インドの石造文化を訪ねる

2601号      2608号


京都発大龍堂:通巻2602号

5回連続講座・受講者募集中!!

《文化財と街並の保存に造詣深い建築家がご案内》
『インドの石造文化を訪ねる』

講師:
西尾信廣
(京都環境計画研究所所長)
<日時>
〔第1回〕2004年10月 9日(土)13:00〜14:30
・ムンバイの街とアジャンターの石窟寺院群を案内します。

〔第2回〕2004年10月23日(土)13:00〜14:30
・エローラ石窟寺院群とエレファンタ島の石窟寺院を巡ります。

〔第3回〕2004年11月13日(土)13:00〜14:30
・首都デリーとピンクシティ・ジャイプルに案内します。

〔第4回〕2004年11月27日(土)13:00〜14:30
・タージ・マハルのアーグラと石造寺院群のカジュラーホーを見て廻ります。

〔第5回〕2004年12月11日(土)13:00〜14:30
・聖地バナーラスと釈迦悟りの聖地サルナートを巡ります

定員:15名(最少開講人員: 8名)
受講料金:13,125円(全5回分・税込)
※お持ちいただく物 筆記用具。
※受講生の方によるビデオ録画および録音はご遠慮ください。
※ご受講には当サロンへのご入会が必要です。
年会費3,150円(税込)が別途必要です。
北部インドと中部インドの石窟寺院、石造建造物、宗教遺跡や街並を通して、木造建造物が中心のわが国と対極といっていいインド固有の石造文化を多角的に考察します。訪問地は、デリー、ジャイブル、アーグラ、カジュラーホ、バナーラス(ベナーレス)、ムンバイ(ボンベイ)、アジャンター、エローラなどに及びます。
《西尾信廣プロフィール》
京都工芸繊維大学建築工芸学科卒業。建築計画・建築デザイン・保存修景計画専攻。山田守建築事業所、安井建築設計事務所を経て現在に至る。作品「大阪市立自然史博物館」、「大覚寺華蔵閣」、「史跡池上曽根遺跡復元建物群」、「特別史跡平城宮東院復元西建物」ほか。豊富な海外渡航調査歴を持つ。京都環境計画研究所所長

お申し込み・お問い合わせ:
JTBカルチャーサロンまで 
〒5300001
大阪市北区梅田2-5-2 新サンケイビル5階
TEL:06-6348-1450
営業時間:AM9:30〜PM9:30(日・祝は除く)



TAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533