まちなみ見学会《東海道五十三次・関宿とMIHO MUSEUM》

2417号      2424号


京都発大龍堂:通巻2423号

まちなみ見学会
《東海道五十三次・関宿とMIHO MUSEUM》
      
日時:2004年6月6日(日) 9:00〜18:00
集合時間:午前9時(時間厳守)
集合場所:京都駅八条口バスターミナル
参加費用:会員・学生4,500円 一般5,500円 (バス代 昼食代、美術館料含む)
定員:40名(先着順、会員優先)
お問合せ:社団法人京都府建築士会事務局 TEL:075-211-2857 FAX:075-255-6077
     ksarchi@mbox.kyoto-inet.or.jp
申込締切:2004年5月31日(月)
主催:京都府建築士会 青年部会地域実践活動担当会
三重県関町にある関宿は、東海道の往時の面影を唯一残す歴史的町並みとして、昭和59年、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されました。関町関宿重要伝統的建造物群保存地区は、東追分、西追分の間、約18キロメートル、25ヘクタールに及び、その中央には国の重要文化財にも指定されている関地蔵院があります。また保存地区は木崎・中町・新所・北裏の4つの地区に大きく分かれていて、その町並みはそれそれ特色のある表情をもっています。
MIHO MUSEUMは、IMペイ・アーキテクトと紀萌館設計室の日米共同によって1996年8月、滋賀県信楽町の自然豊かな山の中に完成した美術館です。
貴方も関宿の古い町並みと新旧対照的な現代建築を訪ねる旅に参加しませんか。
<日程>
9:00 京都駅八条口出発
11:00 関宿を観光ガイドの方の案内で見学
11:50 「国民宿舎関口ツジ」にてまちづくりの説明、昼食
13:00 関宿自由散策「旅籠玉屋」にて意見交換
15:30 MIHO MUSEUM 見学
18:00 京都駅八条口到着
 
 

[写真提供:京都府建築士会/山田氏]

TAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533