HP内の目次へ・検索もできます!  『木造住宅設計者のための構造再入門 これだけは知っておきたい』
                     
 『ドイツに学ぶ木質パネル構法』-地方分権型経済と環境配慮型木造住宅-

5115号      5117号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻5116号 2009年5月12日

楽町楽家'09 公開シンポジウム 『伝統構法の法的許容と京町家再生』

『木造住宅設計者のための構造再入門
これだけは知っておきたい』

著:大橋好光、斉藤年男
編:日経アーキテクチュア
発行:日経BP社
定価:4,830円(本体4,600円+税5%)
280p26cm
978-4-8222-0494-5
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
壁量設計と構造計算の関係がわかる。イラストや写真から構造設計のポイントがわかる。実例に沿った説明で設計の手順がわかる。演習問題で構造設計の理解度がわかる。
<目次>
第1章 はじめに
     (構造設計のルート;計算に用いた建物);
第2章 建築基準法仕様規定による設計
     (壁量設計の概要;必要壁量の算定;存在壁量の算定;壁の釣り合い;
     水平構面の確認;柱の座屈;接合部の検討;木材の品質;耐久性と防腐措置;
     基礎の設計);
第3章 性能表示制度による計算
     (性能表示制度の概要;必要壁量の算定;存在壁量の算定;床倍率の算定;
     接合部の検討;横架材・各部の断面検討);
第4章 許容応力度計算による設計
     (許容応力度計算の概要;使用材料・許容耐力など;荷重・外力の算定;
     応力計算と部材断面の検定;接合部の設計;基礎の設計);
付録 演習問題


『ドイツに学ぶ木質パネル構法』
-地方分権型経済と環境配慮型木造住宅-


著:山本恭逸、大橋好光
発行:市ケ谷出版社
定価:2,520円(本体2,400円+税5%)
115p26cm
978-4-87071-221-8
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
[目次]
第1編 産業編
    (リグノ技術と関連産業)(山が荒れている;地域経済の疲弊とそのメカニズム;
    住宅建設にみる地域経済疲弊の構造;リグノトレンド構法とは;リグノ哲学が地域経
         済を変える;日本の住宅をどう変える);
第2編 構法編
    (リグノ技術の特性)(リグノトレンド構法の位置づけ;リグノトレンド構法の10の哲学;
    リグノトレンド構法の特色;リグノトレンド構法の日本における可能性;参考資料)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533