dddギャラリー第131回企画展《ピエール・メンデル展》

2511号      2515号


京都発大龍堂:通巻2513号

dddギャラリー第131回企画展
《ピエール・メンデル展》
日時:2004年6月30日(水)〜7月28日(水)
10:00─18:00(休館:土日祝祭日)
場所:dddギャラリー
〒530-8208 大阪市北区堂島浜32-2-28 堂島アクシスビル1F
TEL:06-6347-8780 FAX:06-6347-8795
(地下鉄西梅田駅より南へ10分・肥後橋駅より北へ7分)
入場料:無料
私の作品の背後にある哲学は何かとよく聞かれます。何もありませんと私はいつも答えます。何らかのデザインの課題に取り組んでいるときに、哲学や理念という言葉を思い浮かべたことはありません。私はただ、実践的な方法で問題を解決しようとするだけです。
この世界は絵や写真で溢れかえっています。だからこそシンプルで直接的な方法の方がよりうまくメッセージが伝わると思うので、シンプルでコミュニカティブな方法を求めているのです。「一目瞭然」とでも言えるでしょう。その意味では、私を突き動かす視覚的エコロジーへの思いのようなものもあるかもしれません。もし哲学というものがどうしてもなければならないのであれば、私にとっての哲学とは、人同士がコミュニケーションを取る方法もその人たちの文化を形成していると感じていることでしょう。私がわずかでも文化を日常的なグラフィックデザインにもたらせられるなら幸いです。[ピエール・メンデル]
<PROFILE ピエール・メンデル>
ドイツ・エッセン生まれ。スイスのバーゼル・デザインスクールで、グラフィックデザインを学ぶ。1961年にクラウス・オーベラーとドイツのミュンヘンにメンデル&オーベラースタジオを設立。2000年1月よりピエール・メンデル・デザインスタジオに改組。ドイツ・アートディレクターズクラブ金賞、ニューヨーク・アートディレクターズクラブ金賞、ポーランド・ジュシュフの演劇ポスター国際ビエンナーレ第1位など、受賞多数。その作品はノイエ・ザムルング・ミュンヘン(バイエルン州立応用芸術美術館)、ミュンヘン市立美術館、ベルリン国際デザインセンター、ワルシャワ・ポスター博物館、メキシコシティーイメージセンター、フランス・ショーモンなどに展示され、ニューヨーク近代美術館にコレクションされている。国際グラフィック連盟(AGl)会員、英国王立技芸協会・産業部門名誉デザイナー。
<ギャラリートー>
日時:6月30日(水)4:00PM〜5:30PM
場所:堂島アクシスビル9F会議室
入場料:無料
・出演:
コリーナ・レースナー(ノイエ・ザムルング・ミュンヘン:アネッテ・クレーガー(ピエール・メンデル・スタジオ)
参加ご希望の方:6月29日(火)までにdddギャラリーまでファックスまたはハガキでお申込みください。

<オープニングパーティ>
日時:6月30日(水)5:30PM〜7:00PM
会場:dddギャラリー
インターネットホームページで展覧会をご案内しています。



TAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533