HP内の目次へ・検索もできます!  展覧会情報someday, for somebody いつかの、だれかに阪神大震災・記憶の<分有>のためのミュージアム構想展

2980号      2988号


京都発大龍堂:通巻2986号

展覧会
someday, for somebody いつかの、だれかに阪神大震災・記憶の<分有>のためのミュージアム構想|展2005 冬 神戸


図録情報
日時:2005年1月14日(金)〜23日(日)
11:00〜20:00(最終日は17:00まで)
休館日:1月18日(火)
場所:CAP HOUSE(旧神戸移住センター内) 元町駅から北へ徒歩12分
神戸市中央区山本通3-19-8
TEL/FAX:078-230-8707 
入場料:無料
主催:[記憶・歴史・表現]フォーラム
共催:C.A.P.[芸術と計画会議]/震災・まちのアーカイブ/震災10年 神戸からの発信/ 阪神・淡路大震災10周年記念事業/財団法人 トヨタ財団 助成
記憶−本来は個々人の私的なものであるそれを、私たちが他者に伝えることができるとしたら、それはどのようにしてなのでしょうか。神戸という都市は、10年前大きな災厄に出会いました。はたして災厄の記憶とはどのようすれば伝えることができるのか。時が過ぎゆくものである限り、わたし達は過去に戻ることはできません。でも、記憶とは過去のことではなく、いまのこと、つまりわたし達があのときを振り返るいま現在の方法です。この展示では、東京、水俣、沖縄、ベルリン、オシフェンチム(アウシュヴィッツ)、ワルシャワなどの記憶の状況を紹介するとともに、震災を伝えるためのいくつかの方法を映像やインスタレーションとして試論的に提示します。「someday, for somebody」。私たちは、いつかの、だれかに、私たちの今を伝えたいとおもいます。震災から10年、記憶の伝え方を多元的にさぐります。アーティスト、キュレーター、研究者によるコラボレーション。
<■展示作品>記憶をめぐるドキュメント資料、映像、インスタレーション

○「記憶マップ」奥佳弥+笠原一人+菅祥明+蘇理剛志+寺田匡宏+山本唯人
東京、沖縄、水俣、ベルリン、オシフェンチム(アウシュヴィッツ)、ワルシャワ。
都市をたどる記憶地誌 【テキスト+インスタレーション】
○「声と文字のあいだ」笠原一人
記憶を「開く」ための朗読装置 【インスタレーション】
○「Die Kindheit in Kobe」寺田匡宏
揺籃期のあの日の出来事は語れるのか 【映像】
○「その時、私たちが見なかったもの」河崎晃一
報道から見た内と外の関係を考える 【映像+インスタレーション】
○「慶ちゃんのこと」蘇理剛志
1995.1.17、亡くなった弟の痕跡の収集 【写真+テキスト】
○「棚へ−<未来>の配達のために」震災・まちのアーカイブ+笠原一人
託された震災一次資料の展示 【ドキュメント資料+インスタレーション】
<■関連企画(会場はいずれもCAP HOUSE)>

○フォーラム[公開研究会]
 1月15日[土]18:30〜20:00「記憶マップ-神戸のために」
 ゲスト:島田誠(ギャラリー主宰)+森栗茂一(民俗学者)
 1月16日[日]14:00〜16:00「写真家と建築家の震災以後」
 ゲスト:宮本隆司(写真家)+宮本佳明(建築家)

○音楽と詩のセッション「途上にて−投壜、足音、声−」
 2005年1月22日(土) 17:30開場 18:00開演
 前売電話予約2300円/当日2800円/学生1800円(前売・当日とも)
 出演:ソシエテ・コントル・レタ(湊大尋(サックス)、澤和幸(ギター)、村上和正(ベース)、清水達生(ドラム)、金時鐘(現代詩)、季村敏夫(現代詩)、細見和之(現代詩)
 予約・問い合わせ:ギャラリー島田/(078)262-8058(11:00〜18:00)、夜間
(18:00〜21:00)/季村(078)781-8891

○シンポジウム「多元的な記憶を伝えるために」
 2005年1月23日(日)14:00−16:00 CAP HOUSE1Fリビングルーム
 笠原一人(建築史)+河崎晃一(美術)+寺田匡宏(歴史)+山本唯人(社会学)
 司会:西栄一(神戸新聞デジタル編集部)
<■[記憶・歴史・表現]フォーラム メンバー>

阿部安成 滋賀大学助教授 近代史
奥 佳弥 大阪芸術大学専任講師 建築史・デザイン史
笠原一人 京都工芸繊維大学助手 建築史・都市史
河崎晃一 芦屋市立美術博物館学芸課長 キュレーター・造形作家
季村敏夫 詩人
早乙女 愛 あいファクトリー 映像プロデューサー
佐々木和子 関西大学講師(非常勤) 近・現代史
菅祥明 NPO法人CS神戸スタッフ 近代史
蘇理剛志 総合研究大学院大学博士後期課程 民俗学
寺田匡宏 国立歴史民俗博物館外来研究員 歴史学(代表)
西 栄一  神戸新聞デジタル編集部次長 ジャーナリスト
山本唯人 日本学術振興会特別研究員 都市社会学
矢守克也 京都大学防災研究所助教授 社会心理学

<■問い合せ>
[記憶・歴史・表現]フォーラム 神戸事務所
〒653-0022 神戸市長田区東尻池町1-11-4
神港金属(株)内 震災・まちのアーカ
イブ気付 電話078-681-6231(事務所)080-3426-9276(寺田)



TAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533