嘛尼ビジターセンター|アトリエ・チームミヌス
アトリエ・チームミヌス:嘉那嘛尼ビジターセンター|ミケーレ・ボニーノ
マイクロ・フートン|チャン・ケー/スタンダードアーキテクチャー
古き北京の最期|フランチェスカ・キオリーノ
クラン=プレ=セリニーの集合住宅|グループ8
クラン=プレ=セリニーの2つの住宅|アルフレード・ザッパ
エルリコン地区ハーゲンホルツ通りの高層ビル|
マックス・ドゥドラー+アトリエWW
チューリヒのタワー建築|アンナリーザ・トレンティン
ベッリンゾーナ新連邦刑事裁判所|バース&デプラツェス、デュリッシュ+ノッリ
ベッリンゾーナの裁判所|フェデリコ・トランファ
ビラ仙石原|坂 茂
箱根・仙石原の別荘|マルコ・ビアージ
パベリョン・リオブランコ|カルメ・ピノス
尺度をもって逸脱する:グアダラハラの住宅|フランチェスコ・ダルコ
ブックレビュー
『カルロ・スカルパ』|ロバート・マッカーター著[ファイドン、2013年]
カルロ・スカルパと語られた建築の危険|J・K・マウロ・ピエルコンティ
CASABELLA JAPAN レクチャー
いかに建築空間は思考されるか
第2回─起点としてのフランク・ロイド・ライト[1]|岡田哲史

『CASABELLA JAPAN 836』
-特集:避難所、玩具、遊興、隠れ家、小屋-

編集・発行:アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
ミラノのパウロ・メンデス・ダ・ローシャ
建築以前にして建築以上:パウロ・メンデス・ダ・ローシャのスケッチ|ダニエレ・ピザーニ
メキシコ・グローバル
メキシコ・グローバル|フランチェスコ・ダルコ
フーメックス美術館|デヴィッド・チッパーフィールド+TAAU
チッパーフィールド:(脱)コンテクスト化の試み|マルコ・ビアージ
モンテレイ大学RGSセンター|安藤忠雄
安藤忠雄:モンテレイの建築学部|アルフレード・ザッパ
特集:避難所、玩具、遊興、隠れ家、小屋
極小練習:作品群|マッテオ・ヴェルチェッローニ
クリーク・ヴィーン・ハウスの隠れ家|
チーム4:ノーマン・フォスター、ウェンディ・チェースマン、リチャード・ロジャース、
スー・ブラムウェル、フランク・ピーコック、ローリー・アボット
コックピット・ガゼボ|マッテオ・ヴェルチェッローニ
ツリー・スネーク・ハウス|ルイス+ティアゴ・レベロ・デ・アンドラーデ
スネーク・ハウス|マッテオ・ヴェルチェッローニ
ハイパーキューブス|スタジオWG3
ハイパーキューブス・ホテルルーム|マッテオ・ヴェルチェッローニ
イギリス南極調査局ハレーVI研究基地|ヒュー・ブロートン・アーキテクツ
ハレーVI研究基地|マッテオ・ヴェルチェッローニ
ペレス美術館|ヘルツォーク&ド・ムーロン
ヘルツォーク&ド・ムーロン:マイアミの美術館|キアラ・バリオーネ
CASABELLA JAPAN リーディング
テンデンツァを再考する #2─イタリア建築の1970-80年代
テンデンツァと1970-80年代のイタリア建築の群島|フランコ・プリーニ
CASABELLA JAPAN リポート
建築を語る言葉を持つこと─「安藤忠雄+フランチェスコ・ダルコ講演会」から|小巻哲

『Casabella Japan 835号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
建築と色彩
 イマヌエル教会|ザウアーブルッフ+ハットン
 アプシスの色:ザウアーブルッフ+ハットンの教会|ユルゲン・ティーツ
 モリッツ教会内部の修復|ジョン・ポーソン
 キアロスクーロ(明暗法):ジョン・ポーソンが修復した教会|
  マッテオ・ヴェルチェッロ¬¬ーニ
 ブルータリズム再考
 アルカラ大学細胞・遺伝生物学部|エクトル・フェルナンデス・エロルサ
 張り出しの効果|マッテオ・ヴェルチェッローニ
 ケメネス火山公園ヴィジターセンター|フォルデス・アーキテクツ
 新ニュー・ブルータリズム|マッテオ・ヴェルチェッローニ
2つの集合住宅
 ソーシャル・ハウジング「カーサ・ノーヴァ」|CDM+パオラ・セリア
 ボルツァーノの住宅地|マッテオ・ヴェルチェッローニ
 バレカスの社会福祉住宅|ギリェルモ・バスケス・コンセグラ
 むき出しのファサードの美化|ジョヴァンナ・クレスピ
特集:グリニッジ天文台の子午線は今、南アメリカを横切っているか?
 ジャルディン・エディテ社会福祉住宅|MMBB & H+F
 サンパウロのソーシャル・ハウジング|キアラ・バリオーネ
 ホテル・レフジア|モビル・アルキテクトス
 チロエ島で再生したシングル様式|マッテオ・ヴェルチェッローニ
 APGゴルフクラブ・ゴルフ練習場|
 ハビエル・コルバラン+ラボラトリオ・デ・アルキテクトゥーラ
 軽い重量感|ダニエレ・ピザーニ
CASABELLA JAPAN リーディング
 テンデンツァを再考する #1─アルド・ロッシの遺産
 アルド・ロッシとテンデンツァ|アントニオ・モネスティローリ
CASABELLA JAPAN リポート
 可能態としての風景─語り始めた内藤廣|小巻哲

『Casabella Japan 834号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
特集:スーパーノーマル
スーパーノーマル|フェデリコ・トランファ
アッパー・ローンの修復|サージソン+ベイツ・アーキテクツ
アッパー・ローン:アリソン&ピーター・スミッソンの教え|フェデリコ・トランファ
エミリア地方の2つの学校建築
ノチェートの保育園と小学校|パオロ・ツェルマーニ
帰属する風景から生まれた断片|ファビオ・カパンニ
ミランドラの小学校と中学校|アルベルト・フェルレンガ
必要を解釈すること:ミランドラの学校建築|マッシモ・フェッラーリ
ノルトライン=ウェストファーレン州立公文書館|オルトナー&オルトナー
歴史のための金庫:ドゥイスブルクのオルトナー&オルトナー|
マッテオ・ヴェルチェッローニ
デ・ロッテルダム|OMA
「 マンハッタン・トランスファー」:
OMAによるモーゼル川河口の非自発的モニュメント|マルコ・ビアージ
プロフィール:ルイジ・ズノッツィ
モンテ・カラッソ|ルイジ・ズノッツィ
モンテ・カラッソのルイジ・ズノッツィ|アルフレード・ザッパ
CASABELLA JAPAN セミナー
揺れ動くモダニズムのなかで
第15回─出口なき道の行方|岸和郎

『Casabella Japan 833号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

『Casabella Japan 832号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

『Casabella Japan 831号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

『Casabella Japan 830号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

『Casabella Japan829号』
『Casabella 829号』
特集:
再検証・マイロン・ゴールドスミス/SOM


編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
再検証:マイロン・ゴールドスミス/SOM
『The Republic』新聞社社屋|マイロン・ゴールドスミス/SOM
本質に迫る傑作|アルフレード・ザッパ
『The Republic』新聞社と印刷所|ニコラス・アダムス
特集:アイルランド─ポルトガル
アイルランドにおける建築の現状|レイモンド・ライアン
ジャイアンツ・コーズウェイ・ビジターセンター|ヘネガン・ペン・アーキテクツ
林立する石柱に囲まれた角柱の森|マッテオ・ヴェルチェッローニ
リメリック大学医学部校舎・学生寮・バス停|グラフトン・アーキテクツ
グラフトン式の場所づくり:雨に濡れた小さな大学キャンパス|マルコ・ビアージ
リリック・シアター|オドネル&トゥミ・アーキテクツ
ベルファストに完成したアアルト様式のオペラ劇場|ティム・ロナルズ
ポルトガルでも:万人のための不平等|フランチェスコ・ダルコ
アルコバカの家|フランシスコ+マヌエル・アイレス・マテウス
変わらぬものに囲まれた家|カルロッタ・トノン
ギマランイシュ・アートセンター|ピタゴラス・アルキテクトス
古き都市を語る優れたニューフェイス|カルロッタ・トノン
旧アルガニル陶器工場のコンバージョン|ヴィター・セアブラ
旧陶器工場におけるスポーツ施設と芸術空間|マッテオ・ヴェルチェッローニ
ANDO MUSEUM|安藤忠雄
四半世紀にわたる歴史:直島のANDO MUSEUM|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN セミナー
揺れ動くモダニズムのなかで
第13回─アイリーン・グレイとリリー・ライヒに想うこと|岸和郎

『Casabella Japan827・8号』
『Casabella 827・8号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
建築とマニエラ
建築とマニエラ|フランチェスコ・ダルコ
House D10|ヴェルナー・ソベック
ミースの後|フランチェスコ・ダルコ
ツーソン・マウンテン・リトリート|DUST/ケード・ヘイズ+ジーザス・ローブルズ
ソノラ沙漠にて|ジャン=マリー・マルタン
ギャラリーとミュージアム
バーンズ財団|トッド・ウィリアムズ&ビリー・ツィン
庭園の中の美術館、美術館の中の庭園|マッテオ・ヴェルチェッローニ
ホルボーン美術館増築|エリック・パリー・アーキテクツ
クラシック/ピクチャレスク、自然/人工|マルコ・ビアージ
オークランド美術館トイ・オ・タマキ|FJMT+アーキメディア
オークランドの構造的指物工芸|アルフレード・ザッパ
特集:イタリア─ドイツ
イタリア建築の現状について|ヴィットリオ・マニャゴ・ランプニャーニ
フュルステンブルク城の農業学校|ヴェルナー・ツコル
城の麓の学校|マルコ・ムラッツァーニ
ポデルヌオーヴォ・ワイナリー|アルヴィージ+キリモト
シエナ丘陵を滑り降りて|クラウディア・コンフォルティ
グッビオ墓地拡張|アンドレア・ドラゴーニ
グッビオ墓地の拡張|マルコ・ムラッツァーニ
ドイツ建築の現状について|セバスチャン・レデック
フォルクヴァンク図書館|マックス・ドゥドラー
粘り強さ:エッセンのフォルクヴァンク図書館|ジョヴァンナ・クレスピ
国家公安・法務省庁舎/内務・王室関係省庁舎|ハンス・コルホフ
ハンス・コルホフと現代の悪癖への嫌悪|ニコラ・ブラギエーリ
CASABELLA JAPAN ニュース
2013年ミラノ・サローネ報告 Part 2|上田敦子
CASABELLA JAPAN リーディング
―終わらない過去─ファシズム期におけるイタリア建築の相克
建築と蓖麻子油:マルチェッロ・ピアチェンティーニの生涯と作品|フランチェスコ・ダルコ

『Casabella Japan826号』
『Casabella 826号』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
3つの住宅
アルコ邸|ペゾ+フォン・エルリッヒスハウゼン
チリのガラスの家|ジョヴァンナ・クレスピ
ツーク湖畔の住宅|グラバー&スタイガー
ツーク湖畔の住宅:グラバー&スタイガー|キアラ・バリオーネ
松林の住宅|MFA&サンデーモーニング
トスカーナの松林に建つ住宅|マルコ・ムラッツァーニ
ジャン・メルモス学校|
ギリェルモ・エビア=ガルシア、ニコラス・ウルスア=ソレル、マルセラ・スアソ
再びチリで|マッテオ・ヴェルチェッローニ
セウタ公立図書館|パレデス+ペドローサ
文化の交差路で|アルフレード・ザッパ
時の残滓の上に建てる|アルフレード・ザッパ
CASABELLA JAPAN ニュース
2013年ミラノ・サローネ報告 Part 1|上田敦子
CASABELLA JAPAN セミナー
揺れ動くモダニズムのなかで
第12回─建築写真の行方|岸和郎

『Casabella Japan825号』
『Casabella 825号』

創刊85周年記念号への招待:
-30歳以下の若き建築家よ来たれ!-

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
組織事務所の仕事
ホキ美術館|日建設計
建築的洗練の顕示|マルコ・ビアージ
宙に浮いたギャラリーの二重の張り出し|マルコ・ビアージ
ロレックス・タワー|SOM
繁栄の先に:ドバイのロレックス・タワー|マッシモ・フェッラーリ
モンテレイの住宅|安藤忠雄
グローバルなコンクリート:メキシコの安藤忠雄|アントニオ・ガッラルド
ヴァイルスコヴゴルの牛舎|LUMOアーキテクター
5つ星の牛舎|フランチェスカ・キオリーノ
成城の家|岡田哲史
東京の断片の間で|ジョヴァンナ・クレスピ
都市のデザイン
エル・グレコ・コンベンションセンター|ラファエル・モネオ
トレドのために|アルフレード・ザッパ
近過去
フタ峠のドイツ軍戦没者墓地、1961-69|ディーター・エスターレン
戦没者の風景:ディーター・エスターレンとドイツ軍墓地|フランチェスコ・コッロッティ
フタ峠のドイツ軍戦没者墓地、2013|アレッサンドラ・ベッロ[撮影]
見知らぬ土地の故郷の欠片:ドイツの戦没者崇拝|マルコ・ムラッツァーニ
CASABELLA JAPAN トーク
建築家が歴史から学ぶこと[Part 3]|岡田哲史

『Casabella Japan824号』
『Casabella 824号』

創刊85周年記念号への招待:
-30歳以下の若き建築家よ来たれ!-

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
更新されたミース
 ミース設計によるサール島のガソリンスタンド改修計画|レザルシテクテFABG
更新されたミース:ミース・ファン・デル・ローエの忘れられた小品|アルフレード・ザッパ
特集:スポーツ施設
 ダブル・ジム|バゼルガ・モッツェッティ・アルキテッティ
 高所での荷重、華奢な支柱|ジョヴァンナ・クレスピ
 市立フランツ・メーリンク小学校体育館|シュルツ&シュルツ・アルキテクテン
 素っ気なく、単純で、効果的|マルコ・ビアージ
 ビーコン・パヴィリオンとレッド・バーン|ARO/アーキテクチャー・リサーチ・オフィス
 ハドソン川でボートを漕ぐ|アルフレード・ザッパ
メリーゴーラウンド
 ルカ・メダ:デザイナー、1936-98
 魔法にかかったブルジョワの俊敏なボールペン|ニコラ・ブラギエーリ
 激動の生涯についての短い覚書|ニコラ・ブラギエーリ
 セイナヨキの新図書館|JKMMアーキテクツ
 アアルトから学ぶ|フェデリコ・ブッチ
 アルヴァ・アアルト、セイナヨキ中心地区、1952-87|フランチェスコ・ダルコ
再検証:オスカー・ニーマイヤー
 イビラプエラ公園の産業館|オスカー・ニーマイヤー
 イビラプエラ公園の産業館、1952-54|ダニエレ・ピザーニ
ブックレビュー
 『イタリア建築史:古代ローマ建築 ローマの記念碑的建造物』
  『イタリア建築史:古代ローマ建築 イタリアの諸都市』|
  ヘンナー・フォン・ヘスベルク、パウル・ツァンカー編[エレクタ、2009年、2012年]
 ローマ建築の壮大だが一筋縄ではいかない歴史を理解する2冊|パオロ・モラキエッロ
CASABELLA JAPAN セミナー
 揺れ動くモダニズムのなかで
 第11回──インテリア・デザインの居場所|岸和郎

『Casabella Japan823号』
『Casabella 823号』
-特集:ヴェネツィアでのアルヴァロ・
シザとエドゥアルド・ソウト・デ・モウラ-

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
『CASABELLA』創刊85周年記念号への招待:30歳以下の若き建築家よ来たれ!
特集:ヴェネツィアでのアルヴァロ・シザとエドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
第13回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展パヴィリオン|
  アルヴァロ・シザ、エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
モダニティとの共生|フランチェスコ・ダルコ
アルヴァロ・シザの「パヴィリオン」:残すためのエフェメラル建築|パオロ・バラッタ
サンタ・マリア・デル・ジェス修道院の改修|エマヌエーレ・フィドーネ/ブルーノ・メッシーナ
さなぎから孵化した蝶:保全と設計の間にあるモディカの修道院建築|キアラ・バリオーネ
現場のための歴史、歴史のための現場|マルコ・ロザリオ・ノービレ
パリッシュ美術館|ヘルツォーク&ド・ムーロン
ローカルな発想とグローバルな野望|マッシモ・フェッラーリ
メリーゴーラウンド
トロピカル・アイランズ|アルベルト・シニガリア[撮影]
かくあるべき反価値|マッシモ・フェッラーリ
猥褻さの舞台|フランチェスコ・ダルコ
テポストラン・ラウンジ|カダバル&ソラ=モラレス
図形幾何学:inとbetweenの境界を否定して|アルフレード・ザッパ
生物多様性センター|トマス・ガルシア・ピリス、ホセ・ルイス・ムニョス・ムニョス
幾何学と自然:スペインの若手建築家2人|マッテオ・ヴェルチェッローニ
25ヴェルデ・レジデンス|ルチアーノ・ピア
木のぼり男爵~トリノのカルヴィーノ:ルチアーノ・ピアへのインタビュー|
  フランチェスカ・キオリーノ[聞き手]
ブックレビュー
『写真家エズラ・ストーラー』| ニナ・ラパポート、エリカ・ストーラー著[イェール大学出版局、2012年]
エズラ・ストーラー:現代建築が消しえぬ借りを負った素晴らしき写真家| フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN トーク
建築家が歴史から学ぶこと[Part 1]|岡田哲史

『Casabella Japan822号』
『Casabella 822号』
-特集:ヴェネツィアでのアルヴァロ・
シザとエドゥアルド・ソウト・デ・モウラ-

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
『CASABELLA』創刊85周年記念号への招待:30歳以下の若き建築家よ来たれ!
特集:ヴェネツィアでのアルヴァロ・シザとエドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
第13回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展パヴィリオン|
アルヴァロ・シザ、エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
モダニティとの共生|フランチェスコ・ダルコ
アルヴァロ・シザの「パヴィリオン」:残すためのエフェメラル建築|パオロ・バラッタ
サンタ・マリア・デル・ジェス修道院の改修|エマヌエーレ・フィドーネ/ブルーノ・メッシーナ
さなぎから孵化した蝶:保全と設計の間にあるモディカの修道院建築|キアラ・バリオーネ
現場のための歴史、歴史のための現場|マルコ・ロザリオ・ノービレ
パリッシュ美術館|ヘルツォーク&ド・ムーロン
ローカルな発想とグローバルな野望|マッシモ・フェッラーリ
メリーゴーラウンド
トロピカル・アイランズ|アルベルト・シニガリア[撮影]
かくあるべき反価値|マッシモ・フェッラーリ
猥褻さの舞台|フランチェスコ・ダルコ
テポストラン・ラウンジ|カダバル&ソラ=モラレス
図形幾何学:inとbetweenの境界を否定して|アルフレード・ザッパ
生物多様性センター|トマス・ガルシア・ピリス、ホセ・ルイス・ムニョス・ムニョス
幾何学と自然:スペインの若手建築家2人|マッテオ・ヴェルチェッローニ
25ヴェルデ・レジデンス|ルチアーノ・ピア
木のぼり男爵~トリノのカルヴィーノ:ルチアーノ・ピアへのインタビュー|
フランチェスカ・キオリーノ[聞き手]
ブックレビュー
『写真家エズラ・ストーラー』|
ニナ・ラパポート、エリカ・ストーラー著[イェール大学出版局、2012年]
エズラ・ストーラー:現代建築が消しえぬ借りを負った素晴らしき写真家|
フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN トーク
建築家が歴史から学ぶこと[Part 1]|岡田哲史

『Casabella Japan821号』
『CASABELLA 821』
-特集:エンガディーン-

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
CASABELLA』創刊85周年記念号への招待:30歳以下の若き建築家よ来たれ!
スマトラ島の職業訓練センター|TYIN
非現在性の現在性:TYINとシナモンの栽培|カルロッタ・トノン
キャタピラー・ハウス|セバスチャン・イララザバル
普通でない物事の意味:コンテナ式の家|ジョヴァンナ・クレスピ
大山のゲストハウス/森の隙間|河口佳介+K2-Design
村上春樹だったら何と言うだろう?|カルロッタ・トノン
タリア劇場のコンヴァージョン|ゴンサロ・ビルネ、パトリシア・バルバス、ディオゴ・ロペス
化粧仕上げされた空虚|マルコ・ムラッツァーニ
メリーゴーラウンド
光の美術館 Clave Galerie、光のスタジオ(上方落語協会会館)|安藤忠雄
安藤忠雄:光で建てる、光を考える|ジャン=マリー・マルタン
さらなる光の空間へ|安藤忠雄
再検証:フェリックス・キャンデラ
ソチミルコのレストラン「ロス・マナンティアレス」|フェリックス・キャンデラ
フェリックス・キャンデラ:構造モデリングの偉業|マッシミリアーノ・サヴォッラ
フェリックス・キャンデラ:「世界で最も著名な構造家のひとり」|マッシミリアーノ・サヴォッラ
エリ&エディス・ブロード美術館|ザハ・ハディド
デフォルメの彫塑芸術|マルコ・ビアージ
ヴィラ・ノーヴァ・ダ・バルキーニャの学校|フランシスコ+マヌエル・アイレス=マテウス
影から分離されたフォルム|カルロッタ・トノン
ブックレビュー
『イニゴー・ジョーンズ:王様の建築家』|ヴォーン・ハート著[イェール大学出版局、2011年]
イギリスのウィトルウィウス:イニゴー・ジョーンズと建築の「男性的・女性的ツール」 |
エレオノーラ・ピスティス
CASABELLA JAPAN セミナー
揺れ動くモダニズムのなかで
第10回──空港~どこでもない場所|岸和郎

『Casabella Japan820号』
『CASABELLA 820』
-特集:エンガディーン-

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税5%)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
その昔、山に行った|CASABELLA編集部
特集:エンガディーン
深い眼孔をもつ家々が建つ高地|ニコラ・ブラギエーリ
プラグノウラの家|ハンス=イェルク・ルフ
現代建築の古き宝石箱|ジョヴァンナ・クレスピ
メリーゴーラウンド:フリードリヒ・ニーチェとブリジット・バルドー
シルス=マリア|フランチェスコ・ダルコ
特集:再利用/リユース
レクトールの家|アンサンブル・スタジオ
空間を読む|アウグスタ・マン
ベネトン・スタジオ|トビア・スカルパ
ちぎれることのない糸|マルコ・ムラッツァーニ
特集:修復/レスタウロ
ヴィルールバンヌの「摩天楼」:ある都市の誕生|マルコ・ムラッツァーニ
国立人民劇場(TNP)の修復・増築|アラッソチアーティ、ファブル/スペラー
都市の中の劇場|マルコ・ムラッツァーニ
CASABELLA JAPAN フォーラム
空間史に向かって
第11回──スタジオ・アッズーロからスクリーンヘ|横山正
CASABELLA JAPAN 2012年度 総目次
監修者として思うこと|小巻哲


『Casabella Japan819号』
『CASABELLA 819』
-特集:極小建築-

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
「プンティラの旦那と下僕マッティ」:権力と建築家|フランチェスコ・ダルコ
バズルジャ、2012年1-2月|ティモシー・アレン[撮影]
2012年1月:「尊厳を持って死にゆく棺」を鳥瞰す|CASABELLA編集部
特集:極小建築
森の礼拝堂|パオロ・ツェルマーニ
公園―現代の建設現場|CASABELLA編集部
サルト・デ・ロルダン情報センター|シクスト・マリン・ガビン
謙虚さのしるしとしてのデビュー作|ジョヴァンナ・クレスピ
サン・ジャコモ礼拝堂|ミケーレ・デ・ルッキ
「場に差異はない」|ジャン=マリー・マルタン
メリーゴーラウンド:アートの前哨地点
フォーゴ島のスタジオ|サンダース・アーキテクチャー
点の建築|マッテオ・ヴェルチェッローニ
3つのミュージアム
洗礼堂南房とパトリアルカート広場|トルテッリ/フラッソーニ
新しさ|マヌエラ・カスタニャーラ=コデルッピ
FRACブルターニュ|オディール・デック
現代アートの共感覚|マッシモ・フェッラーリ
チューヴホルメン・アイコン・コンプレックス/アストラップ・フェーンレイ近代美術館|レンゾ・ピアノ
フィヨルドの国のドラッカー船|フェデリコ・ブッチ
ブックレビュー
『軍事的シニフィエ:フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニによる城塞建築』
|フリッツ・バルト著 [エディション・アクセル・メンゲス、2011年]
建築家が語る歴史の有用性と害|マッシモ・ブルガレッリ
CASABELLA JAPAN セミナー
揺れ動くモダニズムのなかで
第9回──建築を保存すること|岸和郎

『Casabella Japan818号』
『CASABELLA 818』
-道を思考する-


編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
万人のためのスペクタクル:一握りのための富|フランチェスコ・ダルコ
閉じる円環
眺めの良い火葬場|エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
別れの穏やかさ|マルク・デュボワ
ヘスース教会・教区センター|ラファエル・モネオ
信仰のための「高貴な道具」|キアラ・バリオーネ
学生・青年労働者寮|ミシェル・カガン&ナタリー・レニエ
遺作|ピエール=アラン・クロゼ、シルヴィア・ミレージ
メリーゴーラウンド
「コンクリートが答えだとすれば、問題は何なのか?」
|リチャード・マイヤー、隈研吾、BNKR、ヘルツォーク&ド・ムーロン、
ペソ&フォン・エルリッヒスハウゼン
コンクリート、歴史、近年の変身|アルフレード・ザッパ
ザ・シャードを建てる
ザ・シャード|レンゾ・ピアノ
時代のアイコン|フェデリコ・ブッチ
構造とフォルム|キアラ・カルデリーニ
ブックレビュー
『ロースハウス』|クリストファー・ロング著 [イェール大学出版局、2011年]
『アドルフ・ロースとウィーン』|マルコ・ポガチニク著 [ミュリー・ザルツマン、2011年]
建築に加わるのは、ごく一部分の建築でしかないのか?|ダニエレ・ピザーニ
CASABELLA JAPAN ディスクール
道を思考する
第15回─「道」に見る文化の対称性|三宅理一


『Casabella Japan817号』
『CASABELLA 817』
特集:ミュージアム


編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
建築家のための「ささやかな空間」を保持するために、「複雑で、多彩で、混乱し、逸脱し、こんがらがるもの」の排除が望ましい理由|CASABELLA編集部
カスティリア・レオン自治州議会|アルベルト・カンポ・バエザ
静謐の壁|マッシモ・フェッラーリ
メリーゴーラウンド
茶vs.ウォッカ:儀礼のための小建築|フランチェスカ・キオリーノ
特集:ミュージアム
タンパ美術館|スタンレー・サイトウィッツ/ナトマ・アーキテクツ
ミュージアムの修辞学と場のつまらなさから距離を置くミュージアム|マルコ・ビアージ
メトロポリタン・アーツ・センター|ハケット・ホール・マクナイト
荒々しく簡素な厳格さ|フランチェスカ・キオリーノ
オワーズ県考古学博物館|フェッリーニ=ステッラ/n!スタジオ
過去を護る草原の中で|マルコ・ムラッツァーニ
ノイエ・ギャラリー|スターブ・アルキテクテン
無垢な仮面に隠れた抜け目のない本性|マッシモ・フェッラーリ
ダス・ベルナルダス修道院のコンバージョン|エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
優美、適切、そして常套句への不寛容|フランチェスコ・ダルコ
ブックレビュー
『ル・コルビュジエ:ベトン・ブリュットと得も言われぬ空間、1940-1965。表層の素材と
視覚の精神生理学』|ロベルト・ガルジャーニ、アンナ・ロッセリーニ著 [EPFL出版局、2011年]
ル・コルビュジエの晩年作品における芸術的探求と建築的実践|レオ・シューベルト
CASABELLA JAPAN ニュース
ボローニャでの対話:安藤忠雄氏とフランチェスコ・ダルコ氏|上田敦子
CASABELLA JAPAN リポート
アンジェロ・マンジャロッティの建築とデザイン|諸角敬
CASABELLA JAPAN セミナー
揺れ動くモダニズムのなかで
第8回──「ケンゾー・タンゲ」という存在|岸和郎

『CASABELLA JAPAN 815/816』
『CASABELLA 815/816』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
3%から0.3%へ|フランチェスコ・ダルコ
2つのオーディトリアム
シグニチャー・シアター|フランク・O・ゲーリー
ゲーリーと名優の誘惑:自らの過去を舞台に上げる|ジャン=マリー・マルタン
カルタヘナ国際会議場/オーディトリアム|セルガスカノ
水平線へのオマージュ|ジョヴァンナ・クレスピ
メリーゴーラウンド
ロンドン2012
プロローグ:1940年代のロンドン|フェデリコ・ブッチ
特集:世界のヴィラ
洞窟の家|ジルヴィア+レト・グムール
それでもなお|ロベルト・マジエーロ
門前の家|岡田哲史
日本的調和|フィリッポ・オルシーニ
リニアー・ハウス|パトカウ・アーキテクツ
反自然主義的モノクローム|マッシモ・フェッラーリ
ラス・アニタス邸|ソラーノ・ベニテス+ガビネテ・デ・アルキテクトゥーラ
私に興味があるのは建設する手法であってフォルムではない|アリチェ・ペルジーニ
ピックアップ:ショーン・ゴッドセル
RMITデザイン・ハブ|ショーン・ゴッドセル
人を狼狽させる知性の適切さとその効力|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN ニュース
2012年ミラノ・サローネ報告 Part2|上田敦子
CASABELLA JAPAN リーディング
建築とは何か──ル・コルビュジエ#2
ル・コルビュジエへのインタビュー:ル・コルビュジエの発言、1958-1962
|ジョン・ピーター [聞き手]

■『CASABELLA JAPAN 814
+CASABELLA 814』


編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい! 
[目次]
日本語版リーフレット
建築とは何か──ル・コルビュジエ #1
ル・コルビュジエへのインタビュー:ル・コルビュジエの発言、1958-1962|ジョン・ピーター[聞き手]
特集:読書のための建築
籬苑書屋|リー・シャオドン
精励な簡素さ|フランチェスカ・キオリーノ
チャスカ茶屋町|安藤忠雄
冷徹なる距離|ジャン=マリー・マルタン
マラネッロ市立図書館|磯崎新+アンドレア・マッフェイ
エミリアの地で見る日本的曲線|キアラ・バリオーネ
特集:考古学と修復
カーザ・カーヴァ文化センター/オーディトリアム|マテーラ市サッシ局+レナート・ラマッキア
時を越えた都市の心臓部にて|マルコ・ムラッツァーニ
ハイデルベルク城ビジターセンター|マックス・ドゥドラー
難解な庭園にて|ニコラ・ブラギエーリ
マリーエンベルクのベネディクト会修道院美術館|ヴェルナー・ツコル
修道士たちのための建築|マルコ・ムラッツァーニ
ブックレビュー
『建築とは何か:講義、講演、介入』|フランチェスコ・ヴェネツィア著[エレクタ、2011年]
「ル・コルビュジエ? 強情なまでに過去の誤謬に浸っている男だ」。フランチェスコ・ヴェネツィアは建築家論に対するわれわれのわだかまりを解く|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN ニュース
2012年ミラノ・サローネ報告 Part1|上田敦子
CASABELLA JAPAN セミナー
揺れ動くモダニズムのなかで
第7回──「3mの良心」を持つこと|岸和郎

■『CASABELLA JAPAN 813+CASABELLA 813』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:円(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
日本語版リーフレット
ピアノ──アメリカン・ノスタルジー
 アメリカン・ノスタルジー|CASABELLA編集部
 イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館増築|レンゾ・ピアノ
 ボヘミアン・ボストンの女王、レディー・イザベラの家|フェデリコ・ブッチ
特集:イタリアの別荘建築
 ドゥセンスキー・ヴィターレ邸|ヴィンチェンツォ・メッルーゾ
 異なる場所、異なる環境からの出自と距離|ダリオ・コスティ
 映画監督の家|リヴェラーニ/モルテーニ
 セルション氷堆石の円形劇場にて|フェデリコ・ブッチ
 メリーゴーラウンド
 ミラノ・モード|デヴィッド・チッパーフィールド、安藤忠雄、ジャン・ヌーヴェル
 モード、ラグジュアリー、資本主義|フランチェスコ・ダルコ
特集:新しきタワー
 ディアゴナル・ゼロ・ゼロ/テレフォニカ・タワー|EMBA
 合理ある有機|アルフレード・ザッパ
 プライム・タワー/マーグ=アレアル|ギゴン&ギヤー
 ディテールの差異|マルコ・ビアージ
CASABELLA JAPAN リーディング
 建築とは何か──エーロ・サーリネン#2
 エーロ・サーリネンへのインタビュー、1956&1958|ジョン・ピーター[聞き手]
CASABELLA JAPAN インタビュー
 フランチェスコ・ダルコ氏に聞く|小巻哲[聞き手]

■『CASABELLA JAPAN 812+CASABELLA 812』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:(本体3,500円+税)

 送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
日本語版リーフレット
編集言
 アンドレア・カミッレリ、エドアルド・ペルシコの謎の死|CASABELLA編集部
パノラマ
 エンツォ・フェラーリの生家ミュージアム|ヤン・カプリッキー+アンドレア・モルガンテ
 テクノロジーの代替可能性|ディヤン・スジック
 メリーゴーラウンド
 逆説的すぎないマニフェストの提案|ベアトリス・ラモ/STAR strategies+architecture
特集:デザイナーが建築家だった頃
 建築/デザイン|CASABELLA編集部
 イニャーツィオ・ガルデッラ、1905-99
 イニャーツィオ・ガルデッラ:建築とオブジェの世界|アンジェロ・ロレンツィ
 ルドヴィーコ・マジストレッティ、1920-2006
 ルドヴィーコ・マジストレッティ:デザインにおける記憶と創造|マルコ・ビアージ
 アンジェロ・マンジャロッティ、1921-/ブルーノ・モラッスッティ、1920-2008
 アンジェロ・マンジャロッティ、ブルーノ・モラッスッティ:手工芸と工業の間の建築・デザイン
 | ジュリオ・バラッツェッタ+マッテオ・ヴェルチェッローニ
CASABELLA JAPAN リーディング
 建築とは何か──エーロ・サーリネン#1
 エーロ・サーリネンへのインタビュー、1956&1958|ジョン・ピーター[聞き手]
CASABELLA JAPAN ディスクール
 道を思考する
 第14回─家が移動する|三宅理一




■『CASABELLA JAPAN 811+CASABELLA 811』

編集・発行:アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)
定価:3,675円(本体3,500円+税5%)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
 イヴォンヌ:ル・コルビュジエはどこでどうやって妻と出会ったか|フランチェスコ・ダルコ
 彫刻か?モデリングか?
 CMA-CGMタワー|ザハ・ハディド
 ウォーターフロント・ハイライズ|マルコ・ビアージ
 メリーゴーラウンド
 静寂の部屋|ダグ・ハマーショルド
 内面を見つめるための建築|フランチェスカ・キオリーノ
特集:ポルトガルは小国ではない
 ポルトガルは小国ではない|CASABELLA編集部
 リャビアの住宅|エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
 忘れられた家(よく知られた建築)|マルコ・ムラッツァーニ
 サンタ・イサベルの集合住宅|リカルド・バク・ゴルドン
 場の発明:リスボン、サンタ・イサベルの二連住宅|フェデリコ・トランファ
 プライベート・レジデンス|アルヴァロ・シザ
 「朝日はあらゆるものを分解する」|カルロッタ・トノン
特集:読む、聴く、見る
 ディエゴ・ポルタレス大学中央図書館|マティアス・クロッツ
 理想的連続性|ジョヴァンナ・クレスピ
 フィレンツェ・オペラ座|ABDR
 カッシナのオペラ座、旧フィレンツェ新音楽・文化公園|クラウディア・コンフォルティ
 州立ヨアネウム美術館増改築|ニエト+ソベハノ
 円環のロジック|ジョヴァンナ・クレスピ
ブックレビュー
 『ミケランジェロ:紙の上の人生』|レオナルド・バーカン著[プリンストン大学出版局、2011年]
 ミケランジェロ:フォルム、構造、素描|ヴィターレ・ザンケッティン
CASABELLA JAPAN セミナー
 揺れ動くモダニズムのなかで
 第6回─日本における「日本」の受容|岸和郎

■『CASABELLA 810+CASABELLA JAPAN 810』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:(本体3,500円+税)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
日本語版リーフレットページ
編集言
La Casa Das Heim 家|CASABELLA編集部
住まいの両極
COPAN集合住宅|オスカー・ニーマイヤー
都市の巨人:オスカー・ニーマイヤーとCOPAN集合住宅(1951-1970)|ダニエーレ・ピザーニ
カーザ・デッレ・ボッテレ|ジョン・ポーソン
凍てつく優美|ジャン=マリー・マルタン
メリーゴーラウンド
ところが100はあるんだよ(こどもたちの100の言葉)|ロリス・マラグッツィ
小さき者たちのために|マルコ・ムラッツァーニ
特集:文化のための空間
ミゲル・トルガ文化センター|エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
鉱物的建築|マルコ・ムラッツァーニ
ヘルツィアーナ図書館マックス=プランク・インスティチュート|フアン・ナバロ・バルデウェク
ヘルツィアーナ図書館の増改築|マルコ・ビアージ
国立科学技術博物館|アセボ×アロンソ
幾何学と構想|ジョヴァンナ・クレスピ
ブックレビュー
『 フィリッポ・ユヴァッラ:青年期』|トンマーゾ・マンフレディ著[ローマ、アルゴス、2010年]
フィリッポ・ユヴァッラ:ローマとヨーロッパを股にかけた建築界の貴公子|ジョヴァンナ・クレスピ
CASABELLA JAPAN リーディング
建築とは何か|ミース・ファン・デル・ローエ #2
ミース・ファン・デル・ローエへのインタビュー、1955&1964|ジョン・ピーター[聞き手]

■『CASABELLA 809+CASABELLA JAPAN 809』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:(本体3,500円+税)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
来たる年に向けて|CASABELLA編集部
極限の風景
ブルーマウンテン・ハウス|グレン・マーカット
マーカット:主題の変奏|ポール・マクギリック
砂漠の学校|スタジオ・アルコ
有用な有用性|マッシモ・フェッラーリ
メリーゴーラウンド
非今日的なものの現代性|フランチェスコ・ダルコ
特集:労働の場
国立セブラエ指導センター|プントーニ、マルゴット、ソドレ、デイヴィース
形象と実質|カルロッタ・トノン
プラティック本社・工場|グリ&ズッキ/GEZA
美しき工場|ジャン=マリー・マルタン
特集:文化の場
屋内広場|エドゥアルド・カスティーリョ
色づく影、サンティアゴの仮設建築|ジョヴァンナ・クレスピ
ピタゴラス博物館|ブレーシァ&プリンチピ/OBR
ピタゴラスの帰還(博物館と庭園)|マルコ・ムラッツァーニ
ワイン・ミュージアム|ジル・ペロダン
設置された建築|フランチェスカ・キオリーノ
ブーローニュ=ビヤンクールのイスラム・センター|ピエール・ルイ・ファロシ
毎日5回|マッシモ・フェッラーリ
ブックレビュー
『ムーラルノマド:壁画のパラドクス、ヨーロッパ1927-1957』 |ロミー・ゴラン著[イェール大学出版局、2010年]
近代建築と壁画:逆説の関係|フアン・ホセ・ラウエルタ
CASABELLA JAPAN リーディング
建築とは何か─|ミース・ファン・デル・ローエ #1
ミース・ファン・デル・ローエへのインタビュー、1955&1964|ジョン・ピーター[聞き手]

■『CASABELLA 808+CASABELLA JAPAN 808』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:(本体3,500円+税)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
シャトー・ラ・コスト ── 建築主、建築家、建築
シャトー・ラ・コスト|安藤忠雄、ジャン・ヌーヴェル、フランク・O・ゲーリー
「誰がヌードになる権利を有するのか?」建築主なくしてパーティーなし|フランチェスコ・ダルコ
必要欠くべからざる農園の隠れ家|フランチェスカ・キオリーノ
インサイド/アウトサイド
チョポ大学美術館|TENアルキテクトス
雲ひとつないメキシコ|マッシモ・フェッラーリ
チョコレート博物館|METRO
企業ミュージアム|ジョヴァンナ・クレスピ
特集:信仰の場
ロンシャン礼拝堂:クララ女子修道院&ビジターセンター|レンゾ・ピアノ
喜び、沈黙、祈り:レンゾ・ピアノへのインタビュー|ニコラ・ブラギエーリ
サン・カルロ・ボッロメーオ聖堂|モネスティローリ・アルキテッティ・アッソチアーティ
帰結としてのフォルム|マッシモ・フェッラーリ
ノートルダム・デュ・ロゼール聖堂|ENIAアルシテクツ、マウロ・ガランティーノ
確信はない|マッシモ・フェッラーリ
ブックレビュー
『パウル・ボナーツ 1877-1956』
|ウォルフガング・ヴォイト、ローランド・マイ編[ヴァスムート社、2010年]
『ハンス・ペルツィヒ:建築家・教育者・芸術家、1869-1936』
|ウォルフガング・ペーント、マティアス・シーレン編[DVAアーキテクチュール、2007年]
老練なナチス建築家を支持すること:ボナーツ、ペルツィヒ、シュミットヘンナー
|ウィンフリート・ネーディンガー
CASABELLA JAPAN 2011年度 総目次
監修者として思うこと|小巻哲

■『CASABELLA 807+CASABELLA JAPAN 807』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:(本体3,500円+税)

 送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
表面と物事の意味の衰退:なぜ建築家たちはコルテン鋼を好んで使うのか|フランチェスコ・ダルコ
特集:コルテン鋼
Looptecture福良|遠藤秀平
アラベスク模様をなすパネルの予期せぬ力|マルコ・ビアージ
チリ・カトリック大学デザイン学部・都市研究所|セバスチャン・イララザバル
学校の中の学校|ジョヴァンナ・クレスピ
ロードサイド・レスト・ストップ|マンシー・クラ
北国にて|マッテオ・ヴェルチェッローニ
ウォーバートン鉄道歩道橋|シーン・ゴッドセル
再生した鉄道の古き橋|フランチェスカ・キオリーノ
特集:中国故事2/古き都市、新しき町
古き都市、新しき町|フェデリコ・ブッチ+マッテオ・ヴェルチェッローニ
中国国家博物館|GMP
記憶とプロパガンダの間の「世界最大の博物館」|マルコ・ビアージ
上海ガラス博物館|Logon
工場の記憶|マッシモ・フェッラーリ
深?タウン|WSPアーキテクツ
高密度|マッテオ・ヴェルチェッローニ
龍山の教会|WSPアーキテクツ
効果的なコントラスト|フランチェスカ・キオリーノ
スイミング・ロンドン
ロンドン・オリンピック水泳競技場|ザハ・ハディド
2期のプロジェクト|マルコ・ビアージ
ブックレビュー
『エルンスト・マイ 1886-1970』|展覧会図録[プレステル社、2011年]
エルンスト・マイ 1886-1970:展覧会と図録|マルコ・デ・ミケーリス
CASABELLA JAPAN セミナー
揺れ動くモダニズムのなかで
第5回─失速したモダニストたち|岸和郎

■『CASABELLA 806+CASABELLA JAPAN 806』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:(本体3,500円+税5%)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
建築とは何か─フランク・ロイド・ライト #2
フランク・ロイド・ライトへのインタビュー、1955 & 1956|ジョン・ピーター[聞き手]
マビノギオンとタリアシンの神話|フランチェスコ・ダルコ
特集:虚飾なきデザイン
ロ・バルネチェアの集合住宅|アレハンドロ・アラヴェナ
戸、窓、雨樋、天窓|マッシモ・フェッラーリ
ELEMENTALとは何か|アレハンドロ・アラヴェナ
セラミック・クラウドとオールド・ハウス|隈研吾
注意力と簡潔さ─隈研吾とカサルグランデ・パダーナ社:有能な建築家と賢明な施主|
ジャン=マリー・マルタン
ハンバッハ城の修復・増築|マックス・ドゥドラー
「廃墟からの復活」|ニコラ・ブラギエーリ
廃墟と保存:過ぎ去った時間を保存する
ディアナ神殿ビジター・センター|ホセ・マリア・サンチェス・ガルシア
歴史の刷新|ジョヴァンナ・クレスピ
ムゼオ・カオ|クラウディア・ウッチェッリ・ロメロ
砂に突き刺した指:セニョーラ・デ・カオの博物館|アリチェ・ペルジーニ
CASABELLA JAPAN ディスクール
道を思考する
第13回─昆布の道|三宅理一

■『CASABELLA 805+CASABELLA JAPAN 805』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:(本体3,500円+税)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
ムッソリーニの愛の巣|フランチェスコ・ダルコ
3つのミュージアム
ハーレー・ダビッドソン博物館|ペンタグラム/ビーバー
レジェンドの博物館|マッテオ・ヴェルチェッローニ
ストーン・スカルプチュア・ミュージアム|安藤忠雄
田園のミュージアム|マルコ・ビアージ
ルゴ市歴史インタラクティブ・ミュージアム|ニエト・ソベハノ・アルキテクトス
メタリックな風景|ジョヴァンナ・クレスピ
再検証:ヴィラ・ペタッチ、1937-39
ヴィラ・ぺタッチ|アメデオ・ルッチケンティ、ヴィンチェンツォ・モナコ
「金色のトラバーチンとガラスでできた真っ白なヴォリューム、大胆な階段と際立つ空洞」|
パオロ・メリス
2つの住宅
ルーフテクチャー波賀|遠藤秀平
桜の花の満開の下|マルコ・ビアージ
AA邸|カルロス・フェラテール+ハビエル・マルティ
斜めの法則|マッシモ・フェッラーリ
建築とは何か─フランク・ロイド・ライト #1
フランク・ロイド・ライトへのインタビュー、1955&1957|ジョン・ピーター[聞き手]
CASABELLA JAPAN セミナー
揺れ動くモダニズムのなかで
第4回─読み替えられるモダニズム|岸和郎

■『CASABELLA 804+CASABELLA JAPAN 804』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:円(本体3,500円+税)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
verde, green, vert, grun ... 緑色|CASABELLA編集部
特集:文化のための空間
カタルーニャ自治州フィルム・ライブラリー|ジョゼップ・ルイス・マテオ
そして船は行く|ホセペ・M・ロビラ
オナシス財団本部|アーキテクチャー・スタジオ
軽い素材|ルイザ・フェッロ
BBK講堂|アルヴァロ・シザ
多過ぎず、少な過ぎず|カルロッタ・トノン
モディカ多目的市民センター|エマヌエーレ・フィドネ
光の物質性|マルツィア・マランドラ
フェレリエス文化センター|アルキテクトゥリア/ホセペ・カンプス+オルガ・フェリプ
縦縞模様の一致|ジョヴァンナ・クレスピ
リヴァーサイド・ミュージアム|ザハ・ハディド
遺物たちの滑らかな追いかけっこ|マルコ・ビアージ
ピックアップ:カルレス・ムロ
インカ市営市場、CAP初期診療センター|カルレス・ムロ
ピノッキオの眼|エンリコ・モルテーニ
2つのプロジェクト比較|カルロス・マルティ・アリス
サンティアゴからインカへ|アルヴァロ・シザ
エル・カスティージョの展望台|
メルセデス・ミラス・バレラ+ルイス・カスティージョ・ビリェガス
抽象的ヴォリューム|マッテオ・ヴェルチェッローニ
CASABELLA JAPAN リポート
建築に作用する「力(Force)」─アレハンドロ・アラヴェナ展を巡って|小巻哲
CASABELLA JAPAN フォーラム
空間史に向かって
第10回─夢の空間|横山正

■『CASABELLA 803+CASABELLA JAPAN 803』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:(本体3,500円+税)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
1979年以後のプリツカー建築賞|CASABELLA編集部
特集:ミュージアム
ベルリン自然史博物館|ディーナー&ディーナー
〈動物の運命〉:ベルリン自然史博物館の再建と修復|ニコラ・ブラギエーリ
サン・テルモ美術館新館|ニエト+ソベハノ
時と季節に身を委ねる建築:サン・セバスチャンのサン・テルモ美術館拡張|ジョヴァンナ・クレスピ
ターナー・コンテンポラリー|デヴィッド・チッパーフィールド
さらさらの砂浜で:ターナーへのオマージュ|ニコラ・ブラギエーリ
水のミュージアム|フアン・ドミンゴ・サントス
場の痕跡:シエラ=ネバダの水と土地に捧ぐミュージアム|マッテオ・ヴェルチェッローニ
エストリル・ソル・レジデンス|ゴンサロ・ビルネ
統合の雄弁さ|マルコ・ムラッツァーニ
リサーチ・センターと宿舎|マヌエル+フランシスコ・アイレス・マテウス
鯨の島|カルロッタ・トノン
特集:ワイナリー
テヌータ・デッレ・リバルテのワイナリー|トビア・スカルパ
五感の鉱脈|フランチェスカ・キオリーノ
ポルティアのワイナリー|フォスター+パートナーズ
ヒエラティック・パノプティコン(聖なる一望監視装置)|フランチェスカ・キオリーノ
キンタ・ド・ヴァリャドのワイナリー|ゲデス+デ・カンポス
石の蟹ばさみ|アルベルト・ムッファート
ブックレビュー
『ル・コルビュジエ:ある生涯』|ニコラス・フォックス・ウェーバー著[クノップフ、2009年]
『ル・コルビュジエ:文人』|M・クリスティン・ボイヤー著[プリンストン建築出版局、2011年]
ル・コルビュジエ:著作にみる人生|ジャン=ルイ・コーエン
CASABELLA JAPAN ニュース
2011年ミラノ・サローネ報告 Part2|上田敦子
CASABELLA JAPAN セミナー
揺れ動くモダニズムの中で
第3回─アメリカにおけるモダニズムの受容[2]|岸和郎

■『CASABELLA 802+CASABELLA JAPAN 802』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:(本体3,500円+税)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
読者の皆様へ|CASABELLA編集部
ポルタ・ヌオーヴァの塔|フランチェスコ・マニャーニ+トローディー・ペルツェル
尋常ならざる作品:例外があることは規則である証拠にならない|フランチェスコ・ダルコ
特集:中国故事
序─ある現象学についての覚書|フェデリコ・ブッチ+マッテオ・ヴェルチェッローニ
上海:もうひとつの中国|キアラ・バリオーネ
パーク・ホテル本日オープン|ルカ・ポンチェッリーニ
南京路のペデストリアン・キオスク|アトリエ・リウ・ユーヤン・アーキテクツ
極小都市 vs ビッグネス:群衆の海に浮かぶキオスク|フェデリコ・ブッチ
胡同バブル32|スタジオMAD
建築的寄生生物|マッテオ・ヴェルチェッローニ
チベットの2作品:「瞑想の庭」と「ビジターセンター」|スタンダードアーキテクチャー
チベット、儚き土地|フランチェスカ・キオリーノ
リサーチ・センターと宿舎|マヌエル+フランシスコ・アイレス・マテウス
鯨の島|カルロッタ・トノン
スリランカの住宅|安藤忠雄
文体練習|マッシモ・フェッラーリ
ニューワールド・センター/ニューワールド交響楽団キャンパス|フランク・O・ゲーリー
少、多、過多?|ジャン=マリー・マルタン
CASABELLA JAPAN ニュース
2011年ミラノ・サローネ報告 Part1|上田敦子
CASABELLA JAPAN ディスクール
現道を思考する
第12回─毛皮の道|三宅理一

■『CASABELLA 801+CASABELLA JAPAN 801』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:(本体3,500円+税)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
忘却は罪である:救うべき傑作|フランチェスコ・ダルコ
ロンボ峠の観光施設・ミュージアム|ヴェルナー・ツコル
建築とアルプスの自然景観|マルコ・ムラッツァーニ
ブルックリン・ブリッジ・パーク|マイケル・ヴァン・ヴァルケンバーグ
ニューヨーク湾岸|マッテオ・ヴェルチェッローニ
コロンビア大学ノースウェスト・コーナー・ビル|ラファエル・モネオ
アメリカ式モネオ:賢く煙に巻く技|ジャン=マリー・マルタン
特集:広場
序──広場と屋外空間
カディスのアスレチック広場|アルベルト・カンポ・バエザ
眼差しの地平|ジョヴァンナ・クレスピ
ディエゴ・デ・メネセス広場|ミゲル・アルーダ
地表を切り開く|フィリッポ・オルシーニ
ウーゴ・ダッロ広場とサン・ルイージ広場の再生|アルベルト・フェルレンガ
リッツァータ・デッリ・スゲッリとその他の歴史|マッシモ・フェッラーリ
ブリエンノの公園|ロレンツォ・ノエ
機械仕掛けのモグラ|ニコラ・ブラギエーリ
ラリン市庁舎|マンシーリャ+トゥニョン
ピンボール・スペース|フアン・レスカス・バツァン
ブックレビュー
『ピエル・ルイジ・ネルヴィ:挑戦としての建築』|
カルロ・オルモ、クリスティアーナ・キオリーノ編[シルヴァーナ、2010年]
『ピエル・ルイジ・ネルヴィの講義』|
アンナリーザ・トレンティン、トマーゾ・トロンベッティ編[ブルーノ・モンダドーリ、2010年]
ピエル・ルイジ・ネルヴィ:展覧会図録と講義録|マルツィア・マランドラ
CASABELLA JAPAN レクチャー
現代に巡り来た変革の時代
第12回─動き出した「身のまわり」|原広司

■『CASABELLA 800+CASABELLA JAPAN 800
(創刊800号記念特別号)』


編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:(本体3,500円+税)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
建築とは何か─CASABELLA 800号に寄せて|CASABELLA編集部
建築とは何か:4篇の対話より
| 対話01|
ラファエル・モネオ+アントン・ガルシア=アブリル
2011年1月3日、マドリードにて
| 対話02|
フランチェスコ・ヴェネツィア+アントニオ・モネスティローリ
2010年11月19日、ミラノにて
| 対話03|
アルヴァロ・シザ+エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ
2010年12月11日、ポルトにて
| 対話04|
フランク・O・ゲーリー+フランチェスコ・ダルコ
2011年1月13日、ロサンゼルスにて

■『CASABELLA 799+CASABELLA JAPAN 799』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:3,675円(本体3,500円+税5%)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
ミラノ、イニャツィオ・ガルデッラのカーザ・デル・パルコ:刷新すべき都市の守るべき文化財|
CASABELLA編集部
広州オペラハウス|ザハ・ハディド
珠江に現れた巨岩|フェデリコ・ブッチ
特集:地下空間
アース・ハウス|チョ・ビョンス
隠された家|マッテオ・ヴェルチェッローニ
火山博物館|ヌーノ・リベイロ・ロペス
地下世界の物語|マッテオ・ヴェルチェッローニ
ホルトゥス・コンクルススとアート・スペース|Sp10スタジオ
美味なるバジリコの庭にて|ニコラ・ブラギエーリ
キンタ・ヂ・ボウコス|ヌノ・ブランダン・コスタ
向かい合うこと|カルロッタ・トノン
現代文化センター|エンリコ・ノヴェッロ
パッラーディオのヴィラにおける庭の貯蔵庫から|マルコ・ムラッツァーニ
日本の住宅 3題
区の家、廊の家|武井誠+鍋島千恵/TNA
木陰の家|フランチェスカ・キオリーノ
アトリエ・ビスクドール|前田圭介/UID
人形のための多義的な家|アンドレア・マッフェイ
ミラノ20世紀美術館
20世紀美術館|イタロ・ロータ+ファビオ・フォルナザーリ
ミラノのある美術館の歴史|フルヴィオ・イラーチェ
CASABELLA JAPAN セミナー
揺れ動くモダニズムのなかで
第2回─アメリカにおけるモダニズムの受容[1]|岸和郎
CASABELLA JAPAN レクチャー
空間史に向かって
第9回─箱という劇場|横山正

■『CASABELLA 798+CASABELLA JAPAN 798』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:3,675円(本体3,500円+税5%)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
「 建築の相のもとに」世界を見る|CASABELLA編集部
サン・ピオ・ダ・ピエトレルチーナ教区センター|アンセルミ&アッソチアーティ
マラフェーデ地区の敬虔なるうねり|マルツィア・マランドラ
特集:雑踏を離れて
ヴァンドゥーブルの畜産施設|シャルル・ピクテ
畏敬と知恵|ニコラ・ブラギエーリ
農場パヴィリオン|カルロス・バラード+モニカ・ベルトリーノ
テクトニクスと自然|カルロッタ・トノン
特集:設計と保存
序文─保存、設計、「生の律動」|フランチェスコ・ダルコ
サン・テルモ宮再生計画|ギリェルモ・バスケス・コンスエグラ
明澄さに基づく再生|イグナシオ・デ・ラ・ペニャ・ムニョス
工場跡地の再開発|エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ+グラサ・コレイア
模範的再生計画:哀惜も郷愁も捨てて過去と向き合えるか|フランチェスコ・ダルコ
CASABELLA JAPAN ディスクール
道を思考する
第11回─奴隷の道|三宅理一
CASABELLA JAPAN トーク
「議論の場を設計する」こと|藤村龍至

■『CASABELLA 797+CASABELLA JAPAN 797』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:(本体3,500円+税)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
カルロ・スカルパ「オリヴェッティ・ショールーム」:よみがえる傑作|CASABELLA編集部
特集:新しい高層建築
序文─ニューヨーク、グラウンド・ゼロの未来
ベークマン・タワー|フランク・O・ゲーリー
「私は面白く、良くありたい」フランク・O・ゲーリー/
「私は面白くなりたくない。良きものでありたい」 ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ
|ピッポ・チオッラ
アクア・タワー|スタジオ・ギャング
液化スクリーン|マッテオ・ヴェルチェッローニ
イギリスにおけるパラディアニズム
序文─バーリントン卿のチズウィック・ハウス
チズウィック・ハウス&ガーデンズ、1715-2010|エレオノーラ・ピスティス
チズウィック・ハウス・カフェ/チズウィック・ハウス&ガーデンズ|カルーゾ・セントジョン
カルーゾ・セントジョンのチズウィック・ハウス・カフェ|エレオノーラ・ピスティス
ミュージアム2題
ロックバンド・プロジェクト/上海外灘美術館|デヴィッド・チッパーフィールド
外灘源のイギリス人たち|フェデリコ・ブッチ
ロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA)増築|レンゾ・ピアノ
ピアノの時代|フェデリコ・ブッチ
CASABELLA JAPAN セミナー
揺れ動くモダニズムのなかで
第1回─爛熟の後に来るもの|岸和郎
CASABELLA JAPAN レクチャー
現代に巡り来た変革の時代
第11回─美学を巡る諸現象|原広司

■『CASABELLA 796+CASABELLA JAPAN 796』

編集・発行:
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
定価:3,675円(本体3,500円+税5%)

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
編集言
学校とミュージアム|CASABELLA編集部
特集:万人のための学校
ブリッジ・スクール(橋上書屋)|リー・シャオドンある中国から別の中国へ|フランチェスカ・キオリーノ
KIT HOUSE|岸和郎
オーバーラップ技法の試み|マルコ・ビアージ
モンテレオーネの新教育施設|アンジェロ・トッリチェッリ
学校へ─四方を壁に護られて|フェデリコ・ブッチ+ジャンルカ・チォッフィ
パンプローナの保育園|ハビエル・ララース
簡潔な合理性|ジョヴァンナ・クレスピ
特集:世界のミュージアム
アメリカ博物館|アントン・ガルシア=アブリル
素早い線刻|カルロッタ・トノン
ミメーシス・ミュージアム|アルヴァロ・シザ
建築家の地図帖|マルコ・ムラッツァーニ
イニョチン現代アートセンター/アドリアーナ・ヴァレジャン・ギャラリー|
ロドリーゴ・セルヴィーニョ・ロペス
「カオスは数メートル先に追いやられた」|カルロッタ・トノン
人類進化博物館|フアン・ナバロ・バルデヴェク
進化のしるし|イグナシオ・モレノ・ロドリゲス
ベルリン城
ベルリン城再建計画/フンボルト・フォーラム|フランコ・ステッラ
ベルリンの城塞|セバスチャン・レデク
CASABELLA JAPAN フォーラム
空間史に向かって
第8回─ボッロミーニの空間構成|横山正

 
CASABELLA 767       日本語版リーフレット
『CASABELLA JAPAN 767+日本語版リーフレット』
編集・発行:ASJメディア
定価:(本体3,500円+税)
300mm×300mm 163p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
日本語版リーフレットページ
02|巻頭言:建築教育について ミース・ファン・デル・ローエの建築教育論
03|再検証[1]:メゾン・カレ メゾン・カレ|アルヴァ・アアルト&エリッサ・アアルト 素晴らしき遺蹟フランチェスコ・ダルコ
07|住宅特集  ウィルソン邸|デントン・コーカー・マーシャル 味わってみたい家 マルコ・ムラッツァーニ 群島の家|タム&ヴィデガルド・ハンソン 自ずと現れる北欧的特質 エンリコ・モルテーニ T-HOUSE|窪田勝文 空洞への下降 フランチェスカ・キオリーノ サガポナックの家─家具の家No.5|坂茂 ミースへのオマージュ:ハンプトンの坂茂 キアーラ・バリオーネ 半独立住宅|チェンチョウ&リトル 重ねの戦略マルコ・ビアージ マルテマル邸|アントン・ガルシア=アブリル 風景の中の技術的実験 カルロッタ・トノン
13|再検証[2]:ファーンズワース邸 ファーンズワース邸|ミース・ファン・デル・ローエ 建築の詩 ダーク・ローハン 事実とそれを巡る状況:ファーンズワース邸の物語 フランチェスコ・ダルコ マイロン・ゴールドスミス:ファーンズワース邸に学んで ニコラス・アダムス
16|CASABELLA  JAPANフォーラム建築・美術を巡る10の事件簿
第5回―18世紀「グランド・ツアー」
磯崎新/新保淳乃[ナビゲーター] AADD ART ARCHITECTURE DEVELOPPEMENT
DURABLE
23|TALK リアリティの新たな地平 石上純也 23|WORD エスパス―穴と塔 神田浩一
23|VIEW 周縁からのフィールドワーク―ある庭のためのスタディ 小野規
23|EURO-REPORT ミュンスターにみるドイツの街づくり 藤井達矢

 
CASABELLA 765        日本語版リーフレット
『CASABELLA JAPAN 765+日本語版リーフレット』
編集・発行:ASJメディア
定価:円(本体3,500円+税)
300mm×300mm 163p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
日本語版リーフレットページ
02|特別再録:ソットサス追悼 構造、色彩、光 エットレ・ソットサスJr.
04|カラバンケル16集合住宅|FOA 動き続けるファサード フランチェスカ・キオリーノ
09|ボウサのSAAL集合住宅|アルヴァロ・シザ ボウサ、30年の後 アルヴァロ・シザ ボウサから学ぶこと マルコ・ムラッツァーニ
11|特集:マドリッドの美術館 もし都市が美術館になったなら フランチェスコ・ダルコ プラド美術館増築|ラファエル・モネオ 叙述的計画書の重要性 リカルド・サンチェス=ランプレアーヴェ プラド増築に寄せて:アイロニーについての覚書フアン・ホセ・ラフエルタ カイシャ・フォーラム|ヘルツォーク&ド・ムーロン キューブとアラベスク パトリシア・モリンス
15|CASABELLA JAPANフォーラム建築・美術を巡る10の事件簿
第3回―17世紀「権力者のパトロネージ」  磯崎新/新保淳乃[ナビゲーター] AADD ART
ARCHITECTURE DEVELOPPEMENT DURABLE
23|TALK 建築が期待される場所小嶋一浩+赤松佳珠子
26|MUSIC 音楽の構築三宅純
28|ART La Cite Internationale des Arts[シテ・デザール] AADD編集部 日本の銅版画展井関北斗
31|WORD インスタレーション高藤芳丞
34|ACTUAL 「建築家」の協会出江寛
open! architecture AADD編集部

 
CASABELLA 764        日本語版リーフレット
『CASABELLA JAPAN 764+日本語版リーフレット』
編集・発行:ASJメディア
定価:(本体3,500円+税)
300mm×300mm 163p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
日本語版リーフレットページ
02|編集言:特集に寄せて普通の国の普通の建築 フランチェスコ・ダルコ
04|FATA本社社屋|オスカー・ニーマイヤー&リッカルド・モランディ ニーマイヤーとモランディのFATA本社社屋 マルツィア・マランドラ
09|ポンツァーノ・ヴェネト保育園|アルベルト・カンポ・バエザ 天空に開かれた箱ニコラ・ブラギエーリ
11|イェゾーロ・リド・ヴィレッジ|リチャード・マイヤー 長大なアメリカ的直線エンリーコ・モルテーニ
12|ブックレビュー 『新千年紀における建築』|レオナルド・ベネーヴォロ著[ラテルツァ社、2006年]
「モダン/近代的」を考える:歴史と時事ニュースの間でマウリーツィオ・ガルガーノ
15|CASABELLA JAPANフォーラム建築・美術を巡る10の事件簿
第2回―1960─70年代「消えたユートピア」  磯崎新/阿部真弓[ナビゲーター] AADD ART
ARCHITECTURE DEVELOPPEMENT DURABLE
23|TALK ボーダーの向こうへ 隈研吾
26|ACTUAL 日本の文化とサブカルチャーについて ケネス・フランプトン/山口隆
28|OPINION 「間」の永続性 フランク・サラマ
31|ART エロスの容積(かたち) ─松谷武判 高藤芳丞
34|ART エロスの容積(かたち) ─松谷武判 高藤芳丞
36|TECHNOLOGY 座談会:エンジニアリングの展開
株式会社テクノウェーブ+玄・ベルトー・進来、岸本和彦

 
CASABELLA 763       日本語版リーフレット
『CASABELLA JAPAN 763+日本語版リーフレット』
編集・発行:ASJメディア
定価:(本体3,500円+税)
300mm×300mm 163p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
日本語版リーフレットページ
02|編集言:CASABELLA創刊80周年に寄せて
ジュゼッペ・パガーノの遺書CASABELLA編集部
03|マヨルカの家|アルヴァロ・シザ
アルヴァロ・シザ:「思慮深い人」の幸福フランチェスコ・ダルコ
05|グレンバーンの家|ショーン・ゴッドセル
望遠鏡のような部屋フランチェスカ・キオリーノ
06|茶室考:藤森照信の茶室6題
茶室という極小空間藤森照信
空の穴―藤森照信による空の切り抜きJ・K・マウロ=ピエルコンティ
10|ニューミュージアム|妹島和世+西沢立衛/SANAA
ニューミュージアムについてジョアン・オクマン
12|カイザーテルメンの新玄関|オズヴァルト・マティアス・ウンガース
思想の精密度ヴァルター・A・ノーベル
15|ノルドパルク・ケーブル鉄道|ザハ・ハディド 唯一無二の芸術作品としての建築的オブジェにおける細部の論理マルコ・ビアージ
16|ブックレビュー 『直角の詩』|ル・コルビュジエ著[ル・コルビュジエ財団―エレクタ社、2007年]ある独学者の言葉デボラ・アントニーニ
19|CASABELLA JAPANフォーラム建築・美術を巡る10の事件簿
第1回―16世紀「サッコ・ディ・ローマ」磯崎新/新保淳乃[ナビゲーター] AADD ART
ARCHITECTURE DEVELOPPEMENT DURABLE
「AADD」は日本語版作成スタッフが取材・編集を行う
日本語版独自のコーナーとして、今号よりスタート致しました。
28|ACTUAL フランプトン来日レポートAADD編集部
テクトニックを巡ってケネス・フランプトン/山口隆
31|TALK 新しい時代の風景に向かって妹島和世+西沢立衛
34|REPORT 差異とメディア:場所と対話
37|TECHNOLOGY  エンジニアリング・クリエイティビティ: 株式会社テクノウェーブに聞く 高藤芳丞

 
本誌             日本語版リーフレット付き
『CASABELLA JAPAN 761-2+日本語版リーフレット』
編集・発行:ASJメディア
定価:(本体3,500円+税)
300mm×300mm 163p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
特集:書物の居場所
02|OMUの図書室|オズヴァルト・マティアス・ウンガース
追悼:オズヴァルト・マティアス・ウンガース19 26-2007 キアーラ・バリオーネ
02|国立中央図書館|ハンス・シャロウン
読書の風景と建築的シンボルウィンフリード・ネーディンガー
05|ベイニッケ稀覯本図書館|ゴードン・バンシャフト/SOM
建築的マニフェストとしてのベイニッケ図書館ニコラス・アダムス
09|ホセ・バスコンセロース図書館|アルベルト・カラチ
知識の庭としての箱舟ミケル・アドリア
11|デモイン公立図書館|デヴィッド・チッパーフィールド
特徴のない都市のための控えめで質素な外被ジャン=マリー・マルタン
12|教皇庁立ラテラーノ大学ピウス9世図書館|キング・ロセッリ
教皇も閲覧利用する図書館フェデリコ・ブッチ
14|ラザロ・カルテール公立図書館|CH+QS 書籍の中の遊歩道メルセデス・ダゲール
14|アゾーレス大学付属中央図書館|アトリエ・デ・サントス 本と本の間を歩くマルコ・ムラッツァーニ
15|アルヴァロ・デ・カンポス市立図書館|ジョアン・ルイス・カリーリョ・ダ・グラサ
自由を建設する―読書によってフランチェスカ・キオリーノ
16|カルタヘナ工科大学図書館|マルティン・レハラーガ
アンティゴネス兵舎ヴォールト天井の下に生まれた読書空間キアーラ・バリオーネ
17|アスプルンド設計競技:ストックホルム市立図書館増築案ジョアン・マーテリウス
19|インターネットが図書館を陳腐化することはないのは、なぜかマーク・ヤングブラッド・ヘリング
24|キケ邸|ジャンニ・ボツフォード
自分だけの2部屋ジョヴァンナ・クレスピ
25|CASABELLA JAPAN ニュース 隈研吾展「2 匹の鯉:水と大地―農村と都市―現象学」 上田敦子[ASJミラノ支局]
ローマの図書館事情 新保淳乃

 
本誌             日本語版リーフレット付き
『CASABELLA JAPAN 760+日本語版リーフレット』
編集・発行:ASJメディア
定価:(本体3,500円+税)
300mm×300mm 163p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
日本語版リーフレットページ
02|美術館建築の現在 特集にあたって CASABELLA編集部
コルンバ美術館|ピーター・ズントー
瞑想/凝視のための美術館 キアーラ・バリオーネ
ロシュフォール美術・歴史博物館|ピエール=ルイ・ファロシ
分析的プロジェクトと、都市の入れ子構造ジャック・リュカン
アクロン美術館|コープ・ヒンメルブラウ
水晶と雲 キアーラ・バリオーネ
青森県立美術館|青木淳
ある建築の考古学的発掘 フランチェスカ・キオリーノ
10|検証:フランク・ロイド・ライトのグッゲンハイム美術館はいかにして建造されたのか
 ニューヨーク・グッゲンハイム美術館の構造的機能トマーゾ・トロンベッティ
15|ポルトガル建築の新潮流 ポルトガル:若手建築家たちマルコ・ムラッツァーニ
ポルトガル、ヨーロッパヴィットーリオ・グレゴッティ
グァルダ市立劇場|カルロス・ジョルジ・コエーリョ・ヴェローゾ
都市の断片マルコ・ムラッツァーニ
モガドウロのバス・ステーション|ファティマ・フェルナンデス+ミケーレ・カンナータ
境界領域の建築マルコ・ムラッツァーニ
ジェレスの家|グラサ・コレイア+ロベルト・ラガッツィ
探求されたコントラストマルコ・ムラッツァーニ
20|ピックアップ:ギリェルメ・マシャド=ヴァス 伝統を解釈することカルロッタ・トノン
21|ブックレビュー 『エーロ・サーリネン:未来を造形する』|エーヴァ=リーサ・
 ペルコネン、ドナルド・アルブレヒト編[イェール大学出版局、2006年]サーリネン
 再構築キアーラ・バリオーネ
23|CASABELLA JAPAN ニュース 2007年度バルバラ・カッポキン国際建築賞上田敦子

 
本誌                日本語版リーフレット付き
『CASABELLA JAPAN 759+日本語版リーフレット』
編集・発行:ASJメディア
定価:(本体3,500円+税)
300mm×300mm 163p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
日本語版リーフレットページ
02|グラウンド・ゼロ─過去から未来へ グラウンド・ゼロ:事実と歴史 フランチェスコ・ダルコ第7世界貿易センタービル|SOM SOMの伝統に従って/7WTCとサステイナビリティ CASABELLA編集部
13|仮設的構築術 エッシュ・シュル・アルゼット市政100周年記念展パヴィリオン
|EMBT/ベネデッタ・タリアブエ+福田誠パヴィリオンは薔薇の花ではない…… カルロッタ・トノンジュリオ・パガーニ・カヌークラブハウス スタジオ・マルク湖畔の「知的なバラック」 マルコ・ムラッツァーニミラノ工科大学キャンパス・ポイント|アルトゥーロ・モンタネッリ堅固な暫定性 マルコ・ムラッツァーニ
15|合理と熟成─2 つのワイン醸造所 ロッカ・ディ・フラッシネッロのワイン醸造所|レンゾ・ピアノ 郷土の銘柄 フランチェスカ・キオリーノ除梗破砕場での葡萄の収穫 クラウディア・コンフォルティコッレマッサーリのワイン醸造所|エドゥアルド・ミレージ持続可能なワイン造り フランチェスカ・キオリーノ
19|ピックアップ:カルーソ& セント・ジョン・アーキテクツ カルーソ&セント・ジョン・アーキテクツの作品ジャン=マリー・マルタン
20|潜水艦の後で…… Uボート・ブンカー/第14ドック|LINアーキテクツ消え得ぬ記憶 フェデリコ・ブッチ
23|ブックレビュー 『フィリッポ・ブルネッレスキ』|アルナルド・ブルスキ著[エレクタ社、2006年]ブルネッレスキ:変革者か、あるいは近代人か? マリオ・マニエーリ・エリア
27|CASABELLA JAPAN NEWS レンゾ・ピアノの「見える都市」展上田敦子

 
本誌                日本語版リーフレット付き
『CASABELLA JAPAN 758 -日本語版リーフレット-』
編集・発行:ASJメディア
定価:(本体3,500円+税)
300mm×300mm 163p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
CASABELLA(カザベラ)とは、建築・住宅・プロダクツに関する優れた情報をイタリア・ミラノから世界に発信している建築・デザインの総合誌です。1928年に創刊されて以来、80年の長きにわたって多くの建築家やデザイナーに読み継がれてきています。そのカザベラ誌がアーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)によってオリジナルのCASABELLA(カザベラ)と日本語リーフレットの1セットとなって『CASABELLA JAPAN(カザベラジャパン)』として日本で販売されます。
国際誌CASABELLA(カザベラ)の持つオリジナリティへの敬意と日本の読者への便宜を同時に実現しようというチャレンジでもあり、海外雑誌の新しい購読スタイルへの提案でもあります。今後とも『CASABELLA JAPAN(カザベラジャパン)』に御期待ください。
[目次]
日本語版リーフレットページ
02|ブラジリア:50枚の図像
ブラジリアの教え CASABELLA編集部
ブラジリア計画のためのコンペ メルセデス・ダグエッレ
05|新たなる展示空間
カーザ・ダス・ムーダス|パウロ・ダヴィッド
カーザ・ダス・ムーダスについて アリーチェ・ペルジーニ
ミュンヘン・ユダヤ・センター|ヴァンデル・ヘーファー・ロアヒ
街の中心に カルロッタ・トノン
21_21 DESIGN SIGHT|安藤忠雄
仕立屋と建築家 ジャン=マリー・マーティン
09|世界の最新作
モンダドーリ社・新事務棟|ヴェルナー・チョル
ヴィッラとパラッツォの間で宙吊りにされた建築 マルコ・ムラッツァーニ
ラ・バラステラ|フランシスコ・マンガード
光のシャボン玉とサッカー マヌエル・パレルム・サラザール
多摩美術大学図書館[八王子キャンパス]|伊東豊雄
逆説のパラドックス フランチェスコ・ダルコ
クラウス修道士礼拝堂|ピーター・ズントー
静寂の中へ キアラ・バイオーネ
15|ブックレビュー:カルロ・モッリーノ特集
モッリーノのすべて ロベルト・ドゥーリオ
17|CASABELLA JAPAN NEWS
ふたたびポルトガルを訪れて―アルヴァロ・シザの建築とテクトニクス戸室太一
イグアラーダの静寂 小泉浩隆

 
本誌                日本語版リーフレット付き
『CASABELLA JAPAN 757 +日本語版リーフレット』
編集・発行:ASJメディア
定価:(本体3,500円+税)
300mm×300mm 163p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
日本語版リーフレットページ
02|論壇 イタリアにおける入札請負制度の悪循環 マウリーツィオ・デル・コンテ
03|ヴィッラNM|ベン・ファン・ベルケル 立体幾何学の運用 ジョヴァンナ・クレスピ
04|ネルソン・アトキンズ美術館|スティーヴン・ホール 交差と分岐:スティーヴン・ホールの見解 マルコ・ビラーギ 07|スタッドシアター・アルメラ|妹島和世+西沢立衛/SANAA湖上のシアター ジョヴァンナ・クレスピ
08|ドイツ銀行イタリア本店|ジーノ・ヴァッレ ビコッカ地区の都市的な囲い ルカ・スカンシ
11|GATEPAC:学校建築への挑戦 社会補償としての教育:第二共和政期スペインのGATEPACによる学校建築 アントニオ・ピッツァホセ・ルイ・セルトによって計画された、いくつかの学校 ジョゼップ・M・ロビーラ
14|橋梁構造の新機軸 ペドロ・エ・イネス橋|セシル・バルモンド多段変速する橋 セシル・バルモンド道理を待ちながら カルロッタ・トノンシモーヌ・ドゥ・ボーヴォワール橋|ディトマール・ファイヒティンガーボーヴォワール橋について フランソワーズ・フロモノ
18|ブックレビュー 『発想と契機』|フランチェスコ・ヴェネツィア著[モンダドーリ=エレクタ社、2006年]陰翳の巨匠 アントーニオ・モネスティローリ
20|CASABELLA JAPAN NEWS モンダドーリ出版社100周年記念イベントに参加して 上田敦子

 
本誌                日本語版リーフレット付き
『CASABELLA JAPAN 756 +日本語版リーフレット』
編集・発行:ASJメディア
定価:(本体3,500円+税)
300mm×300mm 163p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
日本語版リーフレットページ
02|日本建築:発信されるフォルム 若葉台の家|岡田哲史言語を宙吊りにするもの岡田哲史南長野歯科医院・住宅|棚部裕貴+横尾真作品の成り立ち棚部裕貴WHITETEMPLE|山口隆此岸と彼岸山口隆SHIP|宮本佳明生えるようにつくる宮本佳明
05|大学建築の現在 サン・パウロ大学建築・都市計画学部|ヴィラノーヴァ・アルティガス自由の実践としての学校カルロス・A・フェレイラ・マルティンスジョアン・バティスタ・ヴィラノーヴァ・アルティガス1915 -1985 メルセデス・ダグエッレリール建築学校増築|ナスリーヌ・セラジ視線を転位させることリシャール・スコフィエペンシルヴァニア大学スカーカニッチ・ホール|トッド・ウィリアムス+ビリー・ツィン既存部分と奏でる和音フェデリコ・ブッチトリノ大学生物工学部|ルキアーノ・ピア密集感と透明感、重さと軽さの合理的な対置アレッサンドロ・デ・マジストリスアーレンの応用科学大学増築|MGF応用科学大学増築についてジョゼフ・ハメルカトリック大学建築学校|アレハンドロ・アラヴェーナ、ロレナ・アンドラーデカトリック大学建築学校の改修についてアラヴェーナ+アンドラーデ
13|サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教区教会複合施設|フランコ・プリーニ 秩序と断片? キアラ・バイオーネ
15|イタリア文化会館ビル|ガエ・アウレンティ、KAJIMA DESIGN 日本の赤/ガエ・アウレンティへのインタビューフェデリコ・ブッチ
17|ブックレビュー 『カステルヴェッキオのためのカルロ・スカルパのスケッチ』|アルバ・ディ・リエート監修[ヴェネト州/マルシリオ、2006年]『カルロ・スカルパブリオン家墓地のためのスケッチ目録』|エリルデ・テレンツォーニ監修[エレクタ、2006年]カルロ・スカルパ生誕100年にオリエッタ・ランツァリーニ
20|CASABELLA JAPAN NEWS 批評性は生き続けるのか五十嵐太郎、山口隆

 
本誌                日本語版リーフレット付き
『CASABELLA JAPAN 755 +日本語版リーフレット』
編集・発行:ASJメディア
定価:(本体3,500円+税)
300mm×300mm 163p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
日本語版リーフレットページ
02|オリンピック以降のトリノ オリンピック以降の街/トリノ市長へのインタビューアレッサンドロ・デ・マジストリスパラッツォ・ア・ヴェーラ|フランコ・レーヴィイタリア'61からオリンピック・イベントまでクリスティアーナ・キオリーノ&マリオ・アルベルト・キオリーノ
10|公共建築:集合住宅の現在 プラドロンゴの公営住宅|パレデス・ペドロサ・アルキテクトス形態と建設技術のサステナビリティイグナシオ・ペドロサ+アンジェラ・ガルシア・デ・パレデスアルク・ド・トリオンフ地区再開発|BNR[バブレ/ヌヴェ/レノー]「間伐された」都市 ヴァレリー・ディドロンシルバータウンのローコスト・ハウジング|ナイアル・マクラフリン・アーキテクツローコスト・ハウジングのための新しいアイデアキアラ・バイオーネ岐阜県営住宅ハイタウン北方|磯崎新[総合コーディネーター]/高橋晶子/クリスティーヌ・ホーリィ/妹島和世/エリザベス・ディラー岐阜県営住宅ハイタウン北方 磯崎新
15|学校建築:その揺籃期と現在 ウィリアム・レスケーズ─1930年代の学校 アルベルト・ムファートカステルデルフェスの小学校|カルメ・ピニョスレール分岐点での無責任 ジョゼップ・M・ロビーラカンピナスの小学校|MMBB最大の経済性─最大の迅速さ ミケーレ・レボリ 21|ブックレビュー 『グンナール・アスプルンド』|ピーター・ブランデル・ジョーンズ著 [ファイドン社、2005年]ある偉大な建築家への限られた視界 ニコラス・アダムス
24|CASABELLA JAPAN ニュース レオナルド・ダ・ヴィンチ展、もうひとつの見方 諸角敬ミラノ・サローネ報告Part2 上田敦子

 
本誌                日本語版リーフレット付き
『CASABELLA JAPAN 754+日本語版リーフレット』
編集・発行:ASJメディア
定価:(本体3,500円+税)
300mm×300mm 163p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
日本語版リーフレットページ
02|CB004 改修という再生術 コッリエーレ・デッラ・セーラ本社屋|ヴィットリオ・グレゴッティ礼節ある話術クラウディア・コンフォルティロダン美術館|ピエール=ルイ・ファロシ中庸を得ることマルク・デュボワ06|CB038 リチャード・ノイトラ:ニューディール政策下の学校建築 ノイトラと『CASABELLA』フェデリコ・ブッチ火星のペントハウストーマス・S・ハインズ新しい小学校建築に関する問題リチャード・ノイトラ
12|CB070 スイス大使公邸|スティーヴン・ホール コーナーをカットするジョゼフ・ジョバンニーニ
13|CB080 ゲーレロ邸|アルベルト・カンポ・バエザ 反射光による薄明かりジョヴァンナ・クレスピ
14|CB086 ナチュラル・ガス新本社屋 エンリック・ミラージェス+ ベネデッタ・タグリアブエナチュラル・ガス新本社屋についてホアン・ホセ・ラウエルタ
16|CB106 ブックレビュー 『注文主と諸芸術:コジモ・デ・メディチとフィレンツェのルネサンス』|デール・ケント著[エレクタ社、2005年]ある芸術保護者の肖像ロベルタ・ペッレグリーティ
18 CASABELLA JAPAN ニュース ミラノ・サローネ報告Part1

CASABELLAとは、イタリア・ミラノから世界に発信している建築・デザインの総合誌です。CASABELLAとは、建築・住宅・プロダクツに関する優れた情報をイタリア・ミラノから世界に発信している建築・デザインの総合誌です。1928年に創刊されて以来、80年の長きにわたって多くの建築家やデザイナーに読み継がれてきています。隻眼の建築論者として知られるフランチェスコ・ダルコ氏が、そのワールドワイドな視点から編集を統括しています。
磯崎新、安藤忠雄、伊東豊雄、隈研吾、妹島和世といった日本を代表する建築家の作品も、独特の厳しくも美しい切り口で紹介されています。パラディオ作品や桂離宮といった歴史的事柄も適宜にピックアップされ、世界の建築を古典から最新作におよぶ幅広いレンジを誌上で体験できる楽しさは、他の建築誌の追随を許しません。しかし、日本におきましては、イタリア語という言語の制限や流通上の煩雑さから、限られた読者に支持されるに留まっていました。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533