《狩野ゼミ展+フォーラム》_Reduce Reuse Recycle_

2141号      2149号


京都発大龍堂:通巻2146号

《狩野ゼミ展+フォーラム》
_Reduce Reuse Recycle_

展示会:
日時:2004年2月10日(火)〜15日(日)
11:00〜19:00
場所:アートスペース虹
〒605-0041
京都市東山区三条通神宮道東入
(都ホテル西隣)
TEL/FAX:075-761-9238
入場料:無料

フォーラム:
日時:2004年2月14日(土)15:00〜
対談:
岸本康(アートドキュメンター)
×
狩野忠正(建築家)

場所:良恩寺(アートスペース虹の近く、
お問合せはアートスペース虹まで)
会費:無料

主催:大阪芸術大学大学院
芸術制作研究科環境
造形表現W
建築領域
学生達が今、興味を抱くのは最小の材料(Reduce)、再利用(Reuse)再生(Recycle)のいわゆる3Rである。社会への敏感な反応がある。さらに、水、風、緑、大地、光などの自然と3Rをいかに関係づけるかにある。環境・建築分野での彼ら自身の原点回帰をめざしている。
[狩野忠正・大阪芸術大学]
<出展者>
・大旗祥-ノーマライゼーションにおける建築の可能性
・岸川嘉史-風景を感じるための「仕掛け」
・木村守正-砂と水、月と太陽、風と子供達の空間
・戸嶋直人-Area design from historical context
・中川慎也-絵本分析による幼児教育空間の提案