こんな建築家を知っていますか−関西モダニズムを築いた建築家群像−

2137号      2146号


京都発大龍堂:通巻2141号

シンポジウム
《こんな建築家を知っていますか》
−関西モダニズムを築いた建築家群像−

日時:
2004年2月14日(土)13:00〜17:00
場所:
大阪科学技術センター7階702号室
〒5500004
大阪市西区靭本町1-8-4
TEL:06-6443-5324
場所地図⇒
定員:80名(先着順)
参加費:500円
(会場にて徴収します)
主催:
日本建築学会近畿支部近代建築部会
関西に息づいたモダニズム建築の本質はどこにあるのだろうか。近年、モダニズムとともに戦前期に活躍した建築家が発掘されつつある。彼らは、建築を設計するだけではなかった。運動体を組織したり、雑誌を発刊したり、行政の営繕組織を動かしたりした。そして、もちろんさまざまな壁にぶつかり悩んだ。それは、モダニズムが様式ではなく思想であったからだ。そこで課題となたことは何だったのか。ここでは、いままであまり評価されることのなかった関西モダニズムの作家を紹介する。しかし、それは単なる作家紹介には終わらない。彼らの営為とデザインから、関西モダニズムの本質を考えることを目指したい。[近代建築部会]
<プログラム>
司会:中川理(近代建築部会主査)
●報告:
・足立裕司−滝沢真弓・石川純一郎
・石田潤一郎−小川正
・梅宮弘光−坂本鹿名夫・中野順次郎
・笠原一人−本野精吾・上野伊三郎
・川島智生−清水栄二・古塚正治
・坂本勝比古−南信・片岡安
●ディスカッション:報告者全員

■事前申込方法:FAXまたはE-mailにて
「催物名称、氏名、勤務先、所属、同住所、同電話番号」を明記して申し込み下さい
問合先・お申込先:日本建築学会近畿支部
TEL:06-6443-0538 FAX:06-6443-3144
E-mail: aij-kinki@mri.biglobe.ne.jp