設計評価申請及び建設評価における実務のポイント

2163号      2167号


京都発大龍堂:通巻2165号

《性能表示制度設計評価申請及び建設評価における実務のポイント》

日時:2004年2月17日(火) 13:30〜17:00
場所:京都建築専門学校(京都市下京区下立売通り堀川東入)
受講料:7,000円(税込み、テキスト代別)
平成11年度より 京都府下の工務店・大工・建築士を対象 に性能表示制度普及のために講習会を行ってきました。今年7月よりシックハウス対策を目的に建築基準法が改正され、それに伴い性能表示制度の室内空気環境に関する項目が改正となりました。一層の普及を図るために今年度も実際に性能表示制度を積極的に取り組む方々のために「講習会」を開催する運びとなりました。
今回は、性能評価機関の担当者による「設計評価申請及び建設評価における実務のポイント」の説明と財団法人日本住宅・木材技術センターから新築の木造軸組工法の一戸建ての住宅の設計住宅性能評価申請に携わる、工務店や設計事務所などの支援のために、さまざまな性能評価を一つのソフトで扱えるよう新しく開発された「木造住宅のための性能パートナー」ソフトの説明を行ない本ソフトの「お試し版」を配布いたします。
<講習内容>
その1:性能表示制度設計評価申請及び建設評価における実務のポイント
講師:性能評価機関の性能表示担当者他
その2:木造住宅のための性能パートナーの説明
講師:財団法人日本住宅・木材技術センター ソフト開発担当者他
詳しくは・申込用紙:内容詳細・申込用紙
問い合わせ先:
京都府中小住宅生産者性能表示制度推進協議会事務局
(有限会社アトリエハチマルサン内)
TEL:075-722-3640 FAX:075-722-3650