archi review 第2期(2004-05)第19回(特別編:アートと建築2):リチャード・セラ(Richard Serra)

2740号      2742号


京都発大龍堂:通巻2741号

archi review 第2期(2004-05)
第19回(特別編:アートと建築2):リチャード・セラ(Richard Serra)
日時:2004年10月16日(土)15:30〜18:30

『中性的な場所などというものはない。あらゆる文脈はその枠組みを持っており、イデオロギー的な含みに彩られている。要するに程度の問題だ。私が一つだけ望む条件は、交通の流れの密度である。』(リチャード・セラ)あらゆる「約束」に拘束されながら特定の「約束」を選択的に強調することで、辛うじて「作品」の体をなそうとするわれわれ「建築家」。そんなわれわれの「伝統」をあざ笑うかのように「状況」「場所」を成立させてみせるリチャード・セラ。そんなセラが「建築」に向けた根本的な「批評性」に抵触することによって、彼が提示するもうひとつの「建築」を体感します。
日時:2004年10月16日(土)15:30〜18:30
特別編につき、開始時刻が早くなっておりますのでご注意ください。
第1部 15:30〜17:00
スライドレクチャー:『批評言語としての彫刻』
講師:金悠美氏
(美学芸術学、近畿大学、立命館大学非常勤講師)

新著に『美学と現代美術の距離』(2004,東信堂)ミニマリズムからポスト・ミニマリズムという美術史の転換点に位置するセラの「彫刻」を自在に横断しながら、自律性から場所性、視覚性から身体性、モダニズムからポストモダニズムへとラディカルに転換した現代美術が真に問うたものについて、そして、『傾いた弧』訴訟とその撤去事件が提起したアートの「公共性」について、美学・芸術学で気鋭の批評を展開される金悠美さんから、スライドを交えてお話を伺います。
第2部17:00〜18:00
プレゼンテーション:
リチャード・セラと建築、リチャード・セラの「建築」
担当:米正太郎(竹中工務店)
主な分析作品:
『Philibert et Marguerite』1985
フランスの16世紀に建立された王立修道院のための直方体の作品。『Maillart Extended』198819世紀末マイラールが設計し、1926年にGrandfey-Viaduktが改修したドイツとスイスを結ぶ鉄橋の歩行者用階段に設置された作品。『Elevations for Mies』1985-88Mies van der Rohe設計の個人宅 Haus Esters の庭のための作品。

○第3部 18:00〜18:30 「ディスカッション」
司会:稲村純(大阪工業技術専門学校非常勤講師)
場所:INAX大阪・8階大会議室
(〒550-0013大阪府大阪市西区新町 1-7-1)地下鉄四ツ橋線・四ツ橋駅より四ツ橋筋を北に徒歩2分)
参加費:500円(事前申込:不要)
主催:Team Archi Review
連絡先:井戸 kenjiido@vesta.ocn.ne.jp 
090−2046−3030(携帯)





<年間予定(コーディネート:米正太郎)>

○第13回:04月03日(土)
世界劇場(1979/アルド・ロッシ)
ゲスト:堀口豊太さん(建築家、京都市立大学助教授)
○第14回:05月15日(土)
「ラスヴェガスから学ぶこと」(1972/ロバート・ヴェンチューリ)
ゲスト:鎌谷憲彦さん(建築家、池坊短期大学教授)
○第15回:06月05日(土)
ダイアモンド・ハウス(1967/ジョン・ヘイダック)
ゲスト:道家洋さん(建築家、マクガフィン&パートナーズ建築事務所共宰)  
○第16回:07月10日(土)
レッティ蝋燭店(1965/ハンス・ホライン)
ゲスト:稲村純さん(建築家、稲村純環境計画研究所主宰)
○第17回:08月21日(土)
キンベル美術館(1972/ルイス・カーン)
ゲスト:水上優さん(建築家、京都大学大学院)
○第18回:09月18日(土)
ドナルド・ジャッド(アートと建築1)
ゲスト:山口孝さん(ギャラリーヤマグチ主宰)
○第19回:10月16日(土)
リチャード・セラ(アートと建築2)
ゲスト:金悠美さん
(美術史・美術批評、近畿大学他非常勤講師)
○第20回:11月20日(土)
「スペクタクルの社会」(1967/ギー・ドゥボール)
ゲスト:木下誠さん(フランス文学、兵庫県立大学教授)
○第21回:12月18日(土)
プラグイン・シティ(1964/アーキグラム)
ゲスト:濱田邦裕さん(建築家、京都精華大学助教授)
○第22回:01月
ルイス・バラガン
○第23回:02月
アルド・ファン・アイク
○第24回:03月
チャールズ&レイ・イームズ











TAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533