HP内の目次へ・検索もできます! ヤン・ヤンセンの世界展-オランダが生んだ靴の魔術師-

3195号      3199号


京都発大龍堂:通巻3198号

《ヤン・ヤンセンの世界展》
-オランダが生んだ靴の魔術師-

日時:
2005年4月2日(土)〜5月8日(日)
10:00〜17:00(入館16:30)
休館日:毎週水曜日(5月4日(水・祝)は開館)

場所:
西宮市大谷記念美術館
〒6620952
西宮市中浜町4-38
TEL:0798-33-0164

入館料:
一般800円(600円)
高大生600円(400円)
小中生300円
※( )内は前売り、20名以上団体料金

主催:西宮市大谷記念美術館、毎日新聞社
後援:西宮市、西宮市教育委員会、文化庁、
在日オランダ大使館、モンドリアン財団
協力:KLMオランダ航空会社
私達の日常生活に欠かせない靴。この靴は、履いて歩くという人間にとって最も基本的な機能を備えながら、デザインという魔法によって驚くほどユニークなオブジェに変貌するものといえます。ヤン・ヤンセンは、そんな靴のデザインの秘密を知っている世界でも数少ない傑出したデザイナーの一人です。
竹を大胆に靴の構造に用いた“バンブー・シューズ”(1973年)の発表で、彼はシューズデザイナーとして国際的なデビューを果たします。その後、1977年に発表した“ハイヒール・スニーカー”は全米で100万足以上も売れた人気商品となりました。90年代に日本でも大流行した厚底靴を最初にデザインしたのもヤン・ヤンセンでした。巨匠と呼ばれる現在も、彼は斬新で独創的なデザインの靴を作り続けています。
本展はヨーロッパを代表するシューズデザイナー、ヤン・ヤンセンの代表作を一堂に展観する日本で初めての展覧会です。日本展に先立ちオランダのハーグ市立美術館、ドイツの革と靴の博物館で開催され、大きな反響を呼びました。本展では最新モデルも追加し、130点で巨匠ヤンセンの全貌を紹介いたします。

お問合せ:
西宮市大谷記念美術館
西宮市中浜町4-38
TEL:0798-33-0164
テレホンガイド:0798-22-3456(900)



TAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533