《電気を使った未来のくらしの提案》■学生のためのアイデア部門 ■建築家のための設計部門

2721号      2728号


京都発大龍堂:通巻2723号





《電気を使った未来のくらしの提案》


■学生のためのアイデア部門

■建築家のための設計部門



主催:関西電力
■学生のためのアイデア部門
1.住宅における電気利用のメリット「安全性」「快適性」「環境性」などが、なんらかのカタチで魅力的に取り入れられていること。
2.電気による、新しい住まいの提案がなされていること。
3.以上のどちらかを満たす、アイデアであること。

応募概要
<対象>
テーマに該当する提案であること。
<資格>
・登録期間中に所定の登録方法で本コンテストへの応募登録を済ませた方。
・建築、インテリアに興味を持つ、大学・大学院・高等専門学校・専門学校等に在籍中の方。
・合作およびグループ応募も可。
<応募方法>
1.登録する
応募者の住所、氏名、年齢、電話番号、在籍校の名前、住所、電話番号を明記して、
ホームページ・FAXいずれかの方法で本コンテストへの参加登録を行ってください。
2.作品提出
応募期間中に所定の提出資料を郵送してください。
3.提出資料
(1)平面図、その他必要と思われる資料を「A2パネル」内にまとめてください。
(2)所定の「応募用紙」に必須事項をすべて明記。「応募用紙」を(1)で用意した
「A2パネル」に貼り付けてお送りください。
<審査方法>
応募パネルによる審査を行い、入賞作品を決定。
<賞>
・最優秀賞(1点)…200,000円 ・優秀賞(1点)…100,000円 ・佳作(数点)…50,000円
※各賞に関しては「該当作品なし」の場合もあります。
<表彰式>
2005年1月21日(金)
※二次審査・表彰式の日程は変更になる場合があります。
<結果発表>
入賞作品は、『新建築』/新建築社、本コンテストが発行する作品集および関西電力
ホームページに掲載いたします。
※各賞に関しては「該当作品なし」の場合もあります。
<審査委員>
鈴木胖(兵庫県立大学学長)
東孝光(建築家・大阪大学名誉教授)
北浦かほる(手塚山大学教授)
吉村篤一(建築家)
木村博昭(建築家・神戸芸術工科大学教授)
<登録締切>
2004年10月15日(金) 当日の24:00まで受付。
<応募締切>
2004年11月12日(金) 当日の24:00まで受付。
<登録・作品提出先>
〒530-0047 大阪市北区西天満宮6-1-2 千代田ビル別館6F
株式会社テー・オー・ダブリュー内
関西電力 「E・家・くらし 住まいの設計コンテスト事務局」
FAX:06-6361-0399
メールによるお問い合わせはこちら
※本コンテストに関するお問い合わせは、お手数ですがFAXまたはこちらからお願いします。折り返し回答いたします。
※お問い合わせの締め切りは、2005年 1月末日までとします。
※コンテストの詳細については、ホームページでもご覧いただけます。

お問い合わせ先:
関西電力株式会社 お客さま本部 リビング営業グループ
〒530-0004 大阪市北区堂島浜1-4-4 アクア堂島東館 3階
TEL : 06-7501-0221(直通)担当:中村

■建築家のための設計部門
<新築の部>

《家族が心地よくくらすための住まいづくり》
1.家族がそれぞれのライフスタイルにあった快適性を追求した提案がなされていること。
2.くらしに安心が取り入れられていること。
3.環境や地域社会の調和が図られていること。
3.以上のどちらかを満たす、戸建で集合住宅であること。
※電気設備部(IHクッキングヒーター、電気温水器、エコキュート、電気床暖房など)を
有効に活用し、省エネルギー性を高める工夫がなされていること。

<リオームの部>
《家族が心地よくくらすための住まいのリフォーム》
1.家族がそれぞれのライフスタイルにあった快適性を追求した提案がなされていること。
2.くらしに安心が取り入れられていること。
3.以上のどちらかを満たす、戸建で集合住宅であること。
※リフォームに際して、電気設備部(IHクッキングヒーター、電気温水器、エコキュート、電気床暖房など)を建物の制約の中で積極的に導入した住まいであること。

<応募概要 >
<対象>
2002年10月1日〜2004年9月30日までに竣工した住まいで、テーマに該当するもの。
応募作品の所在地が、関西電力供給エリア(近畿2府4県)であること。
住宅としてリフォームされたもの。(戸建て・集合住宅どちらでも可)
<資格>
登録期間中に所定の登録方法で本コンテストへの応募登録を済ませた方。
応募者は設計者とします。(個人・組織は不問) ただし、あらかじめ建て主を含む関係者の了解をお取りください。

<応募方法>
1.登録する
応募者の住所、氏名、年齢、電話番号、在籍校の名前、住所、電話番号を明記して、ホームページ・FAXいずれかの方法で本コンテストへの参加登録を行ってください。
2.作品提出 応募期間中に所定の提出資料を郵送して下さい。
3.提出資料
応募期間中に所定の提出資料を郵送してください。
(1)建築物の内観・外観(建物だけではなく周囲の景観もわかるもの)および平面図(必ず方位、室内外の電気機器の配置を明記)、その他必要と思われる資料を「A2パネル」内にまとめてください。また、リフォーム前の図面を必ずもりこみ、リフォーム箇所を明記してください。
(2)
所定の「応募用紙A・B」2枚に必要事項をすべて明記。「応募用紙A」を(1)で用意した「A2パネル」に貼り付け、「応募用紙B」と併せてお送りください。

<審査方法>
一次審査にて応募パネルによる審査。一次通過者は、本人に通知およびホームページにて発表。
二次審査にて一次審査通過者による公開プレゼンテーション(一般公開)を行い、受賞者を決定します。
二次審査終了後、同会場にて表彰式を行います。
二次審査、表彰式 : 2005年 1月 21日(金)
※二次審査、表彰式の日程は変更になる場合があります。

<賞>
・最優秀賞(1点)…500,000円 ・優秀賞(1点)…300,000円
・若手建築家賞(数点)…200,000円 ・佳作(数点)…100,000円
※今年度より「新築の部」「リフォームの部」の応募者の中から、40歳未満の方(竣工検査証発行日現在)の優秀な作品を「若手建築家賞」として選出し、表彰します。
※各賞に関しては「該当作品なし」の場合もあります。
<結果発表>
入賞作品は、『新建築』/新建築社、『日経アーキテクチュア』/日経BP社、本コンテストが発行する作品集および関西電力ホームページに掲載いたします。
※掲載雑誌は変更になる場合があります。

<審査委員>
鈴木胖(兵庫県立大学学長)
東孝光(建築家・大阪大学名誉教授)
北浦かほる(手塚山大学教授)
吉村篤一(建築家)

<登録締切>
2004年10月15日(金) 当日の24:00まで受付。
<応募締切>
2004年11月12日(金) 当日の24:00まで受付。

<登録・作品提出先>
〒530-0047 大阪市北区西天満宮6-1-2 千代田ビル別館6F
株式会社テー・オー・ダブリュー内
関西電力 「E・家・くらし 住まいの設計コンテスト事務局」
FAX : 06-6361-0399
メールによるお問い合わせはこちら

※本コンテストに関するお問い合わせは、お手数ですがFAXにてお願いします。折り返し回答いたします。
※お問い合わせの締め切りは、2005年 1月末日までとします。
※コンテストの詳細については、ホームページでもご覧いただけます。

お問い合わせ先:
関西電力株式会社 お客さま本部 リビング営業グループ
〒530-0004 大阪市北区堂島浜1-4-4 アクア堂島東館 3階
TEL : 06-7501-0221(直通)担当:中村



TAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533