HP内の目次へ・検索もできます! 平成の洛中洛外 平山郁夫展

3017号      3029号


京都発大龍堂:通巻3023号

関連図書・平山郁夫平成洛中洛外図

《平成の洛中洛外 平山郁夫展》

日時:2005年2月3日(木)〜15日(火) 10:00〜19:30(20:00閉場)会期中無休
※最終日は午後5時まで(5時30分閉場)
場所:大丸 ミュージアム KYOTO
〒6008511 京都市下京区四条通高倉西入 TEL:075-211-8111
入場料:一般800円(600円)、大高生600円(400円)、中学生以下無料
主催:NHK京都放送局、NHKきんきメディアプラン、京都新聞社
後援:日本ユネスコ協会連盟、財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団、財団法人 平山郁夫シルクロード美術館
現代日本画壇を代表する画家・平山郁夫画伯は、1959年の院展に「仏教伝来」を発表して以来、玄奘三蔵の求法の旅を描いた、奈良・薬師寺玄奘三蔵院伽藍「大唐西域壁画」を2000年に完成させるなど、奈良大和路をはじめ、讃岐路・熊野路・吉備路・出雲路などを画題とし、仏教を代表する文化とその交流を重要なテーマの一つにしてきました。近年は、我が国の文化の宝庫である古都・京都に注目し、「洛中洛外」という古典的なテーマに「平成の」と銘打った独自の洛中洛外を表現すべく、自ら洛中洛外を歩いて取材にあたり、精力的にその制作に取り組んできました。
本展は、その画業の結晶ともいうべく、1976年に新作22点を集めた「平山郁夫シルクロード展」以来となる、新作67点(本画37点・素描30点)からなる大規模な展覧会となります。
<平山郁夫プロフィール>
1930年 広島県に生まれる。
1952年 東京美術学校(現・東京芸術大学)日本画科卒業。
前田青邨に師事。
1959年 第44回院展出品作「仏教伝来」で画壇に本格デビュー。
1989年  
〜  東京芸術大学第6代学長
1995年  
1998年 文化勲章受章。
2000年 薬師寺玄奘三蔵院「大唐西域壁画」を完成。 2001年 東京芸術大学第8代学長に就任。



TAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533