町家再生の記録展_木村染工場再生町家オープンハウス_

2192号      2194号


京都発大龍堂:通巻2193号

《町家再生の記録展》
_木村染工場再生町家オープンハウス_

日時:
2004年3月4日(木)〜3月7日(日)
12:00〜20:00(初日のみ16:00〜20:00)

場所
:木村染工場再生町家
(京都市中京区御池神泉苑西北入ル)
 会場地図(Mapion)

河原・携帯:090−3712-2911 info@m-lab.gr.jp
※会場には駐車場がございませんので、お車でお越しの際は
堀川押小路の二条城駐車場(有料)をご利用下さい。
・JR嵯峨野線 二条駅 徒歩5分
・地下鉄東西線 二条駅 徒歩5分
・地下鉄東西線 二条城前駅 徒歩10分

主催:
滋賀県立大学 環境科学部
松岡拓公雄研究室(意匠設計)
有限会社 梓工務店(構造設計・施工)
有限会社 木村染工場(施主)
会場はこのたび木村染工場のオフィス・ショールーム用途として再生した大正時代建築の町家です。
建築は実践するのが一番の勉強だと考える建築家:松岡拓公雄そしてその元で修行中の学生:河原 司木造木組み・伝統構法に真っ正面から取り組む工務店:伊東裕一・守屋裕子そしてその下で働く2人の 新米大工:幸喜科子・北川敬介和装の復活をかけ、伝統を大切にし、本当に良いものを産み続けている施主:木村泰士そして町家再生の様子をつぶさに写真と映像で記録し続けた施主の子女:木村聖子。それぞれの道のエキスパートである三者が、次代を担う若者たちに与えた修行の場。 三位一体となり生み出された京町家の再生。これに若者たちがどのように取り組んだのか。再生中の記録写真・映像や、再生前の写真、設計段階での模型や図面などの展示も合わせて展示いたしますので、完成した町家と見比べながら、空間を体験していただければと思います。
◆展覧会記念座談会「環談」◆
日時:2004年3月6日(土)17:00〜18:30
松岡拓公雄(建築家・滋賀県立大学)+伊東裕一(梓工務店技術顧問)
今日、社会は専門領域に細分化され発展を続けてきました。しかし、かつては存在した「環」が途切れ掛かっています。これが環境問題の元凶ではないでしょうか。そして現在の建築の問題を解決する糸口もここにあるのかもしれません。いま、ここから。失われた「環」を少しづつ取り戻していきたいと思います。
詳しくは