HP内の目次へ・検索もできます!  『下水道工事積算標準単価 小口径管路施設(開削・高耐荷推進・低耐荷推進) 平成18年度版』

4348号      4354号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻4349号


『下水道工事積算標準単価
 小口径管路施設
(開削・高耐荷推進・低耐荷推進)
 平成18年度版』


発行:建設物価調査会
定価:5,460円(本体5,200円+税5%)
514p26cm
4-7676-6112-9
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
<18年度版の主な改訂内容>
●『管きょ工事(開削工法及び小口径推進工法)の共通仮設費及び現場管理費率』と『建設機械損料率』を大幅に改訂。
●材料、労務、機械、経費等の単価を平成18年度単価に更新、また、国土交通省下水道工事積算基準の改正に合わせ内容を改訂。
本書は、下水道工事の積算・見積り実務の実践でご利用いただけるように、下水道工事各工種について「国土交通省下水道工事積算基準」等に基づき標準的な施工条件毎の中代価または小代価を都道府県別に算出し収録したものです。なお、本書では公共下水道工事を対象とした小口径(800mm以下)の管路施設の開削及び推進工法を掲載しています。下水道工事は一般の土木工事と異なる部分が多く、積算・見積り担当者は、本書を利用することにより代価表作成の手間を省くことができ、実務を大幅な省力化することができます。なお、本書にはCD−ROMが添付されており、これを使用することにより、単価を構成する標準歩掛(機械・労務・材料の歩掛・数量・単価)の内容を確認することができます。また、積算条件を変更することにより、個別の施工単価を求めることが出でき、単価表の歩掛・数量・単価等を変更あるいは追加により、独自の施工単価が作成でき、その結果を印刷し保存する機能も備えています。
<主要目次>
 2.小口径管路施設開削工法
  管きょ工 マンホール工 取付管及びます工 付帯工
 3.小口径管路施設推進工法
  積算構成 仮管併用推進工法 オーガ掘削推進工法
  オーガ掘削鋼管推進工法 小口径汚泥推進工法
  低耐荷力圧入二工法推進工法 低耐荷力オーガ推進工法
 4.立杭工
  立杭掘削工 ライナープレート式土留工及び土工
  鋼製ケーシング式土留工及び土工
 5.関連資料
  建設機械時間当り運転単価
  建設用仮設材損料及び賃料
  建設機械及び仮設材(鋼矢板等)の運搬費
  重建設機械の分解・組立



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533