HP内の目次へ・検索もできます!  シリーズ・都市の血肉2 『彰化 一九〇六年  市区改正が都市を動かす』

4494号    4496号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻4495号 2020年5月2日

シリーズ・都市の血肉1 『ルッカ 一八三八年 古代ローマ円形闘技場遺構の再生』


シリーズ・都市の血肉2
『彰化 一九〇六年
市区改正が都市を動かす』


著:青井哲人
発行:アセテート
定価:(本体1,600円+税)
128p・203×130mm
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
読者持込待ち!
豪華口絵(カラー):金子常光画「彰化市大観」(1935年)ほか巻末付録:『臺灣堡圖』にみる100年前の台湾都市地形図。
かたちは決して消えない。台湾・彰化、日本植民地時代の都市改造、その背後に生き続ける都市のかたち、散在する路地、家屋の痕跡の復元によって立ち現れる生きた亡霊都市、都市研究界きってのスマート解析者がチャリンコを走り回しつつ縦横に描く都市の諸相を解く。
[目次]
口絵/彰化・アクセスガイド
1 描かれた彰化/描かれなかった彰化
2 切断の痕跡
3 二重化する都市
4 都市計画の履歴
5 市区改正前夜へ
6 彰化縣城
7 二枚のフィルム
8 もうひとつの二重性
9 都市の細胞
参考文献/用語解説/あとがき
付録1 ディスカッション「都市は生きてきた 後編」
(都市の持続性研究フォーラム5・記録)
付録2 『臺灣堡圖』にみる台湾都市地形図



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533