HP内の目次へ・検索もできます! 『工匠たちの技と知恵』

5102号      5104号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻5103号 2016年7月25日


『工匠たちの技と知恵』

太田邦夫著
発行:学芸出版社
定価:2415円(本体2300円+税5%)
A5判・176(カラー16)p
978-4-7615-2415-9
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
世界各地に残る無名の住まい、伝統的であるがゆえに顧みもされず消え去った建築。そこには構法やデザインにおいて、地域や時代を超えた普遍性がみつかる。耐震、水害対策、木構造、井楼組、ハイブリッド構造、棟持柱、ピロティ、渡り腮、双倉、反り棟、屋根勾配、屋根形態をテーマに、工匠の技と知恵の歴史を辿り意味を探る。
<目次>
まえがき
1 床が横に動く住まい
 イランに木造建築があるのか
 ギーラーンの木造高床建築
 免震構造として働く組木の基礎
 組木の基礎に受け継がれた構造の智恵
 どのくらいこの建物が残っているのか
 の高床建築の歴史的な背景

2 浮上する高床の住まい
 大地震と大洪水との違い
 緩やかな洪水
 タイに伝わる洪水への対策
 スラートターニーの木造集落
 タイにおける「浮き家」の伝統
 世界各地にみる四本柱の建築

3 地震帯になぜ井楼組が残っているのか
 井楼組のはじまり
 ログハウスだけが井楼組か
 ヨーロッパの地震と木造建築
 地震帯を東にたどる ─ 1黒海沿岸
 地震帯を東にたどる ─ 2中近東からアジアへ
 地震帯を東にたどる ─ 3東南アジアから中国西南部

4 鼠返しの効用
 古代日本と東アジアの鼠返し
 東南アジアの鼠返し
 柱と一体化したヨーロッパの鼠返し
 木と石を組み合わせたヨーロッパの鼠返し
 中近東の地震帯における鼠返し
 鼠返しの効用を考える

5 木を縦・横に使うハイブリッドな構造
 木造建築における三つの構造形式
 縦の柱と横の丸太を組み合わす構法
 向きによって違う木材の収縮率
 助っ人、柱・梁構造の登場
 「壁+柱廊」にまで発展したハイブリッド構造
 木造ハイブリッド構造の魅力

6 棟持柱はなぜ消えたか
 棟持柱はどのような役割を果たしてきたか
 棟持柱のある住居とない住居
 ヨーロッパにおける棟持柱の伝統
 ヨーロッパにおける二廊式と三廊式
 二廊式から三廊式へ
 アジアにおける棟持柱と三廊式の伝統

7 ピロティは杭なのか、柱なのか
 本格的なピロティの出現
 ピロティとは、どのような意味なのか
 古代のスイスに湖上住居があった
 ほんとうに湖上住居だったのか
 湖上住居の夢とル・コルビュジエ
 元祖とは違う日本のピロティ観

8 渡り腮は強かった
 上階が張り出した家
 渡り腮を活用した構法
 華やかな木造軸組の登場
 街並みで果たした渡り腮の役割
 渡り腮と井楼組
 バルコニーと渡り腮

9 双倉と「一+一=三」の空間
 双倉としての正倉院宝庫
 あとから増築しにくい井楼組
 木造井楼組の教会をどう増築するか
 三列直列型で平入りの住まい
 双倉で妻入りの木造建築
 新大陸に渡った双倉の手法

10 反り棟の住まい
 反り棟は東南アジアに多い
 しなやかな建材が得やすい東南アジア
 様式化しやすい反り屋根のデザイン
 反り棟が連なる集落
 これこそが本来の反り棟
 反り棟の発想はどこから来たか

11 屋根の勾配をどうやって決めるか
 屋根のかたちが村々の景観を整える
 どこにでもある屋根勾配の決め方
 構造を重視したもう一つの屋根勾配
 小屋組にみる二つの民族的背景
 第三の屋根勾配にひそむ謎
 屋根勾配の決め方から歴史を顧みる

12 屋根の形と街並みのデザイン
 平入りと妻入りの街並み
 妻入りの街並みの長所と短所
 街並みにおける屋根の形の調整
 格子状の街並みと屋根(1)
 格子状の街並みと屋根(2)
 街角の建物を際立たせる方法

あとがき
図版出典リスト・参考文献
<著者紹介 太田 邦夫〔おおた くにお〕>
1935年 東京都生まれ
1959年 東京大学工学部建築学科卒業、褐サ代建築研究所入社
1961年 東京大学教養学部図学教室助手
1966年 東洋大学工学部建築学科助教授
1984年 東ヨーロッパの伝統的木造建築の研究で工学博士号を取得、同学科教授
2001年 ものつくり大学建設技能工芸学科教授
2005年 同大学退職、太田邦夫建築設計室を主宰する傍ら執筆活動に従事
東洋大学・ものつくり大学名誉教授、
竹中大工道具館理事、住宅総合研究財団評議員
・おもな著書
『木造の詳細―構造編、仕上編』(共著)彰国社、1968、1994、1997年
『ヨーロッパの木造建築』講談社、1985年
『ヨーロッパの民家―建築巡礼4』丸善、1988年
『東ヨーロッパの木造建築―架構方式の比較研究』相模書房、1988年
『ヨーロッパの木造住宅』駸々堂、1992年
 ほか
・おもな建築設計作品
「ぼっこ山荘」1962年、「三笠の家」1963年、「五千尺ロッジ」1965年、
「松本の家」1966、1972年、「丘の上病院」1969年、「杢太良」1972年、
「史跡根古谷台遺跡(復原)」1990年
 ほか



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533