すまい・まちづくりフォーラム 関西21 2004年シリーズ《木の文化で都市の再生は可能か》

2699号      2709号


京都発大龍堂:通巻2704号

すまい・まちづくりフォーラム 関西21

2004年シリーズ
《木の文化で都市の再生は可能か》
_優れた伝統である「木の文化」の
復権可能性を検証し、併せて21世紀
の都市・市街地の再生方向を探る_

コーディネーター:広原盛明
(西山文庫副理事長)

場所:梅田スカイビルウエスト22階会議室
〒5310076
大阪市北区大淀中1-1-88
アクセス:JR大阪駅中央北口から徒歩10分

定員:100名(先着順)

参加費:2000円(1回券、含資料代)
5000円(3回通し券)
学生半額

お申込先:西山文庫
TEL・FAX:0774-73-5701
npo@n-bunko.org
 安藤イツ子宛
 氏名・参加日・連絡先をお知らせ下さい。
第13回 2004年9月21日(火)13:15─17:00(受付12:45)
演題:都市・市街地の歴史保全とアメニティ再生にとっての木(造)の役割
講師:刈谷勇雅氏(文化庁文化財部建造物課課長)

演題:木造建物による市街地再生の試みとその現代的可能性
講師:藤本昌也氏(建築家・現代計画研究所代表)
学生さんお知り合いの方にお知らせしていただきたくお願いします。
本フォーラムは、日本建築士会継続能力開発(CPD)プログラムの認定(各回3単位)を受けています。
第14回 2004年10月5日(火)
演題:木造の街の防災安全性は確保できるか
講師:北後明彦氏(神戸大学都市安全研究センター助教授)

演題:老朽木造建物・住宅の耐震改修工事はなぜ進まないのか
講師:塩崎賢明氏(神戸大学工学部建設学科教授)
第15回 2004年10月19日(火)
演題:古民家の再生を通して木の文化のデザイン性を考える
講師:楢村徹氏(倉敷建築工房 楢村徹設計室所長)

演題:景観法制定を契機とする都市・市街地再生の可能性と木(造)の役割
講師:西村幸夫氏(東京大学大学院都市工学科教授)

詳しくは

お問合せ:
NPO法人西山夘三記念すまい・まちづくり文庫
〒619-0224
京都府相楽郡木津町兜台6-6-4
(積水ハウス総合住宅研究所内)
TEL・FAX:0774-73-5701

<西山夘三記念すまい・まちづくり文庫>
開館日:木・金・土 9:30〜17:00
HPから検索用データベースを更新、資料数24,000。
閲覧は無料、要予約
npo@n-bunko.org まで



TAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533