建築の儀式と地相・家相

459号      462号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻 461号

≪建築の儀式と地相・家相≫

著者:松嶋重雄
発行:理工学社
定価:本体価格2000円+税
A5判 並製184頁
4-8445-3029-1

送料をお確かめください!ご購入フォーマットへ!
建てる人から住む人にまで役立つ実例を紹介。 古くから育まれてきた建築儀式の基本的事項をはじめ、今の時代に対応させた儀式のあり方などを、実例を紹介しながら平易に解説。家を建てるときの拠り所を地相・家相に求める場合の基本的な考え方を例示する。
<主要目次>
1章 建築の儀式(建築の儀式の変遷 儀式の準備宗教行事 古典的な儀式 着工前に行なう儀式 工事中に行なう建築儀式 他)2章 地相・家相の基本的な考え方(地相・家相の考え方の変遷 方角の特性 張りと欠け 他) 3章 地相(理想の立地条件と四神相応 経験に基づき追加された注意事項 他) 4章 家相 (家相の方位別判断の実際 経験によってつけ加えられた事