HP内の目次へ・検索もできます!  『文化財の保存と修復8 九州の文化財』 『文化財の保存と修復7 伝統ってなに?』

4729号      4736号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻4730号

文化財の保存と修復 6、 5、 4、 3、 2、 1

『文化財の保存と修復8 九州の文化財』
編著:三輪嘉六(九州国立博物館)
発行:クバプロ
定価:1,470円(本体1,400円+税5%)B5・112p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
文化財保存活動の発祥の地ともいえる九州における保存修復の歴史と、太宰府天満宮、大宰府史跡、磨崖仏などの現状とあわせて、最新の研究による九州装飾古墳群から日本美術の源流を探る成果も紹介する。
<目次>
文化財保存事始メ 九州で始まった文化財保存/
顔料から日本美術の源流をさぐる 九州装飾古墳の世界/
太宰府天満宮の歴史と文化財 語り継ぐ遠の朝廷の物語/
大宰府史跡の保存と活用 何のために掘るのか/
大分の石造文化財を護る 環境・災害風化と戦う/
2005年3月20日、福岡県西方沖地震と文化財 被害状況とその後の対応/
文化財保存教育の現場から 地域でまもり伝える文化財の修理/
九州国立博物館の役割 文化財の保存と修復/
パネルディスカッション

『文化財の保存と修復7 伝統ってなに?』
編著:三輪嘉六(九州国立博物館)
発行:クバプロ
定価:1,470円(本体1,400円+税5%)B5・108p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
現状維持修理の現状とはどの時点をさすのか、修理によってなにを失い、なにを遺すべきなのか。これまで語られることの少なかった文化財におけるオーセンティシティ(真正性)について、絵画、彫刻、庭園の修理を例に真っ正面から議論する。
<目次>
文化財と伝統/
文化財としての絵画の修理と「伝統」/
よみがえる仏/
表具技術で壁画を救う/
海外に根付いた日本の伝統/
成長する芸術/
博物館が継承した「伝統」/
パネルディスカッション



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533