HP内の目次へ・検索もできます! 妹島和世読本 1998

2938号      2940号


京都発大龍堂:通巻2939号

再販出来る!!

《妹島和世読本 1998》

編:ニ川幸夫
発行:エーディーエー・エディタ・トーキョー
定価:2,940円(2,800円+税5%)
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
生い立ち,学校,就職,独立……。建築家の歩んできたバックグラウンドと初期から1998年までのプロジェクトを収めた,インタヴューによる<読む妹島和世>
<妹島和世の原点>
妹島和事務所に入った頃、妹島さんに対して、凶暴性のようなものをすごく感じていて、何だろう、これは?と思っていた。それは言語そのものが自然一般に対して持ってしまうような凶暴さですね。建築家は誰でも必ず自分の私的な言葉を持ちつつも、それを建物に置き換えるときには、社会的に共有されている価値体系と接点を見いだそうとするのが普通だと思うんです。ところが、たまにそうでない人がいる。ミースなんかがそうですね。ミースのハイライズは、20世紀を表象する一種の社会現象に見えつつも、やはり標準語とはまったく異なる恣意的な言語を露出させているようにも見える。つまり、妹島さんの建築について、当時、ぼくが何となく感じていたのは、そういうことに関係したように思います。
「妹島和世という人−西沢立衛氏に聞く」より



TAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533