新「建築文化」


京都発大龍堂:メール マガジン通巻 300号

新世紀!新「建築文化」予約受付中!!★200101 スタート!新世紀!新「建築文化」
多種の雑誌が休刊になる中、各出版会社は今度は本気に巻き返しをはかろうとしています。
誌面刷新+CD-ROM
により「建築文化」が大きく生まれ変わります。新「建築文化」に多いに期待したい!
詳細は下記をご覧下さい
《建築文化》
刊行は隔月刊 偶数月1日発行
(発売は前々月25日)
毎回CD-ROMのWin/Mac
ハイブリッド版がついている。

体裁はA4変型判
頁数は約150頁
定価=2,400円
送料をお選び下さい!ご購入フォーマットへ!
新世紀は、IT革命とともに目前にやって来ました。グローバルな社会環境の大変動が予感されるなかで、これからの建築像・都市像もゆらいでいます。
われわれはいま、その新しい像をむすぶための試練の時を迎えていると言えましょう。
『建築文化』は、このような状況と正面から向き合うメディアへの飛躍を目指し、近未来への諸課題をヴィヴィッドに反映するテーマ特集を中心とした紙媒体の大刷新に加え、付録ではない主体性をもった新メディアとして編集されたCD-ROMによって、建築作品紹介にも、電子情報ならではの特性を生かした質・量両面にわたる充実を期すことにしました。
建築をめぐるさまざまな局面をラディカルに問いつづけてきた『建築文化』の、新世紀を見据えた新『建築文化』にご期待ください。
 ●紙媒体+CD-ROM=新「建築文化」
誌面を大幅に刷新、紙媒体では,好評のテーマを主体に編集,内容のより一層の充実を図るとともに,デザインを一新し,誌面を大幅にリニューアルします。
 ●「建築文化」の特徴
1.毎号テーマ特集の形式で,建築のさまざまな局面をラディカルに問います。
2.デザイン最前線の話題にとどまらず,設計の現場からの提案,問題提起にも注意深く耳を傾けます。
3.デザインと実務の懸け橋となるような実務的なノウハウも紹介します。
4.話題を国内に限定せず,建築を常にグローバルな視点からとらえます。
5.美術や思想など,建築の周辺ジャンルの問題も掘り下げて考えます。
 ★CD-ROMを毎号添付
建築系雑誌で全世界初の試みとしてCD-ROMを添付,新作を中心に,毎号10数作品を紹介します。
CD-ROMの特徴
1.写真はすべてカラー画像
2.動画により,さらに空間把握が容易に
3.写真上に,寸法および仕上げ,ディテールなどについての説明を表示可能
4.キープラン上で写真の撮影ポイントと方向をガイド
5.設計図,CGを豊富に収録
6.設計者本人によるデザイン趣旨の説明を音声で収録
7.同一スケールでの平面図収録により読者独自の平面図集が作成可能
8.収録作品の計画データから読者独自のデータベースが作成可能
9.Windows,Macintochそれぞれに完全対応
10.マイクロソフト社提供の「Microsoft Internet Explorer5.5」日本語版を使用してホームページを準備中。