平賀源内のまなざし 源内焼

2378号      2388号


京都発大龍堂:通巻2383号


《平賀源内のまなざし》
_源内焼_


日時:
2004年4月20日(火)〜6月27日(日)
9:30〜17:00(入館16:30)
休館日:月曜日
場所:
大阪市立東洋陶磁美術館
〒5300005 大阪市北区中之島1-1-26
TEL:06-6223-0055
※地下鉄御堂筋線/京阪電車「淀屋橋」堺筋線/
京阪電車「北浜」各駅より徒歩5分)
観覧料:
一般900円(750円)
高校生・大学生600円(450円)
団体(20人以上)
※身体障害者手帳、ツルのマーク付健康手帳、
大阪市交通敬老乗車券をお持ちの方、
中学生以下は観覧料が無料になります。
「源内焼」は江戸時代中期の宝暦5年(1755)に、讃岐国志度(現在の香川県さぬき市志度)で、平賀源内(1728〜1779)の指導によって始まったとされるやきものです。本草学者・戯作者として知られる平賀源内は、起業家でもあり、殖産興業を目的とした陶器生産を提唱し、海外への輸出販売までも視野に入れていました。源内焼は、技術的には桃山時代以降、日本のやきものに影響を与え続けた中国の華南三彩(かなんさんさい)と同系列の軟質の施釉陶器(せゆうとうき)で、緑、褐、黄などの鮮やかな釉色を特徴としています。精緻な文様はすべて型を使って表され、世界地図、日本地図、欧文文字などの斬新な意匠が試みられています。一方で、中国や日本の絵画の画題なども取り入れ、様々な創意工夫をこらし、進取の気性に富むものです。西洋風の意匠は、源内が長崎遊学の際に得た知識によるものと考えられます。 源内焼については、生産窯址やその規模、陶工と平賀源内との関わり方など、まだ明らかになっていない部分が多くあります。しかし東京や高松などの消費遺跡で、わずかながらも源内焼の出土資料が確認されており、研究は現在ようやく緒についた段階であるといえます。

大阪市立東洋陶磁美術館では、あわせて中国と日本の三彩陶や緑釉陶を展示し、それらを比較検討することによって、陶磁史における源内焼の意義を考察することを目指しています。 なお本展覧会は、五島美術館、愛知県陶磁資料館、MOA美術館、大阪市立東洋陶磁美術館、福岡市美術館にて巡回展示します。

※なお、特別展開催中も常設展示「安宅コレクションの名品」(中国陶磁室、韓国陶磁室)、 日本陶磁室、李秉昌コレクション韓国陶磁室をご鑑賞いただけます。

問い合わせ先:
大阪市立東洋陶磁美術館
TEL:06-6223-0055
FAX:06-6223-0057



TAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533