HP内の目次へ・検索もできます! 表現を通して−現代テキスタイルの日英交流-

3222号      3232号


京都発大龍堂:通巻3229号

through the surface:
《表現を通して》
−現代テキスタイルの日英交流-


日時:
2005年4月19日(火)〜5月22日(日)
9:30〜17:00(入館16:30)
夜間開館:金曜日は午後8時まで(入館19:30)
休館日:毎週月曜日(ただし5月2日(月)は開館)
場所:京都国立近代美術館(岡崎公園内)
〒6068344
京都市左京区岡崎円勝寺町
TEL:075-761-4111
観覧料:
一般420円(210円)
大学生130(70円)
高校生70円(40円)
中学生以下は無料
( )内は20名以上の団体料金
主催:京都国立近代美術館
協賛:
サラー・インスティテュート・オブ・アート&
デザイン大学、大和日英基金、
国際交流基金、BRITISH COUNCIL、
ポーラ美術振興財団
協力:ANA、京阪電鉄
企画協力:レスリー・ミラー
本プロジェクトは、日英のベテランおよび若手のアーティスト14人が7組に分かれ、2003年に3ヶ月間相手国パートナーのアトリエに滞在し、ともに制作を行うことから始まりました。その成果として生まれた共同制作作品そして各アーティスト個人の作品約25点が、本展に出品されます。日英両国のアーティストが互いに刺激を与え合い、そこに芽生えたアイデアを育んで、様々な技法や素材を用いながら作品へと結実させていくそのプロセスを、作品だけではなく共同制作中にウェッブ上で公開された「アーティスト日誌」などの資料も交えて紹介します。
<講演会>
日時:2005年4月19日(火)14:00〜15:30
演題:「through the surface-企画者の視点から」
講師:レスリー・ミラー(本展キュレーター)
場所:京都国立近代美術館 1階講演室
定員:100名
聴講料:無料
※13:00から会場受付にて整理券配布

日時:2005年5月8日(日)14:00〜15:30
演題:「日本の現代テキスタルアートについて」
講師:川嶋啓子(京都インターナショナル・コンテンポラリー・テキスタル・アート・センター主宰)
場所:京都国立近代美術館 1階講演室
定員:100名
聴講料:無料
※13:00から会場受付にて整理券配布
<シンポジュム>
日時:2005年4月22日(金)14:00〜16:00
演題:「文化の相違と創造的プロセス」
報告者:ジャネット・アップルント&吉本直子、
     マキシーン・ブリストウ&新田恭子、
     河原林美知子&エイリッシュ・ウイルソン
コメンテーター:レスリー・ミラー、吉田晃良、ティム・バリー=ウィリアムムズ
司会進行:池田裕子(京都国立近代美術館主任研究官)
場所:京都国立近代美術館 1階講演室
定員:100名
聴講料:無料
※13:00から会場受付にて整理券配布
<ワークショップ>
日時:2005年4月23日(土)10:00〜17:00
講師:フランシス・ギーシン&細澤香織
場所:川島テキスタイルスクール
主催:川島テキスタイルスクール、京都国立近代美術館
※定員15名 参加費・材料費未定

日時:2005年4月24日(日)10:00〜17:00
講師:上野真知子&アニケン・アムンゼン
場所:川島テキスタイルスクール
主催:川島テキスタイルスクール、京都国立近代美術館
※定員15名 参加費・材料費未定

申込・お問合せ先:ギャラリーギャラリー
〒600-8081
 京都市下京区河原町通仏光寺上る市之町251-2 寿ビル5F
 TEL:075-341-1501



TAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533